全英オープン発祥のリンクス

[Prestwick Golf Club/プレストウィックゴルフクラブ]

スコットランドゴルフ旅の第18ラウンドはプレストウィックゴルフクラブ。

今回の旅の最後のラウンドです。

開場は1851年。プレストウィックゴルフクラブはゴルフ場の近くにあったレッドライオンインのパブでゴルフ仲間が飲みながら創設が決められました。

そのパブのゴルフ仲間の中心メンバーのジェームス・フェアリー大佐が、当時のゴルフ文化の中心であったセントアンドリュースをホームコースにしている「ロイヤル・アンド・エンシェント・ゴルフ・クラブ・オブ・セント・アンドリュース」とマッセルバラリンクスをホームコースにしていた「オナラブル・カンパニー・オブ・エディンバラ・ゴルファーズ」の2つのクラブに対抗できるクラブにするために、セントアンドリュースで活躍していたアラン・ロバートソンの弟子のトム・モリスを招聘してコース造りを任せました。

ちょうどトム・モリスはこの時、アラン・ロバートソンと思想の違いにより、関係が悪化していたので、新天地を求めてプレストウィックにやってきました。最初は12ホールでの開場でした。

そして、フェアリー大佐はプレストウィックの名声を高めるために当時の有名ゴルフクラブにクラブ対抗選手権の開催を呼びかけました。フェアリー大佐の呼びかけに応じたクラブが集まって大会は1857年7月に開催されましたが、プレストウィックは当時は他のクラブから遠く、不便だと他のクラブからクレームが出て、開催コースはセントアンドリュースに決定。(この大会は全英アマチュア選手権に発展していきました。)

フェアリー大佐はそれでもプレストトウィックで大会を開催することを目指し続け、1860年にプレストウィックでプロゴルファーだけの選手権を開くことを決めました。この時の話し合いもレッドライオンインで行われていたようです。

ラウンド後にレッドライオンインで軽く一杯やろうと思います。

1860年に開催されたこの大会は前の年にプロゴルファー最強と言われていたアラン・ロバートソンが亡くなったのでその後を継ぐゴルファーを決める大会という位置づけで開催されました。

フェアリー大佐としてはこの大会でトム・モリスに優勝してもらい、プレストウィックの名前を世に広げるというのが目的でしたが、全参加者が6名のプロの中、トム・モリスは2位で優勝はマッセルバラのウィリー・パークでした。

そして第二回目以降は参加者を増やすためにアマチュアにも門戸を開き、第二回の大会は一年前の雪辱を果たし、トム・モリスが優勝。

この大会がThe Open(いわゆる全英オープン)の始まりになります。

最初はプレストウィックのみで開催されていましたが、1873年以降はセントアンドリュース、マッセルバラとの持ち回り開催になり、その後、開催コースが少しずつ増えていき、現在に至ります。プレストウィックでの全英オープンの開催は1925年の開催が最後で、全24回開催されました。

00DSC02126

1番ホールはThe 500 World's Greatest Golf HolesのThe One Hundred(ベスト100ホール)と500ホールの中から18ホール選ばれる、The Most Penals HolesとThe Best Short Par 4s

に選出されています。

3番ホールもThe 500 World's Greatest Golf HolesとThe Best Links Holesに選出されています。

そんな全英オープン発祥のリンクスのプレストウィックはチャンピオンシップ、メダル、シニアとティーがあり、メダルティーからティーオフ。

オーストラリアからやってきている夫婦とジョイントしてのラウンド。

 

1番ホール(Railway) 345ヤード パー4

右に線路が続くパー4

The 500 World's Greatest Golf HolesのThe One Hundredに選出されています。

01aDSC02124

そんなに距離もないし、右に打ち込むのが怖くてアイアンでティーショットしました。

01bDSC02128

01cDSC02131

 

2番ホール(Tunnel) 164ヤード パー3

02DSC02132

02DSC02133

 

3番ホール(Cardinal) 477ヤード パー5

右ドッグレッグのパー4

The 500 World's Greatest Golf Holesに選出されています。

03aDSC02135

03bDSC02136

03cDSC02137

セカンドショットはこの巨大なフェアウェイを分断しているカーディナルバンカー越え。

03dDSC02138

03eDSC02139

03fDSC02140

03gDSC02141

グリーン手前からコースを振り返った風景。右サイド(写真では振り返ってるので左)にはクリークが流れています。

03zDSC02143

 

4番ホール(Bridge) 384ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

04aDSC02142

右サイドにはクリークがグリーン横まで続いています。

04bDSC02144

04cDSC02145

04dDSC02146

04eDSC02147

 

5番ホール(Himalayas) 206ヤード パー3

距離のあるブラインドのパー3。目の前に広がる小山はまさにヒマラヤのようです。

05DSC02149

5mほどの小山を登った頂上あたりからグリーンを見下ろした風景

05DSC02151

05DSC02154

ホールアウト後は鐘を鳴らして後続組に知らせます。

05DSC02155

グリーン奥から振り返った風景

05zDSC02158

 

6番ホール(Elysian Fields) 362ヤード パー4

ストレートなパー4

06aDSC02157

06bDSC02159

06cDSC02160

 

7番ホール(Monkton Miln) 430ヤード パー4

距離のあるやや打ち上げのパー4

07aDSC02162

07bDSC02163

07cDSC02164

07dDSC02165

 

8番ホール(End) 432ヤード パー4

名前の通り、このホールを最後にコースは折り返していきます。距離のあるパー4。

08aDSC02166

08bDSC02169

08cDSC02171

 

9番ホール(Eglinton) 444ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4。こちらはチャンピオンシップティー(461ヤード)からの風景

09aDSC02172

メダルティーからの風景はこちら

09aDSC02173

09bDSC02174

09cDSC02175

09dDSC02176

 

10番ホール(Arran) 453ヤード パー4

クリーク越えの距離のあるパー4

10aDSC02178

10bDSC02179

10cDSC02180

 

11番ホール(Carrick) 195ヤード パー3

11aDSC02183

11bDSC02184

 

12番ホール(Wall) 513ヤード パー5

ストレートなパー5

12aDSC02185

12bDSC02186

12eDSC02189

12fDSC02190

 

13番ホール(Sea Headrig) 458ヤード パー4

16番とフェアウェイを共有している距離のあるパー4。左に見えるのは16番グリーン。

13aDSC02192

13bDSC02193

13cDSC02194

 

14番ホール(Goosedubs) 363ヤード パー4

こちらはチャンピオンシップティー(406ヤード)からの風景。左のグリーンは13番グリーン。

14aDSC02196

メダルティーからの風景はこちら。13番グリーンの真横にあります。

14aDSC02197

14bDSC02198

14cDSC02199

グリーン奥から振り返った風景

14zDSC02200

 

15番ホール(Narrows) 353ヤード パー4

その名の通りフェアウェイが狭いパー4

15aDSC02201

フェアウェイには傾斜があります。

15bDSC02202

15cDSC02203

15dDSC02204

グリーン左サイドからグリーンを見た風景。奥に見える小山は17番ホールのアルプス。

15eDSC02205

 

16番ホール(Cardinal Back) 290ヤード パー4

距離の短いパー4。フェアウェイは13番と共有。

16aDSC02208

16bDSC02209

16cDSC02210

グリーン手前から振り返った風景。13番ホールのフェアウェイと一体化しています。

16zDSC02211

 

17番ホール(Alps) 394ヤード パー4

今回のプレストウィックで楽しみにしていたホールの1つ。アルプス。

17aDSC02212

世界中でコピーされているアルプスのホールのオリジナルがここです。

今まで廣野GC、オールドマクドナルドなどをラウンドしてきているのでオリジナルを見るのがとても楽しみでした。

17bDSC02214

グリーンは左サイドに見えるアルプス越え。

17cDSC02218

コースの右サイド(16番ホール)からアルプスを見た風景。この写真の右下にグリーンがあります。

17dDSC02207

アルプス越えはもちろんブラインドショット。

17gDSC02219

グリーンの手前にはサハラと呼ばれている巨大バンカーが。

17hDSC02221

グリーン奥からアルプスを振り返った風景

17zDSC02223

想像していた以上にアルプスは巨大でした。

 

18番ホール(Clock) 288ヤード パー4

距離の短いやや右ドッグレッグのパー4

18aDSC02224

18bDSC02225

私のティーショットはアタリはよかったのですが左のバンカー方向に。ボールを見に行くとソッドウォールバンカーの縁に。。

18dDSC02227

最後の最後までリンクスの厳しさを教えられた旅でしたが、素晴しいコースばかりでゴルフの原点を感じることができた最高の旅になりました。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

3 Trackbacks / Pingbacks

  1. スコットランド ゴルフ旅 | ゴルフバカの気まぐれブログ
  2. 世界TOP100 コース(2017年) | ゴルフバカの気まぐれブログ
  3. ロングホール、ミドルホール、ショートホールというのは日本だけ | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください