« »

三菱グループのために造られたゴルフコース

03.日本のゴルフ場

[湘南カントリークラブ ]

神奈川県の湘南カントリークラブをラウンドしてきました。

湘南カントリークラブは、三菱グループの若手社員向けに作られた独身寮「思斉寮」の出身者が中心となり「三菱社員が親睦と友好を深める場として、質の高いコースと品位あるメンバーシップを誇るゴルフクラブを作ろう」ということで三菱グループが出資して計画が進められたコースです。

コース設計は井上誠一氏。井上氏を説得したのは赤星平馬氏(三菱グループであった小岩井農牧社長)。

赤星氏は、井上氏の旧制成蹊中学の先輩だったので説得し易かったのでしょう。

こうして、富士山と相模湾を望む湘南の丘陵地に湘南カントリーが造られることになったのですが、用地買収が思うように進まず、1959年(昭和34年)5月にアウトコース9ホールのみで仮オープンし、18ホール(パー70)でオープンできたのは1961年(昭和36年)4月でした。

しかしその後も用地の問題は続き、井上氏の設計に沿ったパー72のコースになったのは1971年(昭和46年)までかかったようです。

グリーンは2グリーン制で平成(芝種はL-93)、昭和(芝種はペンクロス)と名付けられている。

この日はメイングリーンの平成グリーンを使用。

ティーはレギュラーティーからティーオフ。

 

1番ホール 405ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

平成グリーンは右。

 

2番ホール 492ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5

正面左に見える木は米寿の欅と呼ばれている。

平成グリーンは左。

 

3番ホール 367ヤード パー4

やや左ドッグレッグのパー4

平成グリーンは左。


 

4番ホール 138ヤード パー3

フラットなパー3

平成グリーンは右。

 

5番ホール 388ヤード パー4

緩やかな打ち上げのパー4

右に見える木は還暦の松と呼ばれていて還暦になるとこの松を越えなくなると言われています。

平成グリーンは左。

 

6番ホール 482ヤード パー5

打ち下ろしのパー5

セカンドもうちおろしが続きます。

グリーン手前には池が。平成グリーンは左。

 

7番ホール 327ヤード パー4

距離の短いやや左ドッグレッグのパー4

ちょうどティーショットの落としどころに松が二本生えています。

07bIMG_4426.jpg

ワトソンの松と呼ばれています。1984年にトム・ワトソンが来日した時に名づけられたようです。

三菱の会報誌にはトムワトソンはティーショットの落としどころに二本の松の配置に感動した。と掲載されていますが、実際のところ、コース中央に配置されているこの松はアンフェアだとワトソンは思ったような気がしますが。。

そのころ、私は13歳ですので、真偽のほどは定かではありません。

セカンドは緩やかな打ち上げ。平成グリーンは右グリーン。

 

8番ホール 196ヤード パー3

フラットで距離のあるパー3

平成グリーンは左。

 

9番ホール 379ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

セカンドは緩やかな打ち上げ。

平成グリーンは左。

 

10番ホール 384ヤード パー4

打ち下ろしで右ドッグレッグのパー4

セカンドは緩やかな打ち上げ。平成グリーンは左。

 

11番ホール 483ヤード パー5

打ち下ろしのパー5

ちょうど雲で隠れてしまっていますが、正面には富士山が見えます。

コース右には池があり、ティーが前でロングヒッターは池に入る可能性もあります。

平成グリーンは右。

 

12番ホール 390ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

平成グリーンは右。

 

13番ホール 176ヤード パー3

フラットなパー3

平成グリーンは右。

 

14番ホール 424ヤード パー4

打ち下ろしの距離のあるパー4

平成グリーンは右。

 

15番ホール 318ヤード パー4

距離の短いパー4

セカンドは急な打ち上げ。平成グリーンは右。

 

16番ホール 352ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

平成グリーンは左。

 

17番ホール 149ヤード パー3

池越えで打ち下ろしのパー3

平成グリーンは左。

 

18番ホール 506ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5

セカンド以降は打ちあげ。

平成グリーンは左。

丘陵コースでありながら林間コースの雰囲気もあるコースでした。

 


Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »