« »

モントレーのスコティッシュリンクス

07.米国ゴルフ

[ザ・リンクス・アット・スパニッシュベイ ]

2010年11月15日 23:56

快晴のザ・リンクス・アット・スパニッシュベイ。

スパニッシュベイというのは、1769年にスペインの探検家ホアン・ポルトラがモントレー湾に教会と要塞を建てる場所を探しているときに上陸した場所なので名付けられたようです。

ペブルビーチ内のゴルフ場としては1987年開場と新しいコースになります。

設計はR・T・ジョーンズJr.、リンクスを得意としているトム・ワトソン、元USGA会長のフランク・サンディ・テイタムの共同設計。(三人ともゴルフの名門スタンフォード大学出身というつながり)

全英オープン5勝でリンクスを熟知しているトム・ワトソン、

USGAのチャンピオンシップ委員会のメンバーで、主にコース選定、セッティングを担当していたコース通のテイタム。

この二人のアドバイスを活かしてR・T・ジョーンズJr.が彼らが思い描くスコティッシュリンクスを具現化したのがスパニッシュベイです。

スパニッシュベイは環境保護を第一に考えていて、自然破壊を一切許さずに設計されたようです。

また芝もスコットランドからフェスキュー芝を輸入して移植されていてモントレーに本場のリンクスコースを再現されています。

環境保護が第一に考えているため、ペブルビーチGLに比べると見た目が地味なこともあり、一般受けしないのかもしれません。

 

スパニッシュベイはアウトがパー35、インがパー37のパー72のコースでこの日は自滅覚悟(笑)でブルーティー(バックティー)からのラウンド。

ブルーティーからはコースレート 74.2、スロープレート 142ということなので、

スパイグラスヒルがコースレート 75.5、スロープレート 147

ペブルビーチがコースレート 73.8、スロープレート 142

と比較するとコースレート、スロープレート上での難しさでは

スパイグラスヒル>スパニッシュベイ>ペブルビーチ

ということになります。

 

1番ホール(To the Sea) 500ヤード パー5

その名の通り海に向かって進むパー5

sb01aSN3J0779.JPG

sb01bSN3J0780.JPG

sb01cSN3J0781.JPG

 

2番ホール(Straight & Narrow) 307ヤード パー4

その名の通り、真っすぐでティーショットの落ちどころが狭くなっているパー4

sb02aSN3J0782.JPG

バックティーから200ヤード以上打つとフェアウェイが狭くなっています。

sb02bSN3J0784.JPG

コース右側から振り返った風景。

sb02cSN3J0785.JPG

sb02dSN3J0787.JPG

 

3番ホール(Pitch & Run) 407ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

sb03aSN3J0788.jpg

sb03bSN3J0789.JPG

 

4番ホール(Shepherd's Haven) 190ヤード パー3

直訳すると羊飼いの安息所?という名のパー3

sb04SN3J0790.JPG

ゴルフの起源は羊飼いが石ころを杖で転がしてウサギの巣に入れていたのが始まりという説もあります。

 

5番ホール(Blind Choice) 451ヤード パー4

盲目の選択という名の距離のある右ドッグレッグのパー4

sb05aSN3J0791.JPG

盲目の選択と名付けられた理由はコース内に3つのバンカーがあり、そのバンカーがティーグラウンドからは見えにくく、コースを左右に二分しているからのようです。

バンカーを振り返った風景。

sb05cSN3J0794.JPG

写真ではわかりにくいのですが3つのバンカーがコース中央に並んでいます。

sb05dSN3J0795.JPG

 

6番ホール(Sandy) 400ヤード パー4

砂だらけという意味の右ドッグレッグのパー4

sb06aSN3J0796.JPG

その名の通り、このホールには11個のバンカーが配置されていました。

sb06bSN3J0797.JPG

sb06cSN3J0798.JPG

グリーン奥からコースを振り返った風景

sb06dSN3J0799.JPG

 

7番ホール(Left Begone) 418ヤード パー4

左にブッシュが茂っていてフェアウェイが分断されているパー4

sb07aSN3J0800.JPG

sb07bSN3J0801.JPG

 

8番ホール(Marsh Corner) 158ヤード パー3

湿地のコーナーという名のパー3

sb08aSN3J0804.JPG

その名の通り、このホールの向こう側はモントレーペニンシュラカントリークラブになり、スパニッシュベイの9番ホールは左側にあるのでちょうどコースの角になっています。

 

9番ホール(White Dune) 394ヤード パー4

白い砂丘という名の打ち上げのパー4

sb09aSN3J0806.JPG

右サイドはOBが続きます。

sb09bSN3J0808.JPG

コースを振り返った風景。

sb09cSN3J0809.JPG

 

 

10番ホール(Half & Half) 520ヤード パー5

その名の通り、ハーフの折り返し地点。最初は右、次は左にダブルドッグレッグするパー5

sb10aSN3J0810.JPG

ここから左にドッグレッグしています。コースのセンターには3つのバンカーがフェアウェイを左右に分断しています。

sb10bSN3J0811.JPG

sb10cSN3J0812.JPG

 

11番ホール(Top Hat) 365ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

sb11aSN3J0813.JPG

sb11bSN3J0814.JPG

このホールのグリーンは傾斜が強くてホールの名前のように帽子の形のようにセンターが盛り上がっていました。

 

12番ホール(Cathedral) 432ヤード パー4

二打目が谷越えの距離のあるパー4

sb12aSN3J0815.JPG

sb12bSN3J0817.JPG

 

13番ホール(Wee Precipice) 126ヤード パー3

距離の短い谷越えのパー3

sb13SN3J0820.JPG

Weeというのは小さいという意味。ちっさい断崖という意味でしょうか。

 

14番ホール(Wind & Willow) 576ヤード パー5

海に向かって進むパー5

sb14aSN3J0821.JPG

私の愛読書「THE 500 WORLD'S GREATEST GOLF HOLES」の中で選ばれているパー5のホールになります。

ティーショットはブッシュ越えになります。

sb14bSN3J0822.JPG

コースは真っすぐ海に続いています。

sb14cSN3J0824.JPG

コース内にはバンカーが左側とフェアウェイのセンターに配置されています。

sb14dSN3J0825.JPG

sb14eSN3J0826.JPG

種類の違う海鳥が寄り添っていました。黒いほうが群れからはぐれてしまったのでしょうか。白い海鳥に甘えていて可愛かったです。 

sb14fSN3J0827.JPG

 

15番ホール(Missing Link) 390ヤード パー4

二度のブッシュ越えがあるパー4

sb15aSN3J0828.JPG

バックティーからブッシュを越えるのも私にとっては一苦労。。

sb15bSN3J0829.JPG

ブッシュを越えても再度、ブッシュ越えが待っています。

sb15cSN3J0830.JPG

コースの右側にあるバンカー。

sb15dSN3J0831.JPG

sb15eSN3J0832.JPG

 

16番ホール(Dune Hollow) 200ヤード パー3

距離のあるパー3。右は自然保護区域。

sb16SN3J0833.JPG

ティーショットは右の自然保護区域に入ったのでアンプレイヤブルで3オン2パットのダボ

 

17番ホール(Whale Watch) 413ヤード パー4

15番に続き二度のブッシュ越えがあるパー4

sb17aSN3J0834.JPG

バックティーからブッシュを越えるにはキャリーで180ヤード以上必要になります。

sb17bSN3J0836.JPG

sb17cSN3J0837.JPG

sb17dSN3J0839.JPG

sb17eSN3J0841.JPG

グリーンからコースを振り返った風景。

sb17fSN3J0843.JPG

18番ホールのティーグラウンドから17番のグリーンを見た風景。

sb17gSN3J0847.JPG 

 

18番ホール(Long Home) 574ヤード パー5

長い最終ホールという名のパー5

sb18aSN3J0844.JPG

ブッシュ越えです。

コース途中から振り返った風景。

sb18bSN3J0848.JPG

こちらもコースを振り返った風景。

sb18cSN3J0849.JPG

グリーンだけ最後は左側にあり再度ブッシュ越えになります。

sb18dSN3J0850.JPG


Comments

comments

“モントレーのスコティッシュリンクス” への3件のフィードバック

  1. こんにちは。
    どのホールも綺麗ですねぇ。
    行きたかったなぁ。
    1番のティーからすごい景色ですし、8番なんかわくわくしますね!

  2. harry より:

    やきそばパンZさん
    天気も良かったので景色、最高でした。
    後半はもっと挑戦しがいのあるレイアウトが続きます。
    ことごとく、失敗してしまいましたが。。icon:face_self-conscious_smile

  3. […]   スパイグラスヒルのプロショップに立ち寄ってみました モントレーのスコティッシュリンクス   スパニッシュベイをラウンドしました […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »