« »

水戸黄門が日本で初めて食べたラーメンを再現した水戸藩ラーメン

02.グルメ・食べ歩き

[宝珍楼]

2016年11月9日 19:40

大洗で、アンコウ鍋を食べた後にもう一軒、立ち寄りたいお店がありました。

宝珍楼という中華料理店。

IMG_4945

茨城大学の近くなので学生さんがたくさん食べに来ていました。

IMG_4950

目的の食べ物はこちらの水戸藩ラーメン。

IMG_4946

日本で初めてラーメンを食べたのは水戸光圀公だと言われています。

中国から招いた儒学者から中国麺の製法を教わり、食べていたのだとか。麺は小麦粉とレンコンの粉を使用し、この麺を食べるときに「五辛」を添えていたという文献も残っています。

(五辛とは、にら、ラッキョウ、ネギ、にんにく、はじかみの5種類)

IMG_4947

学生に愛されているお店なのでメニューがいろいろあり、各クラブの名前を名乗ったセットメニューもありました。

IMG_4951

焼き飯の食べ歩きもしているので、焼き飯もオーダーしてみました。

IMG_4952

そしてこちらが水戸藩ラーメン。鶏と豚のWスープに和風の醤油味です。

IMG_4954

五辛もトッピングしていただきました。

IMG_4954a

麺もレンコンが練り込まれています。薬膳和風ラーメンみたいな不思議なラーメンでした。

IMG_4955

 

宝珍楼
茨城県水戸市袴塚3-9-2
029-231-9318
営業時間 11:00~15:30、17:00~23:20 木曜休み


Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »