« »

淡々としたラウンド

03.日本のゴルフ場

[関西ゴルフ倶楽部 ]

2011年7月2日 21:20

4月末に兵庫県の関西ゴルフ倶楽部をラウンドしたときの記事です。

関西ゴルフ倶楽部の設計は鈴木正一氏。

鈴木正一氏が設計したコースで私がラウンドしたことがあるコースはABCゴルフ倶楽部、日野ゴルフ倶楽部キングコース、クイーンコースなどがあります。

鈴木正一氏のことを調べてみました。京都ゴルフ倶楽部や日野ゴルフ倶楽部、茨城ゴルフ倶楽部などを経営している安達グループで工事部長、設計部長としていろんなコースの設計を担当していたらしい。

鈴木氏はその仕事の中で丸毛信勝氏、井上誠一氏、佐藤儀一氏、上田治氏と出会い、それぞれの作風を継承し、現在は、安達グループの後継者に受け継げられているとのこと。

そんな鈴木氏が設計した関西ゴルフ倶楽部。フラットな広々としたコースでラウンドしやすいコースでした。

この日はホワイトティー、アウトスタート。

 

1番ホール 377ヤード パー4

フラットなパー4

ティーショットは左のラフに。

4オン2パット。

 

2番ホール 496ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5

ティーショットは左のラフに。

二打目も左のラフ、三打目はフェアウェイに。

四打目がグリーン右のラフに。アプローチをミスしてグリーンエッジに。

6オン1パットのダボ。

 

3番ホール 307ヤード パー4

距離の短いパー4

ティーショットはフェアウェイキープ。

2オン成功。2パットのパー。

 

4番ホール 153ヤード パー3

池越えのパー3

ティーショットはトップして池に一直線。

打ちなおしを乗せて3オン。2パットのダボ。

 

5番ホール 337ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

ティーショットは右のラフに。

二打目がシャンクしてしまい右のOB方向に。

暫定球をグリーン手前に。ボールを見に行くとボールはセーフ。

難しい斜面からのアプローチを乗せて3パット。しかし3パットしてしまいダボ。

 

6番ホール 368ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

ティーショットは左のバンカーに。

二打目をグリーン手前に。3オン2パットのボギー。

 

7番ホール 516ヤード パー5

打ちおろしのパー5

ティーショットはフェアウェイキープ。

二打目はやや打ち上げ。ナイスショットでフェアウェイに。

三打目をグリーン右手前のバンカーに。

4オン。3パットのダボ。

 

8番ホール 138ヤード パー3

池越えのパー3。この日はティーが後ろにあり170ヤードぐらい。

ティーショットはグリーン手前のバンカーに。

バンカーショットがナイスアウト。1パットのパー。

 

9番ホール 341ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

このホールだけ通り雨が降りました。

ティーショットはフェアウェイキープ。

二打目はグリーン手前に。3オン2パットのボギーで終了。

前半は48(18パット)

 

10番ホール 491ヤード パー5

まっすぐで左に池が続くパー5

ティーショットはナイスショットでフェアウェイキープ。

二打目もナイスショット。三打目をミスショット。四打目がグリーン手前に。アプローチを寄せて1パットのボギー。

 

11番ホール 349ヤード パー4

まっすぐなパー4

ティーショットは左のラフに。

3オン2パットのボギー。

 

12番ホール 335ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

ティーショットは左のラフに。

二打目がミスして、三打目をグリーン右横のラフに。四打目のアプローチをチップイン。

パー。

 

13番ホール 530ヤード パー5

谷越えのまっすぐなパー5

 ティーショットはミスして右のラフに。

 緩やかな打ち上げになっています。

6オン1パットのダボ。

 

14番ホール 130ヤード パー3

打ちおろしのパー3

1オン成功。2パットのパー。

 

15番ホール 349ヤード パー4

フラットなパー4

ティーショットは左のラフに。

二打目が右にシャンク気味に飛び出して右のラフに。3オン。2パットのボギー。

 

16番ホール 368ヤード パー4

右に池とバンカーが続くパー4

ティーショットは右のバンカー横のラフに。

二打目はグリーン左のラフに。3オン2パットのボギー。

この時点で後半は5オーバー。上出来です。

 

17番ホール 165ヤード パー3

池越えのパー3

ティーショットは力んでしまったのか池ポチャ。

前から三打目。アプローチがオーバーして池の方向のバンカーに。四打目のバンカーショットが脱出失敗。

仕切り直しのバンカーショットをナイスアウトでピンそばに。1パットのトリ。

 

18番ホール 326ヤード パー4

池越えで左に池が続く左ドッグレッグのパー4

ティーショットは右のバンカーに。

二打目はグリーン右手前のバンカー手前のフェアウェイに。

アプローチがグリーン奥のカラーに。4オン1パットのボギー。

後半は46(12パット)

トータルは94(30パット)

 

この日のラウンドはミスショットも結構ありましたが、そのあとのミスのフォローができたのでスコアはまずまずな結果に。

淡々としたラウンドでした。 いつもこんな感じでラウンドできたらいいのになぁ。


« »


Comments

comments

“淡々としたラウンド” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »