« »

ハワイのペブルビーチと呼ばれる米軍コース

05.ハワイゴルフ

[カネオヘクリッパー ]

2011年9月3日 23:50

オアフ島2日めは、家族四人でゴルフ。

場所はカネオヘクリッパー(Kaneohe Klipper )というガイドブックには、あまり載っていないコース。

というのもこのコースは米軍のミリタリーコースでカネオヘの海兵隊の基地内にあり、米軍関係者と一緒でなければラウンドできないのです。

基地内は軍人の家族が住んでいて1つの町のようになっているので基地に入る前にゲートでセキュリティチェックを受けてから入場。

敷地内には歴戦の戦闘機が展示されていて気分が高まります。

 

カネオヘクリッパーはハワイのペブルビーチと呼ばれています。

オアフ島のゴルフコースは離れた場所から海が見えるコースはあるのですが、実は海沿いのコースは少ないのです。

海沿いのコースはこのカネオヘクリッパーとソニーオープンが開催されているワイアラエカントリークラブと別の米軍コースのヒッカム・ママラベイゴルフコースぐらいしかありません。

そのカネオヘクリッパーのバックナイン13~15番ホールは海岸線沿いにあり景色がよいコースとして有名なのです。

 

開場は1949年。設計はウィリアム・P・ベル氏(ウィリアム親子の父親のほう)が担当してアウトコースのみで開場。その三年後にジミー・ウカウカ(Jimmy Ukauka)氏がバックナインを設計しました。

ウィリアム・P・ベル氏は1953年に亡くなっていることと、第二次世界大戦後は息子のウィリアム・F・ベル氏にも設計の仕事を手伝わせていたのでこのコースもおそらく息子も手伝っていたのだと思います。

ウィリアム・P・ベル氏は私が好きな設計家のジョージ・C・トーマス氏の弟子として各地でコース設計を担当していて有名ですが、ジミー・ウカウカ氏は初めて聞く名前です。

ウカウカ氏のことを調べてみると、ハワイ出身のプロゴルファーで1955年にオリンピッククラブで開催された全米オープンに出場して予選通過をして53位タイという成績を残しています。

1988年にはハワイゴルフ殿堂が制定されて初代の選出メンバーに選出されています。(同じ年にはフランシス・イイ・ブラウン氏やテッド・マカレナ氏も選出)

コース設計ではショートコースですが、同じカネオヘにあるベイ ビュー ゴルフパーク(1963年開場)の設計も担当したようです。

そんなカネオヘクリッパーのティーはバックティー、ミドルティー、フォワードティーとあります。

バックティーが6528ヤード、コースレート72.5、スロープ130でミドルティーが6211ヤード、70.9、128。

今日はミドルティーからラウンドすることにします。

息子は1つ前のラウンドでベストスコアを更新したのでこのラウンドもやる気満々です。

 

1番ホール 379ヤード パー4

やや左ドッグレッグのパー4

 

2番ホール 408ヤード パー4

クリーク越えの左ドッグレッグのパー4

ティーショットは左のラフに。

 

3番ホール 481ヤード パー5

真っ直ぐなパー5

 

4番ホール 153ヤード パー3

左にバンカーがあるパー3

 

5番ホール 297ヤード パー4

左ドッグレッグの距離の短いパー4

ティーグラウンドにはウッド禁止の看板がありました。

アイアンでティーショット。フェアウェイキープ。

 

6番ホール 142ヤード パー3

グリーン右手前にバンカーがあるパー3

7番ホール 552ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5

07aSN3O0944.jpg

 

8番ホール 370ヤード パー4

左のウォーターハザードがあるパー4。二打目はクリーク越えになります。

 

9番ホール 344ヤード パー4

真っ直ぐなパー4

ティーショットは左のラフに。木の根元。

 

いよいよバックナインはハワイのペブルビーチと呼ばれる海沿いの美しいホールが登場します。

フロントナインはペブルビーチ?という印象。

そう、カネオヘクリッパーはバックナインからが真骨頂なのです。 

 

10番ホール 481ヤード パー5

真っ直ぐなパー5

 

 

11番ホール 160ヤード パー3

グリーンの左右にバンカーがあるパー3。

前にいた司令官クラスの上級将校さん達がお先にどうぞと譲ってくれたのでティーショット。

ちなみにアメリカのミリタリーコースは上官になればなるほどプレイフィーが高くなるシステムらしいのです。よいシステムですね。

写真撮るの忘れたのでホールアウト後、グリーン奥からティーグラウンド方向を撮影。

 

12番ホール 299ヤード パー4

打ち上げでやや右ドッグレッグのパー4

 

13番ホール 431ヤード パー4

距離ある真っ直ぐなパー4。右には海岸線があるカネオヘクリッパーのシグネチャーホールです。

13bSN3O0963.jpg

あいにくの曇り空。晴れてたらもっと綺麗だったと思いますが実際に見る風景はもちろん写真より綺麗でした。

コースは右に傾斜しているので狙うならやや左目か。

風が強いのは右の木のしなりでわかります。

ティーグラウンドから海を見た風景。

コース途中からティーグラウンド方向を振り返った風景。

息子はこの日はドライバーが絶好調。

 

14番ホール 378ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

ティーショットは右のラフに。

距離が残りました。二打目はまずまず。

 

15番ホール 395ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

ティーショットの狙い目は正面の右に見える林越え。狙い通り。

緩やかな打ち上げです。

 

16番ホール 483ヤード パー5

緩やかに右に曲がっているパー5

ティーグラウンドから振り返って海岸線を見た風景。少し晴れてきました。

 

17番ホール 283ヤード パー4

距離の短い緩やかな打ち上げのパー4

 

18番ホール 175ヤード パー3

打ちおろしのパー3

 


« »


Comments

comments

“ハワイのペブルビーチと呼ばれる米軍コース” への1件のコメント

  1. […] 9.ミリタリーコースをラウンド(9日目) ハワイのペブルビーチと呼ばれる米軍コース オアフ島で一番景観のよいホールがあるコース 究極のグルメアイス「オノポップス」を探し […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »