スコットランド指向の戦略型コースを目指したコース

[富里ゴルフ倶楽部 ]

千葉県の富里ゴルフ倶楽部をラウンドしてきました。

開場は1989年。

私の大好きなゴルフコースのカレドニアンゴルフクラブと同じ系列のゴルフ場で設計者もカレドニアンと同じJ・マイケル・ポーレット氏が担当しています。

 

スコットランド・リンクス指向の戦略型コースを基本理念に設計されています。

バックティー(ブルーティー)からティーオフ。

 

1番ホール 368ヤード パー4

まっすぐなパー4

 

2番ホール 376ヤード パー4

まっすぐなパー4

 

3番ホール 366ヤード パー4

二打目以降が打ち上げのパー4

 

4番ホール 163ヤード パー3

池越えのパー3

 

5番ホール 500ヤード パー5

左側がずっとOBのパー5

 

6番ホール 365ヤード パー4

左のラフが気になるパー4

 

7番ホール 158ヤード パー3

池越えの打ちおろしのパー3

手前のバンカーは深いです。

 

8番ホール 558ヤード パー5

ティーショットは左がOB。右がウォーターハザードのパー5

 

9番ホール 415ヤード パー4

距離のある池越えのパー4

 

 

10番ホール 375ヤード パー4

右に池があるパー4

 

11番ホール 340ヤード パー4

右がOBで左が窪地になっているパー4

 

12番ホール 192ヤード パー3

やや打ちおろしのパー3

 

13番ホール 493ヤード パー5

谷越えで左ドッグレッグのパー5

 

14番ホール 417ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4。左はOBです。

 

15番ホール 343ヤード パー4

打ちおろしでフェアウェイのアンジュレーションがきついパー4

 

16番ホール 181ヤード パー3

池越えの距離のあるパー3

 

17番ホール 394ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

バックティーからでもフェアウェイを突き抜けてしまうのでティーショットにはドライバーが持てません。

 

18番ホール 519ヤード パー5

ティーショットが谷越えのパー5

三打目地点は左右に池があり、プレッシャーのあるレイアウトになっています。

 


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください