今年陥ったスランプについて考察

今年の4月の突然、スランプに陥ってしまい、ずっと抜け出せない状態が続いていました。

スランプと言ってもようやく100が切れるようになり90台前半で安定したスコアが出始めたのが再び100が切れなくなったというレベルの低いスランプではありますが。

考えれば考えるほど深みにハマり120オーバーの日々も続くようになりました。。(笑)

7番アイアンで100ヤードも飛ばなくなり、しかも右側方向に。。

すくい打ち病にかかってしまいました。

8月頃になるとようやくすくい打ち病でも戦い方を学んで相変わらずへなちょこボールでも時々、100切りができる状態にはなったのですが、元のボールにはずっと戻らず。。

そんなストレスの溜まるゴルフが続いていたのですが12月に入り、突然調子のよい時のボールに戻る日も出てきました。

 

いいときのショットが打てるようになったのは、プロとのラウンドが続いたのがよかったみたいです。

プロのゆったりとしたボディーターンのスイングを間近で見ていてそれをイメージしてスイングするようにするといい時のボールが時々、出るようになりました。

SN3O0009.JPG

ブログには以前ラウンドしたゴルフ場ということもあり、多忙につきアップしていませんが、12月は90台前半のスコアが結構出たラウンドが続いています。もちろん100叩きラウンドもちょこちょこありますが。。

 

そこでスランプの原因についてもう一度、ゆっくりと整理してみました。

スランプのきっかけは春先に90台前半が連発して80台もたまに出たので調子に乗って飛距離アップを目指したことが問題だったような気がします。

飛距離アップするためにスイングアークを大きくしてヘッドスピードを上げようと思い、テークバックでスウェイして捻転ができなくなってしまったことが大きな要因。

捻転しなくなったので元々、手打ち気味なスイングだったのが更に手打ちスイングになってしまい、すくい打ちになり、距離が出なくなり、それを打開するためにしっかりとボールを捕らえようと思うようになり、ますます手打ちで体重が右足に残るようになったっぽい。

 

それを腰をきちんとまわしてゆったりと体全体でスイングして手は勝手に体についてくるぐらいの気持ちで打つとよい時の感触に戻りました。

これで100%スランプから脱出できたかどうかはわかりませんが、暗闇から抜け出せそうな感じ。

ゴルフを本格的に始めて3年が経過した今年。

それまでは順調にスキルアップしていたのが今年は再びゴルフを始めた頃に戻ったような年でした。

何とか最後に再び前進できそうなヒントを掴めたので来年はもう一度上昇していきたいなぁと思います。


Comments

comments

2 Comments

  1. こんにちは。
    きちんと自己分析が出来て素晴らしいですね。
    やはり同じコースに何度か行くとスコアが良くなってくる面はあると思います。
    (私もできるだけ色々なコースへ行ってみたい性分なので、そこら辺はスコアで損しますね。(笑))
    個人的には、長いクラブで短めの距離を打つようにすると、ゴルフの幅が広がるように思います。
    50yとか60yをSWではなくてPWとか9番で打つとか、
    110yを8番とか7番で打つとか。
    あと、これに通じるところがあるのですが、無茶振りしないクラブでスイングを整える。
    たとえば、ドライバーのスイング修正は、ウエッジを打ってリズムを直すとか。
    大して上手くないくせにこんなこと書いてすみません。(^^;

  2. やきそばパンZさん
    分析が正しいのかどうかわかりませんが、いい時のボールが戻ってきているので少し嬉しいです。
    このままこの状態が続いてくれればいいのですがicon:face_self-conscious_smile
    アドバイスありがとうございます。
    特に私の場合、リズムが狂って不調に陥ることが多いようです。
    リズム=体全体でゆったりと振る
    ということが今の自分にとって一番重要な気がしますのでそこをしばらくは重点的に気をつけてみたいと思っていますicon:face_smile

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください