熱海の宝石と謳われる赤星四郎設計の9ホール

[熱海ゴルフ倶楽部]

静岡県の熱海ゴルフ倶楽部をラウンドしてきました。

開場は1939年。設計は赤星四郎。静岡県では川奈ホテルゴルフコースの次に古く、東海地方でも四番目に古いゴルフコースです。

9ホールで開場し、同年に12ホールに拡張。戦時下に造られた最後のコースで開場2年後に太平洋戦争が勃発し、軍に接収。

終戦した時には3ホールは芋畑と化していたようです。1946年に米軍が9ホールのゴルフコースとして復活させて、現在に至ります。

18ホールラウンドするときはフロント9はレギュラーティー、バック9をバックティーとティーの位置を変えてラウンドします。

Aグリーン、Bグリーンの2グリーン制でこの日はAグリーンを使用。

アップダウンのある敷地内に相模湾を見下ろす絶景の景色は古くから熱海の宝石と謳われてきた趣のあるゴルフコースでした。

(ヤード表示はバック9のバックティーのヤード表示で紹介します。)

 

1番ホール 128ヤード パー3

相模湾に向かって打ち下すパー3。Aグリーンは右。

01DSC04578

 

2番ホール 208ヤード パー3

距離のある打ち上げのパー3。Aグリーンは左。左はOB。

02DSC04579

 

3番ホール 165ヤード パー3

打ち下しのパー3。Aグリーンは奥。

03DSC04580

 

4番ホール 290ヤード パー4

池越えで距離の短いパー4

04aDSC04581

右側に美術館があるので200ヤード以内のクラブを選択するようにと看板に書かれていました。

セカンドは打ち上げ。Aグリーンは右。

04bDSC04555

グリーンからコースを振り返った風景。

04DSC04557

 

5番ホール 90ヤード パー3

距離の短いパー3。Aグリーンは左。左はOBです。

05DSC04558

グリーン手前からの風景。

05eDSC04559

 

6番ホール 221ヤード パー4

距離の短いパー4

06aDSC04584

使用されていたティーグラウンドの左側に今は使用されていないティーグランドがありました。

そちらから見たアングルがこの写真になります。

使用されていたティーグラウンドはストレートなパー4になりますが、こちらのティーはフェアウェイが斜めに伸びているのでこちらのティーでラウンドしたほうが面白そうでした。

06aDSC04561

セカンドは打ち上げ。Aグリーンは左。

06bDSC04585

 

7番ホール 488ヤード パー5

豪快な打ち下ろしで右ドッグレッグのパー5。左はOBが続きます。

07aDSC04586

ティーグラウンドから右方向の海を見た風景。晴れていたら絶景だと思います。

07sDSC04566

セカンドは打ち上げ。

07bDSC04587

グリーン手前は窪地に。

07cDSC04569

Aグリーンは左。

07dDSC04590

 

8番ホール 475ヤード パー5

打ち上げのパー5

08aDSC04592

セカンドも打ち上げが続きます。

08bDSC04573

Aグリーンは左。

08cDSC04574

 

9番ホール 168ヤード パー3

打ち上げのパー3

09DSC04595

Aグリーンは奥のグリーン。

09zDSC04576

重機を使わず造成したアップダウンのある面白いコースでした。次回は晴れた日に再訪して景色も楽しんでみたいと思います。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください