台湾の桃園市にあるロナルド・フリーム設計のコース

[ザ・オリエントゴルフ&カントリークラブ/東方高爾夫俱樂部]

台湾の桃園市にあるザ・オリエントゴルフ&カントリークラブ/東方高爾夫俱樂部/The Orient Golf & Country Club。

台湾の中でもトップクラスの高級会員コースとして有名で、イギリスのランキング機関のTOP 100 Golf Courseでは台湾で4位にランクインしています。

オリエントG&CCは、アメリカ、台湾、中国で鉱業、不動産、電子機器などの事業を展開しているPen Holdings Inc.の会長の潘方仁が造りました。現在、ゴルフ事業はオリエントゴルフグループとして中国本土や台湾、アモイ、マカオなどに15コース所有(北京天興、北京明珠、上海、アモイ、寧波、珠海、温州、台北、大連、揚州、瀋陽、ハルビン、青島、煙台、武漢)しています。台北のコースはこのグループの最初に造られたコースになります。

開場は1994年。設計はロナルド・フリーム。

ティーはホワイトティーからティーオフ。

1番ホール 525ヤード パー5

2番ホール 165ヤード パー3

谷越えのパー3

3番ホール 391ヤード パー4

左サイドに池があるパー4

4番ホール 365ヤード パー4

5番ホール 536ヤード パー5

6番ホール 417ヤード パー4

距離のあるパー4。セカンドは右サイドに池が。

7番ホール 175ヤード パー3

8番ホール 348ヤード パー4

距離の短い直角に右にドッグレッグしているパー4。ワンオンも狙えるホール。

9番ホール 417ヤード パー4

距離のあるパー4。グリーン左手前には池があります。現在、改装中でラウンド時は水を抜いていたので地面が見えてます。

10番ホール 515ヤード パー5

打ち下ろしで右ドッグレッグのパー5

11番ホール 430ヤード パー4

距離のあるパー4

12番ホール 386ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

コース内にはいたるところに孔雀がいました。

13番ホール 158ヤード パー3

日本の茶店ではおにぎりですが、台湾では肉まん

14番ホール 443ヤード パー4

距離のあるクリーク越えのパー4

15番ホール 342ヤード パ

16番ホール 202ヤード パー3

距離のあるパー3

17番ホール 460ヤード パー4

距離のあるパー4。ホワイトティーでこの距離。ブルーは478ヤード。レッドティーも403ヤードあります。

18番ホール 533ヤード パー5

打ち下ろしのパー4


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください