« »

インディアンの墓地跡にゴルフコース黄金期の名匠たちが受け継いだ名コース

07.米国ゴルフ

[Shinnecock Hills Golf Club/シネコックヒルズゴルフクラブ]

2017年5月16日 10:58

アメリカ東海岸ゴルフ旅の第15ラウンドはニューヨークのシネコックヒルズゴルフクラブ

まだこのラウンドをいれて3ラウンド残っていますが、今回のゴルフ旅のメインディッシュです。

00IMG_5691

GOLF Magazine's Top 100 Courses in the World 2015の6位にランクイン。(2017年のランキングも9月に発表されましたが同じく6位でした)

来年の2018年と2026年の全米オープンの会場に決定しています。(1896年の第2回全米オープンを初めに過去4度開催されていて来年で5度目の開催)

パー70でUS OPENティーは7445ヤード。

00IMG_5697

始まりは、インディアンの墓地跡に150人のインディアンを雇い、造成して1891年に12ホールで開場。

そのためにクラブのロゴはインディアンの横顔が採用されています。

その時の設計はスコットランド出身のプロゴルファーのウィリー・デイビス。デイビスは今回の旅でラウンドしたニューポートCCの設計も担当。

1893年には女性専用のコースもオープンしました。

そして1895年に同じくスコットランド出身のプロゴルファーのウィリー・ダンがコースを18ホールに拡張。ダンはフランスのビアリッツゴルフクラブの設計を行い、あのビアリッツグリーンを考案した人物。

シネコックヒルズGCは1894年に設立された全米ゴルフ協会の前身のAmateur Golf Association of the United Statesの発足時の5つのクラブの1つでもあります。

女性専用コースは1901年にコース延長と改造のために、閉鎖されて、この時の改造をC・B・マクドナルドとセス・レイナーが担当。ダンが造った5ホールは残されました。

その後、高速道路の拡張により、一部土地を移動させて1931年にウィリアム・フリンが改造して現在のコースの形状に。

このようにゴルフコース黄金期の名匠たちがバトンを引き継ぎ、名コースができあがりました。


シネコックヒルズGCをラウンドした後の感想ですが、とにかく楽しくラウンドできました。
ティーショットのベストルートを狙い通りにクリアできるとご褒美があり、ミスしたり逃げたりすると次が厳しくなり、ナイスショットした時の喜びが強調されるレイアウトになってます。
グリーンも風や距離を間違えるとショートして戻されたりオーバーして奥に転がりアプローチが難しくなったり、とにかくよく考えて造られてます。
派手さはないですが、正統派の名コースという感じでした。

 

今まで私がラウンドしてきて感動を覚えた一番大好きなコースを挙げると1つに絞り切れずに次の4コースを挙げていました。

ラウンド順にペブルビーチGL、ノースベリックGC、ロイヤルカウンティダウンGC、ナショナルゴルフリンクス・オブ・アメリカ。

それぞれのコースはそれぞれ違う評価のベクトルで大好きなコースですが、シネコックヒルズGCもまた違ったベクトルで大好きなコースの5つ目に入りました。

11番、14番、16番ホールはThe 500 World's Greatest Golf Holesに選出されています。(14番がThe Eighteen、11番、16番がThe One Hundred)

ティーはブルーティーからティーオフ。

 

1番ホール(Westward Ho) 388ヤード パー4

打ち下ろしで右ドッグレッグのパー4

01aIMG_0186

01bIMG_0187

01cIMG_0188

01dIMG_0191

 

2番ホール(Plateau) 197ヤード パー3

距離のある打ち上げのパー3

02IMG_0192

02IMG_0193

02IMG_0194

グリーン上からクラブハウスを見た風景

02IMG_0195

 

3番ホール(Peconic) 440ヤード パー4

打ち下ろしのパー4

03aIMG_0196

03bIMG_0197

03cIMG_0198

03dIMG_0199

 

4番ホール(Pump House) 378ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

04aIMG_0200

04bIMG_0202

04cIMG_0203

 

5番ホール(Montauk) 500ヤード パー5

コース内を左手前から右奥にバンカーが横切っているパー5

05aIMG_0205

05bIMG_0208

05eIMG_0211

05hIMG_0214

 

6番ホール(Pond) 418ヤード パー4

右サイドに池があるパー4

06aIMG_0217

06bIMG_0218

06dIMG_0220

06eIMG_0221

グリーンから振り返った風景

06zIMG_0222

 

7番ホール(Redan) 178ヤード パー3

レダンホール。マクドナルドとレイナーが設計したホールがそのまま残っています。

07IMG_0223

07IMG_0225

 

8番ホール(Lowlands) 354ヤード パー4

やや右ドッグレッグのパー4

08aIMG_0228

08bIMG_0229

08eIMG_0232

08fIMG_0233

 

9番ホール(Ben Nevis) 410ヤード パー4

左ドッグレッグでセカンドが打ち上げのパー4

09aIMG_0234

09bIMG_0236

09cIMG_0237

09fIMG_0240

グリーンから振り返った風景

09zIMG_0242

 

10番ホール(Eastward Ho) 406ヤード パー4

窪地越えのパー4

10aIMG_0243

10bIMG_0244

グリーン手前にも窪地が。

10cIMG_0245

左から右に傾斜しています。

10eIMG_0247

10fIMG_0248

グリーンから振り返った風景

10zIMG_0250

 

11番ホール(Hill Head) 150ヤード パー3

打ち上げのパー3

11IMG_0253

グリーンが砲台グリーンでかなり難しいです。

11IMG_0254

 

12番ホール(Tuckahoe) 427ヤード パー4

打ち下ろしのパー4

12aIMG_0256

12bIMG_0258

セカンドショットが公道越え。隣のNGLAでもありましたね。

12eIMG_0261

 

13番ホール(Road Side) 360ヤード パー4

打ち下ろしでティーショットが公道越えで右ドッグレッグのパー4

13aIMG_0262

13bIMG_0266

 

14番ホール(Thom's Elbow) 445ヤード パー4

打ち下ろしの距離のあるパー4

14aIMG_0267

14bIMG_0268

14cIMG_0269

グリーンから振り返った風景

14dIMG_0270

 

15番ホール(Sebonac) 400ヤード パー4

打ち下ろしで右ドッグレッグのパー4

15aIMG_0271

左に行きすぎるとセカンドがグリーン手前のバンカー越えに。

15bIMG_0272

ティーインググラウンドから見える右のバンカー越えに成功するとセカンドが楽になります。

15dIMG_0274

15fIMG_0276

15gIMG_0277

 

16番ホール(Shinnecock) 512ヤード パー5

S字にドッグレッグしているパー5

16aIMG_0279

16bIMG_0281

16dIMG_0283

16fIMG_0285

 

17番ホール(Eden) 167ヤード パー3

バンカー越えのパー3

17aIMG_0289

17cIMG_0291

 

18番ホール(Home) 400ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

18aIMG_0292

18bIMG_0293

18cIMG_0294

18dIMG_0295

18eIMG_0296

18fIMG_0297

18gIMG_0298

グリーン横から振り返った風景

18zIMG_0299

 


« »


Comments

comments

“インディアンの墓地跡にゴルフコース黄金期の名匠たちが受け継いだ名コース” への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »