真夏の一日3ラウンド in 片山津(2ラウンド目)

[片山津ゴルフ倶楽部片山津ゴルフ場加賀コース ]

真夏のお盆に片山津ゴルフ倶楽部片山津ゴルフ場の3コースを一気にラウンドしちゃおうというイベント。

2ラウンド目は加賀コース。加賀コースは昭和45年と3コースの中で一番最後に完成したコース。

(白山コースは昭和32年、日本海コースは昭和42年)

加賀コースのオリジナルの設計は他の2コースと同じく佐藤儀一ですが、平成8年に加藤俊輔が大改修を担当しました。

加藤俊輔は白山コースの改造も担当しています。(平成16年に開催された日本オープンゴルフ選手権に向けて改造)

この加賀コースは昭和45年8月に第2白山コースという名称でオープンしたのですがその後昭和55年6月には東コースと名称を変更(同時に、山中山代ゴルフ場の27ホールを西コースと名称変更)されて、その後、平成4年4月に現在の加賀コースという名称になったようです。(平成2年9月には西コースは36ホールになっていて、加賀コースの名称変更に合わせて、あすなろコース、いぬわしコースと名称が変更された)

そんな加賀コースは加藤氏が改造したときに各ホールにホール名も付けられました。

そのホール名も合わせて紹介します。レギュラーティーからティーオフです。

 

1番ホール(ハイウェイ) 510ヤード パー5

平坦で真っ直ぐなパー5

その名の通り、ハイウェイのように平らで真っ直ぐ。

グリーン左手前には池があります。

 

2番ホール(魅惑のエクボ) 328ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4。

コースの右側にはコース名の魅惑のエクボと呼ばれるグラスバンカーがあります。

右に見えるグラスバンカーが魅惑のエクボ。

改造前は2グリーンのホールでしたが、右のグリーンは閉鎖。

 

3番ホール(サーフィン) 365ヤード パー4

ストレートなパー4。グリーンが波のように真ん中が盛り上がっています。

 

4番ホール(オーガスタ) 170ヤード パー3

池越えのパー3

04SN3O0134.jpg

オーガスタの12番ホールをイメージしたという意味でしょうか?池越えの横長グリーンで手前にバンカーというのが共通点。

 

5番ホール(サッカク) 507ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5

コース名のサッカクはグリーンの50~70ヤードぐらい手前のフェアウェイセンターにバンカーがあるのですがこれがサッカクでグリーンのすぐ手前にあるように見えるからだとか。

これがサッカクバンカー。

 

6番ホール(回り道) 370ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

右のドッグレッグ地点には大きなバンカーが。バンカー越えを狙うよりは左から回り道したほうがいいという意味でしょうか。

 

7番ホール(ウエストエリア) 174ヤード パー3

グリーン左に大きなバンカーがあるパー3

 

8番ホール(源平の夢) 407ヤード パー4

打ち上げの左ドッグレッグのパー4。このあたりは昔の源平の合戦の場だったようです。

ティーグラウンドの左には合戦で命を落とした兵士たちを慰霊する石碑が建っていました。

 

9番ホール(ピーナッツ) 386ヤード パー4

ストレートなパー4。グリーンの形状がピーナッツのような形になっています。

 

 

10番ホール(俊輔の落としアナ) 376ヤード パー4

やや左ドッグレッグのパー4。落とし穴とはグリーン奥のバンカーでしょうか?

 

11番ホール(ハートのグリーン) 481ヤード パー5

打ちおろしのパー5

グリーンがハート型のグリーンでした。

 

12番ホール(巨人のアシスト) 190ヤード パー3

打ちおろしのパー3。グリーンやグリーン周りのバンカーが巨人の足みたいだからでしょうか。

 

13番ホール(安宅の関) 384ヤード パー4

コースの左右にあるバンカーが石川県小松市にある安宅の関の関所のように立ちはだかるパー4

 

14番ホール(隠れん坊) 327ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

ホール名の由来はグリーンが小山に囲まれて隠れているから。

 

15番ホール(サハラ砂漠) 413ヤード パー4

グリーン右手前に大きなバンカーがあるパー4。サハラ砂漠のように大きいバンカーから名付けられています。

 

16番ホール(加賀の白山) 532ヤード パー5

真っ直ぐなパー5。コース内にある小山が白山のようなので名付けられたとか。

 

17番ホール(緑のトリデ) 150ヤード パー3

池越えでグリーン左にバンカーがあるパー3

左のバンカーに入るとグリーンが砦のように見えるらしい。

 

18番ホール(隠れクリーク) 396ヤード パー4

グリーン右手前に池があり、クリークがグリーン手前を隠れるように横切っているパー4

右に池が見えますがこの池からグリーンの手前の花道を横切るようにクリークが流れています。

横からみるとこんな感じで花道が途切れています。

 

途中で雨が時々降ってくれたこともあり、ずっと暑くなく体力が温存できた2ラウンド目でした。

2ラウンド目は混んでいて5時間もかかってしまいホールアウトしたのが15時20分過ぎ。

3ラウンド目の完全ホールアウトが少し微妙になってきました。

3ラウンド目は日本海コース。日没までにホールアウトできるかなぁ。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください