旧・毛利家の敷地内に造られた山口県最古のコース

[タカガワ新山口カンツリー倶楽部 ]

山口県のタカガワ新山口カンツリー倶楽部をラウンドしてきました。

以前は、社団法人の山口カンツリー倶楽部として運営されていましたが、公益法人改革関連法施行に伴い、社団法人を維持するより、外部資本を導入して株式会社化を進めたようです。

スポンサーは徳島県のタカガワグループ(四国で予備校・医療施設などを経営)に決定し、ゴルフ場の名前が現状の名称に変更になりました。

山口県最古のコースとして昭和27年7月11日に開場。

旧・毛利家の敷地内に造られたゴルフ場で開場時は9ホールで開場し、レイアウト設計は初代支配人の森島勉が行い、グリーン周りのデザインを井上誠一が協力をしたので倶楽部のホームページには井上氏が設計したと記載されています。

18ホールになったのは昭和52年。その当時の支配人、渡辺良憲が追加で9ホールを設計。

開場当時の9ホールは現状の1~6、16~18番ホール。

ゴルフ場に続く道の入り口には旧毛利家の屋敷の門があり、雰囲気があります。

ティーはバックティーから。

 

1番ホール 475ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5

 

2番ホール 389ヤード パー4

ほぼストレートなパー4

左はOBなので右狙い。

セカンドはやや打ちおろし。

 

3番ホール 109ヤード パー3

打ち上げのパー3

 

4番ホール 293ヤード パー4

ブラインドで打ちおろしのパー4

左は小山になっているので狙いは右狙い。

左の小山はこんな感じ。

 

5番ホール 438ヤード パー4

距離のある左ドッグレッグのパー4

セカンドは打ち上げ。

 

6番ホール 128ヤード パー3

打ち上げのパー3

 

7番ホール 407ヤード パー4

打ち上げが続くパー4

 

8番ホール 387ヤード パー4

強烈な打ち下ろしのパー4。晴れていると防府市が一望できるらしい。

晴れてた日にもう一度、来てみたいです。
 

08bSN3O0723.jpg

 

9番ホール 380ヤード パー4

ブラインドで打ち下しのパー4

グリーン右手前には池が配置されています。

 

10番ホール 352ヤード パー4

打ち上げで右ドッグレッグのパー4

セカンドもかなりの打ち上げ。

 

11番ホール 573ヤード パー5

打ち上げで右ドッグレッグのパー5

左はOBが続きます。

 

12番ホール 362ヤード パー4

打ち上げで谷越えのパー4

セカンドも打ち上げ。

 

13番ホール 311ヤード パー4

打ち下しで距離の短いパー4

グリーン手前左右には池が配置されています。

コースから右を見た風景。防府市内と瀬戸内海を一望できます。

 

14番ホール 145ヤード パー3

打ち下しで谷越えのパー3

 

15番ホール 437ヤード パー4

打ち下しのパー4

 

16番ホール 154ヤード パー3

打ち上げのパー3

 

17番ホール 445ヤード パー5

左ドッグレッグで打ち下しのパー5

 

18番ホール 296ヤード パー4

打ち上げで右ドッグレッグの距離の短いパー4

グリーンはバンカーと松越え。

距離は短いのですが、晴れていたら景観がよく気持ちのよさそうなコースでした。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください