与論島の海沿いにあるパー3コース

[NABINBUパーク・旧ヨロンシーサイドゴルフ場]
03.日本のゴルフ場

鹿児島県の与論島にヨロンシーサイドゴルフ場というコースがかつてあったようです。

ネットで検索すると以前のコースの写真が少し残っているのみで現在はどうなっているのか不明でした。今回、与論島に向かう前にヨロン島観光協会に電話して聞くと、現在は一般に公開していないという情報のみ。

「与論町立長2980-1」という住所の情報を元に訪れてみました。

そこには狭い敷地に交差するようにレイアウトされた9ホールのパー3コースがありました。

コース名は「NABINBUパーク」という名前に変っていました。

離島や僻地のゴルフ場によくあるプレイフィーを入れるオネスティーボックスも設置されています。

ノートに名前を記入して料金をオネスティーボックスに入れてラウンド開始。

ラウンドを終えるころに島のゴルファーの方がアプローチの練習に来られていたので少しお話を伺いました。昔は今の面積の3倍ぐらいの広さで9ホールあり、2番ホールは海越えのホールもあったとのことです。かなり前に敷地を削減して現在の形で運営しているのだとか「NABINBU」というのは地名だそうです。

国土地理院の地図を見てみると2008年の写真がありました。当時のレイアウトはこのようなレイアウトだったと思われます。現在は写真中央に建物がありますが、その左側部分のみが使用されていました。

(提供 国土地理院)

1番ホール 145ヤード パー3

海に向かって打つパー3。目の前に見えているグリーンは2番グリーン。

1番のグリーンはこちら。おそらく以前、ヨロンシーサイドゴルフ場の時からあったオリジナルグリーンではないかなと思っています。左は3番グリーン、右は5番グリーンでした。

グリーン手前にはバンカーが配置されていて砲台グリーンになっています。

グリーンは沢山ひしめき合っていますが、ティーマークには各ホールの数字が書いてあるのでとりあえずそちらの方向に向かって打っておけばOK。こちらは2番ホールのティーマーク。一番ホールのティーイングエリアはグリーン上のフラッグに各ホールの数字が書いてあったので1番グリーンから逆に歩いて見つけました。2番以降はすぐ前のグリーンのそばにあるので迷うことはないと思います。

2番ホール 156ヤード パー3

先ほど通過したグリーンに向かって。

2番グリーンは左右と後ろにバンカーが配置されていました。

3番ホール 122ヤード パー3

3番グリーンは1番グリーンの左手前。

4番ホール 92ヤード パー3

4番グリーンはクラブハウスの手前にあるグリーン。

クラブハウスの左側は8番グリーン、右側は9番グリーン。

5番ホール 106ヤード パー3

1番グリーンの右サイドにあるグリーンを狙います。

グリーン左サイドにはバンカーが。

6番ホール 96ヤード パー3

7番ホール 96ヤード パー3

8番ホール 118ヤード パー3

ティーイングエリアから売り路を振り返ると海が。やはり海が近いコースはよいですね。

9番ホール 124ヤード パー3

グリーン手前に小さなバンカーがある砲台グリーン。

グリーンからコースを振り返った風景

与論の美しい海を眺めながらラウンドできる素敵なパー3コースでした。

芝鳥 のぶあま

I’m a golf-a-holic man. ゴルフバカです。

ゴルフのためなら世界中どこでも行きます。食事とお酒も大好きな食いしん坊ゴルファー。

2021年6月現在、日本国内約600コース、海外は約300コースをラウンドしているコースマニア。現在、世界中をゴルフ旅しています。ゴルフの腕前は平均スコア90前後のアベレージゴルファー。典型的なエンジョイゴルファーです。

ゴルフバカの気まぐれブログ(芝鳥 のぶあま)をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました