井上誠一設計コース巡礼の旅

井上氏とアリソン氏との出会い
井上誠一氏は、明治41年8月11日に東京の赤坂の眼科医に生まれ、昭和56年11月26日に入院していた熱海温泉病院で73歳の生涯を終えました。 井上氏は元々、医師を目指していたが、旧制高校時代に日本脳炎にやられ学業を中断し、川奈に療養に行ったことが運命を変えました。 川奈ゴルフコースに富士コースを作るためにイギリスからやってきたチャールズ・H・アリソン氏の仕事を見る機会があり、それを見てコース設計家を志したようです。 そのため、アリソン氏の設計思想に大きく影響されています。 とくに、アリソン氏設計の東京ゴルフ倶楽部朝霞コース(陸軍に士官学校用地として買い上げられて昭和15年にわずか8年で姿を消した)のコース設計図をいつも褒めたたえていて、朝霞コースを理想のコースとして考えていたらしい。 ゴルフ場造りの最初の仕事は霞ヶ関カンツリー倶楽部の旧・西コースの藤田欽哉氏の助手として担当したのが最初の仕事でした。

日本のゴルフコース設計家の第一人者に
アリソン氏の設計思想をベースに、フェアウェイの高さやバンカーの位置などを10センチ単位で指示していたほど妥協を許さない厳しい設計姿勢を貫き続けて、多くのゴルフコースの設計を手がけました。その結果、井上氏設計のコースは、自然を生かした曲線美の中に戦略的なコースレイアウトが実現されていると評価を受けて日本のゴルフコース設計家の第一人者として知られるようになりました。

井上氏の提言していた草書型のゴルフコース
井上氏は、日本のゴルフ場は型にはまりすぎていて、コースが画一化し、面白みがない。もっと自由な発想でゴルフ場を考えるべきという考えを持っていたようです。講演の中で、井上氏は「日本のゴルフ場は楷書型が多く、欧米には草書型や行書型が多い」と語っていたようです。この楷書型というのは、コースが整いすぎていることを指しているようです。スコットランドのリンクスコースのように自然を生かしたコースを草書型、行書型と例えていました。井上氏設計コースで草書型の代表作が大洗ゴルフ倶楽部だと思います。一方、楷書型と言われるコースも多くありますが、その中でも随所に草書的な要素が垣間見られます。

コース巡礼の旅
大学時代にゴルフをかじって数ラウンド経験。卒業後はゴルフから遠ざかり、12年ぶりに、ふとしたきっかけで友人からコンペのお誘いがあり、付き合いでコンペに参加。 そのコンペのコースが西宮カントリー倶楽部でした。ほとんど練習もせずに12年ぶりに挑んだゴルフ。もちろん大叩きしましたがコース内に流れる仁川を巧みに活用した面白いレイアウトに魅了されて、ゴルフを本格的に始めようと思うきっかけになりました。 そのゴルフ場を誰が設計していたのか、調べて井上誠一氏の名前を知りました。

どうせなら、井上氏設計のコースを全部ラウンドしてみたい。全コース制覇を目指して当ブログを2008年に開設。2013年に国内のコースを制覇しました。

 

ゴルフ場 所在地 開場日
Kasumigaseki Country Club West Course
霞ヶ関カンツリー倶楽部・西コース

埼玉県
 
昭和4年10月6日
昭和7年6月12日(西コース)
旧・西コースは藤田鉄哉氏の助手、昭和29年の18H復旧は井上氏設計
ゴルフ場の写真はこちら「日本初の36ホール持つゴルフ場
Kurihama Golf Club
久里浜ゴルフ倶楽部

神奈川県
 
昭和10年12月13日
戦争拡大とともに閉鎖
Nasu Golf Club
那須ゴルフ倶楽部

栃木県
 
昭和11年7月5日
この前後から独自のデザイン始まる
ゴルフ場の写真はこちら「一人立ちした井上誠一の処女作
Oomika Golf Club
大みかゴルフクラブ(旧 日立ゴルフ倶楽部)

茨城県
 
昭和11年10月11日
昭和18年に閉鎖、現在8Hショートコースとして存続
ゴルフ場の写真はこちら「かつて日立ゴルフ倶楽部と呼ばれていたコース
Awase Meadows Golf Club
アワセメドウズゴルフクラブ

沖縄県
 
昭和23年
米国進駐軍の計画、戦後初の設計。日本への返還に伴い2010年2月閉鎖。
Kawasaki Kokusai Ikutaryokuchi Golf Jyou
川崎国際生田緑地ゴルフ場(旧 川崎国際カントリー倶楽部)

神奈川県
 
昭和27年5月18日
平成4年に川崎市に返還されてパブリックコースに
ゴルフ場の写真はこちら「地形を生かした歴史あるパブリックコース
Takagawa Shin Yamaguchi Country Club
タカガワ新山口カンツリー倶楽部(旧 山口カンツリー倶楽部)

山口県
 
昭和27年7月11日
山口県初のゴルフ場。9ホールのみグリーン周辺のデザインを担当。
ゴルフ場の写真はこちら「旧・毛利家の敷地内に造られた山口県最古のコース
Kumamoto Aso Country Club Yunotani Course
くまもと阿蘇カントリークラブ湯の谷コース(旧 熊本ゴルフ倶楽部湯の谷コース)

熊本県
 
昭和27年9月23日
コース設計は保田与天氏が担当。井上氏はアドバイザーとして協力。
ゴルフ場の写真はこちら「井上誠一監修の熊本最古のゴルフ場
Shinonome Golf Club
東雲ゴルフ倶楽部

東京都
 
昭和27年11月1日
昭和56年12月30日に閉鎖
現在のゴルフ場の跡地の写真はこちら「かつて東京都の埋立地にあった井上誠一設計のコース
Ooarai Golf Club
大洗ゴルフ倶楽部

茨城県
 
昭和28年10月25日
シーサイドリンクス、高麗、ベント分割グリーン採用
ゴルフ場の写真はこちら「空中のハザードの黒松と海からの風が立ちふさがるコース
Takanodai Country Club
鷹之台カンツリー倶楽部

千葉県
 
昭和29年5月23日
昭和29年2月10日仮開場、和泉一介氏が細部設計、施工監理
ゴルフ場の写真はこちら「名匠が途中降板、没後に原案が復元された名コース
Aichi Country Club
愛知カンツリー倶楽部

愛知県
 
昭和29年10月10日
中部地区初の設計コース
ゴルフ場の写真はこちら「尾張徳川のお狩場に造られた名コース
Nikko Country Club
日光カンツリー倶楽部

栃木県
 
昭和30年4月3日
河川敷だった場所に造られたコース
ゴルフ場の写真はこちら「川底だった地に造られた錯覚に戸惑う名コース
Nishinomiya Country Club
西宮カントリー倶楽部

兵庫県
 
昭和30年11月27日
昭和30年11月27日仮開場、関西地区初の設計コース
ゴルフ場の写真はこちら「仁川の地形を巧みに生かしたゴルフコース
Sapporo Golf Club Wattsu Course
札幌ゴルフ倶楽部輪厚コース

北海道
 
昭和33年8月12日
北海道初の設計コース、初のベントフェアウェイ
ゴルフ場の写真はこちら「輪厚の高台に造られたチャンピオンコース
Ryugasaki Country Club
龍ヶ崎カントリー倶楽部

茨城県
 
昭和33年11月3日
昭和33年8月7日イン9H仮開場
ゴルフ場の写真はこちら「龍ヶ崎のアーメンコーナー
Musashi Country Club Toyooka Course
武蔵カントリークラブ豊岡コース

埼玉県
 
昭和34年7月12日
安田幸吉氏施工監理
ゴルフ場の写真はこちら「砲台グリーンとバンカーに守られた名門コース
Hirakata Country Club
枚方カントリー倶楽部

大阪府
 
昭和34年9月23日
ゴルフ場の写真はこちら「ダイナミックで各ホールが独自の個性を持っているコース
Musashi Country Club Sasai Course
武蔵カントリークラブ笹井コース

茨城県
 
昭和34年11月20日
和泉一介氏施工監理
ゴルフ場の写真はこちら「技の豊岡、力の笹井
Kuwana Country Club
桑名カントリー倶楽部

三重県
 
昭和35年4月16日
ゴルフ場の写真はこちら「井上誠一設計コースの中でコースレートNo.1のコース
Ohtone Country Club
大利根カントリー倶楽部

茨城県
 
昭和35年10月9日
初の36ホールゴルフ場。東コース、西コース
ゴルフ場の写真はこちら「ジャック・ニクラスが称賛したコース」(東コース)
ゴルフ場の写真はこちら「フラットで木々に囲まれた典型的な日本の名門コース」(西コース)
Shonan Country Club
湘南カントリークラブ

神奈川県
 
昭和36年4月14日
昭和34年5月にアウト9ホールで仮開場
ゴルフ場の写真はこちら「三菱グループのために造られたゴルフコース
Ibaraki Country Club West Course
茨木カンツリー倶楽部西コース

大阪府
 
昭和36年9月15日(西)
東コースはダビット・フード氏設計で大正14年5月10日開場
ゴルフ場の写真はこちら「大阪最古のゴルフ場に造られた新コース」(改造前)
ゴルフ場の写真はこちら「リース・ジョーンズが日本で初めて改造したコース」(改造後)
Yomiuri Golf Club
よみうりゴルフ倶楽部

東京都
 
昭和36年11月1日
昭和39年4月9日閉鎖、浅見緑三氏設計でイン9H新設
ゴルフ場の写真はこちら「パブリックから法人会員向けになったコース
Totsuka Country Club West Course
戸塚カントリー倶楽部西コース

神奈川県
 
昭和37年10月17日
東コースは間野貞吉氏の設計で昭和36年12月20日開場
ゴルフ場の写真はこちら「限られた土地に重機を活用して造られたコース」(積雪時)
ゴルフ場の写真はこちら「限られた土地に重機を活用して造られたコース(2)」(晴天時)
KC Filipinas Golf Resort Club
KC フィリピナスゴルフリゾートクラブ(旧 フィリピナスゴルフ&カントリークラブ)

フィリピン
 
昭和37年
海外初の井上誠一設計コース
Akakura Golf Course
赤倉ゴルフコース

新潟県
 
昭和38年7月8日
昭和53年土砂崩れで12ホールが崩壊、昭和59年に18ホール復旧
ゴルフ場の写真はこちら「新潟の妙高高原に造られたリゾートコース
Tokyo Yomiuri Country Club
東京よみうりカントリークラブ

東京都
 
昭和39年4月19日
開場後アウト、インを入れ替えて最終ホールがパー3に
ゴルフ場の写真はこちら「名物最終18ホールのパー3
Kasugai Country Club
春日井カントリークラブ

愛知県
 
昭和39年10月23日
東コース、西コースの36ホール
ゴルフ場の写真はこちら「愛されるコースとして造成された桜満開のコース」(西コース)
ゴルフ場の写真はこちら「もう1つの愛されるコース」(東コース)
Amagikogen Golf Course
天城高原ゴルフコース

静岡県
 
昭和40年8月22日
海外名門コース視察後、初の設計コース
ゴルフ場の写真はこちら「天空のリゾートゴルフコース
Muroran Golf Club Hakucho Course
室蘭ゴルフ倶楽部白鳥コース

北海道
 
昭和40年9月3日
イタンキコースから移転、萩原英一氏施工監理
ゴルフ場の写真はこちら「室蘭の起伏に富んだゴルフコース
Ise Country Club
伊勢カントリークラブ

三重県
 
昭和40年10月10日
ゴルフ場の写真はこちら「伊勢の聖地に近い神々しいコース
Subang National Golf Club
スバン・ナショナル・ゴルフクラブ

マレーシア
 
昭和43年
スバン国際空港の近くにある井上氏設計の海外2つめのゴルフ場
Ibusuki Golf Club Kaimon Course
指宿ゴルフクラブ開聞コース

鹿児島県
 
昭和43年8月23日
ゴルフ場の写真はこちら「開聞岳の裾野に広がり、海を望むことができるコース
Seta Golf Course East Course
瀬田ゴルフコース東コース

滋賀県
 
昭和44年10月3日
ゴルフ場の写真はこちら「琵琶湖や比叡山が望まれる丘陵地に造られたコース
Saga Country Club
佐賀カントリー倶楽部

佐賀県
 
昭和46年5月11日
12番ホールは用地買収に失敗して井上氏は納得していない
ゴルフ場の写真はこちら「筑後川西岸の丘陵地に造られた名コース
Tsurumai Country Club
鶴舞カントリークラブ

千葉県
 
昭和46年11月21日
東コース、西コースの36ホール
ゴルフ場の写真はこちら「成田空港建設に伴い、代替コースとして造られたコース」(西コース)
ゴルフ場の写真はこちら「起伏があり、水にも恵まれ美樹美林に囲まれているコース」(東コース)
Sapporo Golf Club Yuni Course
札幌ゴルフ倶楽部由仁コース

北海道
 
昭和49年8月12日
札幌ゴルフ倶楽部第二コース、2グリーン採用
ゴルフ場の写真はこちら「夕張の由仁町の高台に造られたコース
Karasuyamajyo Country Club
烏山城カントリークラブ

栃木県
 
昭和49年10月10日
18ホールを1単位と考えている井上氏設計コースの中では唯一の27ホールのゴルフ場
ゴルフ場の写真はこちら「井上誠一が設計した唯一の27ホールのコース
Nanzan Country Club
南山カントリークラブ

愛知県
 
昭和50年11月1日
井上氏の晩年の最高傑作と呼ばれている
ゴルフ場の写真はこちら「井上誠一の晩年の最高傑作
Toba Country Club
鳥羽カントリークラブ

三重県
 
昭和50年11月1日
途中まで井上氏が設計を担当
ゴルフ場の写真はこちら「的矢湾を見下ろす高台にある消えゆく名コース
Katsuragi Golf Club
葛城ゴルフ倶楽部

静岡県
 
昭和51年9月11日
山名コース、宇刈コースの36ホール
ゴルフ場の写真はこちら「葛が生い茂り、古墳時代には砦があった場所に造られたコース」(山名コース)
ゴルフ場の写真はこちら「井上誠一氏設計コースを全制覇」(宇刈コース)
Seta Golf Course North Course
瀬田ゴルフコース北コース

滋賀県
 
昭和53年10月10日
ゴルフ場の写真はこちら「かつてミズノクラシックが開催されていた滋賀のコース
Ohhara Onjyuku Golf Course
大原御宿ゴルフコース

千葉県
 
昭和57年10月29日
建設中に井上氏は死去
ゴルフ場の写真はこちら「月の沙漠をはるばると
Hamano Golf Club
浜野ゴルフクラブ

千葉県
 
昭和59年12月22日
基本設計を行った後、井上氏は死去。小林光昭氏が引き継ぎ、オープン
ゴルフ場の写真はこちら「井上イズムと水の魔術師の合作
Starts Kasama Golf Club
スターツ笠間ゴルフ倶楽部(旧 笠間東洋ゴルフ倶楽部)

茨城県
 
昭和60年10月12日
井上氏の死後に着工・オープン
ゴルフ場の写真はこちら「井上誠一、最後の作品