« »

2017年全米オープン開催コース

07.米国ゴルフ

[Erin Hills Golf Course(エリンヒルズゴルフコース)]

アメリカ中西部ゴルフの第二ラウンドは、ウィスコンシン州のエリンヒルズゴルフコース。

2017年の全米オープンの開催コースに決定しています。

設計はマイケル・ハードザン氏とダナ・フライ氏とロン・ウィッテン氏の共作。

ハードザン氏の代表作はニュージャージー州のハミルトンファームゴルフクラブ(2010~2012年までLPGAのサイベースマッチプレー選手権の開催コース)やカナダのオンタリオ州にあるデビルズ・プルピットやデビルズ・ペイントブラシなどがある。

フライ氏はハードザン氏の助手として一緒にコース設計を行っており、トム・ファジオ氏の元で設計のイロハを学んだ人物。

ハードザン氏が経営しているコース設計会社のURLはこちら

http://hurdzangolf.com/

ウィッテン氏はゴルフコース評論家でいろんなゴルフコースに対する本も執筆している人物。

その三人が広大なエリンヒルズの土地に造ったゴルフコースは360度視界が広がる壮大なコースに仕上がっていました。

練習場ももちろん広大。

こちらはバッグドロップ。どことなく牧場にきている感じになります。

ティーはブラック(7823ヤード)、ブルー(7234ヤード)、グリーン(6756ヤード)、ホワイト(6423ヤード)、レッド(5123ヤード)とあり、ブラックはUSオープン向けで長すぎるのでブルーからティーオフすることに。

 

1番ホール 563ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5

ティーショットの狙い目は正面に見えるバンカーのやや右が安全。

コースは左にずっと曲がっています。全体的にコースは左に傾斜気味なので二打目も右が安全。

グリーンは写真の左の平坦な場所がグリーンです。

 

2番ホール 341ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

一見すると左ドッグレッグに見えますが正面のバンカーの奥側にグリーンがある右ドッグレッグのホールです。ティーショットが右に行き過ぎるとバンカーのある土手が邪魔になりブラインドショットになります。

上手くティーショットを左の土手方向に打てるとグリーンが見えます。

 

3番ホール 451ヤード パー4

距離のあるストレートな打ち下ろしのパー4

フェアウェイはやや左に傾斜しています。

 

4番ホール 398ヤード パー4

コース中央にバンカーが配置されているストレートなパー4

コース中央には2つのバンカーが配置されています。

 

5番ホール 439ヤード パー4

ストレートなパー4

 

6番ホール 208ヤード パー3

縦にグリーンが長いパー3

 

7番ホール 574ヤード パー5

やや左にドッグレッグしているパー5

 

8番ホール 439ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

 

9番ホール 150ヤード パー3

グリーン周りに多くのバンカーで囲まれているパー3

 

10番ホール 476ヤード パー4

距離のあるストレートなパー4

 

11番ホール 359ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

 

12番ホール 432ヤード パー4

やや右ドッグレッグのパー4

右ドッグレッグというよりか、グリーン手前のフェアウェイは右側だけになり、左は小山になっていて左にボールがいくとグリーンがブラインドになります。

 

13番ホール 193ヤード パー3

左の大きなバンカーが配置されているパー3

 

14番ホール 579ヤード パー5

右ドッグレッグのパー5

 

15番ホール 359ヤード パー4

フェアウェイにバンカーが配置されているパー4

グリーンは砲台グリーン。

 

16番ホール 184ヤード パー3

 

17番ホール 445ヤード パー4

ストレートなパー4

 

18番ホール 630ヤード パー5

距離の長いパー5

最後、グリーンは左側に配置されています。

18dSN3O0621.jpg

スケールの大きい距離もしっかりあるタフなコースでした。 


Comments

comments

“2017年全米オープン開催コース” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »