南大阪の河内が発祥の「かすうどん」

[うどん松屋]

大阪の南河内で食べられていたうどんが大阪市内にも広がりました。

かすうどんの「かす」とは牛のホルモン(小腸)を脂が抜けるまで時間をかけて素揚げした油かすのことをいいます。

油かすを噛みしめて出てくる脂の旨みが美味しく、油かすとうどんのつゆの組み合わせは最高です。


Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください