グラスゴー空港で最後の一杯

[Caledonia Cafe Bar Views(カレドニア・カフェバー・ビューズ)]

13泊のスコットランドゴルフ旅も終わろうとしています。
荷造りを終えて後は翌日にグラスゴー空港経由でヒースロー空港から帰国するだけ。

0IMG_5238

ラウンドしたコースは以下の18コース。
1.現存する世界最古のゴルフコースのマッセルバラ
2.先日、スコティッシュオープンが開催されたガランNo.1
3.トム・ドーク設計のルネッサンスクラブ
4.世界で最もコピーされているレダンホールがあるノースベリック
5.海と線路に挟まれたリンクスのウエスタンゲイルズ
6.現在、全英女子オープンが開催されているターンベリー
7.キンタイア半島の南西にあるマクリハニッシュ
8.バンドンデューンズを設計したデビッド・マクレイ・キッドが設計したマクリハニッシュデューンズ
9.2012年に開場していきなり2013年のGOLFマガジンの世界TOP100の50位にランクインしたトランプインターナショナルゴルフリンクススコットランド
10.スコットランドで6番目にクラブが結成されたロイヤルアバディーン
11.丘の上の古城が見えるクルーデンベイ
12.羊や牛が放牧されているリンクスのブローラ
13.ルーティングが素晴らしいロイヤルドーノッホ
14.ロジーマスの歴史ある名リンクスのモライ
15.スコティッシュオープンが開催されていたキャッスルスチュワート
16.カイル・フィリップス設計のダンドナルドリンクス
17.来年、全英オープンが開催されるロイヤルトルーン
18.全英オープン発祥のコースのプレストウィック


どれもがよいコースでしたが、その中でも何度もラウンドしたいと思ったコースは
ノースベリック、マクリハニッシュ、マクリハニッシュデューンズ、クルーデンベイ、ロイヤルドーノッホ、ロイヤルトルーン、プレストウィック
の7つのコース。どれも地形の起伏を上手に活用した素晴しいコースでした。
ゴルフの歴史にも触れることができた素晴らしいゴルフ旅でもありました。
次回、スコットランドに再び戻ってきたときには、セントアンドリュース、ミュアフィールド、カーヌスティとアイラ島のマクリー辺りをラウンドしたいと思います。

 

そして翌朝。プレストウィックの駅に。

1IMG_5158

プレストウィックやウエスタンゲイルズのラウンド中に何度も通過するのを見ていたスコットレールに乗り、グラスゴーセントラル駅まで。

2IMG_5239

3IMG_5240

グラスゴーセントラル駅に到着。そこからタクシーでグラスゴー空港に。

4IMG_5242
朝食はグラスゴー空港のカフェバーで。

5IMG_5243

エッグベネディクトをオーダー。
Brew Dog Punk IPAで。

6IMG_5250

エッグベネディクトはポーチドエッグではなく目玉焼きで出てきました。
しかもイングリッシュマフィンじゃなくてバゲットやし。
ハズレかなと思ったらハムが美味しくて目玉焼きのエッグベネディクトもありかなと思いました。
でもエッグベネディクトではなくて、これはハムエッグトースト オランデーズソースがけ、ですね(笑)

7IMG_5252

フライトまで時間があるので2杯めはカレドニアンミスト。
フェイマスグラウスにアマレット、オレンジジュース、グレナデンシロップのカクテル。
美味しいので帰国したら作ってみよう。

8IMG_5253

 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. スコットランド ゴルフ旅 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください