かつて成田スプリングスカントリー倶楽部と呼ばれていたコース

[成田東カントリークラブ ]

千葉県の成田東カントリークラブをラウンドしてきました。

昔は、成田スプリングスカントリー倶楽部と言われていたゴルフ場です。

開場は1982年。設計は吉崎満雄が設計。

吉崎氏が設計したコースでは佐原カントリークラブをラウンドしたことがあります。

佐原カントリーも佐原スプリングスと以前は言われていて温泉(スプリングス)がお風呂場にありました。今回の成田東も温泉付き。

成田東は、距離もあり、ハザードも効いていて難しかったのですが、チャレンジしがいのある面白いコースでした。もう一度チャレンジしたくなるコースです。

そんなこともあり、設計者の吉崎氏がどんな人物だったのかを調べてみました。

三重大学農学部卒業で、芝の研究家でベントワングリーンの先駆者だったようです。緑営開発(株)、東京湾観光(株)などのゴルフ場事業会社を立ち上げ、その技術力でゴルフ場を開発、経営しどんどん拡大させていったのですが、景気悪化による売り上げ減少、バブル時の投資失敗による債務超過、預託金返還請求の頻発により、会社は民事再生を行い、吉崎氏本人は自己破産に陥ってしまったようです。

コース設計家、芝の研究の第一人者としては素晴らしい方だったのは間違いないですが、経営者としては事業失敗により、債権者からみると悪人になってしまった評価の分かれてしまう人物のようです。

この民事再生が2003年のことですから今から6年前。私がゴルフに興味を持つようになったのが2年前ですからこういうドロドロした国内の整理が一段落ついた穏やかな時代しか知らない私にとっては興味深い話でもあります。

とくに私が気に行ったホールは

3番ホール、7番ホール、15番ホール、18番ホールが面白く攻略しがいがありました。

ホワイトティーから。 

 

1番ホール 326ヤード パー4

谷越えのパー4

 

 

2番ホール 387ヤード パー4

右ドッグレッグで二打目が打ちおろしになるパー4

 

 

3番ホール 471ヤード パー5

フェアウェイが中央で分離しているパー5。左のフェアウェイだと右ドッグレッグ。右のフェアウェイからだとストレートなレイアウト。右からだと二打目が打ち上げになるので左から攻めるほうがいいかも。

 

4番ホール 110ヤード パー3

池越えのパー3

 

5番ホール 337ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4。右には池があります。

 

 

6番ホール 369ヤード パー4

池越えの左ドッグレッグのパー4。二打目は打ち上げです。

 

7番ホール 472ヤード パー5

右ドッグレッグのパー5

右には池が続きます。

グリーン手前には大きなバンカーが待ち構えていて砲台グリーン。

 

8番ホール 399ヤード パー4

距離のある谷越えのパー4。成田東のパー4はどれも距離がありタフなホールが多いです。

写真ではわかりませんが前方右の少しくぼんでいる当たりは土手になっています。その横には池が。

 

9番ホール 136ヤード パー3

この日はティー位置が後ろでピンまで160ヤードぐらいありました。

 

 

10番ホール 363ヤード パー4

左ドッグレッグで二打目が打ち上げになっているパー4

 

 

11番ホール 365ヤード パー4

打ちおろしでやや右にドッグレッグしているパー4。右は隣のホールでセーフ。

 

12番ホール 132ヤード パー3

池越えのパー3

 

13番ホール 480ヤード パー5

左ドッグレッグで二打目以降打ち上げのパー5。狙い目は左カート道。

 

14番ホール 135ヤード パー3

打ちおろしのパー3。この日はピンまで150ヤードぐらいでした。

 

15番ホール 349ヤード パー4

二打目が窪地越えかレイアップするか2つの攻め方ができるパー4。この日のティー位置はかなり後ろで400ヤード近くありました。(ブルーティーとほぼ同じ位置)

グリーン手前が大きな窪地でガードされていました。

ティーショットの狙い目は右のフェアウェイ。

グリーンを狙うには手前の窪地を越える必要があります。

 

16番ホール 334ヤード パー4

やや左ドッグレッグのパー4

狙いはフェアウェイ左側。

 

17番ホール 385ヤード パー4

打ちおろしで二打目がやや打ち上げになっているパー4

 

18番ホール 549ヤード パー5

ティーショットと二打目も池越えのパー5。三打目は打ち上げになっています。

二打目地点からの風景。前方の木の先には池があります。

前方の池はこんな感じ。池を越えても打ち上げでかなり距離があります。

 


Comments

comments

5 Comments

  1. 来月の対戦に向けて、徐々に仕上がっている感じですね???
    私は25~26日に大熱海国際で調整してくる予定です・・・。

  2. やきそばパンZさん
    結構、タフなコースでした。上級者の方でも楽しめるコースだと思います。
    メンテナンスもよく気持ちのよいゴルフができましたicon:face_smile
    ————————–
    シングルパパさん
    何とか次回は勝ちたいところですが。。
    いつものように波が激しいので運頼みな状況は変わらないと思います。。icon:face_embarrassed
    調整は、ほどほどにお願いしますicon:face_self-conscious_smile

  3. 書くの忘れてましたが、
    ドライバー開眼は大きいですね!!
    これだけのコースでドライバーを上手く打てれば他のコースならもっと楽でしょう。(^^)

  4. やきそばパンZさん
    開眼ではなくて、あくまでも開眼夜明け前ですicon:face_embarrassed
    たぶん次回のラウンドでは、元に戻ってる気が。。icon:face_self-conscious_smile

1 Trackback / Pingback

  1. [佐原カントリークラブ] 対角線上にホールが交差しているパー5が名物のコース | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください