限られた土地に重機を活用して造られたコース(2)

[戸塚カントリー倶楽部]

神奈川県の戸塚カントリー倶楽部・西コースをラウンドしてきました。

以前、戸塚の西コースのラウンド記事をアップしましたが、その時は前日に積雪し、除雪した状態でのラウンドでしたので晴天の状態で再度紹介しておきます。

 

戸塚カントリー倶楽部は東・西の36ホールあるゴルフ場で最初に東コースが間野貞吉氏設計で1961年(昭和36年)に開場。

そして翌1962年に西コースがオープン。当時は東コースは川上コース、西コースは名瀬コースと呼ばれていました。

西コースは井上誠一氏設計。

用地の面積から27ホールが限界と主張した井上氏だが36ホールにこだわった依頼者。

結局は重機とダイナマイトを活用して大量の土砂を移動しての造成になったようです。

グリーンはペンA-1(メイン)とペンクロス(サブ)の2グリーンでこの日はペンクロスのサブグリーンを使用してのラウンド。

ティーはレギュラーティーから。

 

1番ホール 390ヤード パー4

打ち下ろしで左ドッグレッグのパー4

01aDSC04742

この日は遠くに富士山が見えていました。

01bDSC04743

サブグリーンは左。

01bDSC04744

 

2番ホール 485ヤード パー5

ストレートなパー5

02aDSC04745

02bDSC04746

サブグリーンは右。

02cDSC04747

 

3番ホール 347ヤード パー4

池越えのまっすぐなパー4

03aDSC04748

サブグリーンは左。

03bDSC04749

 

4番ホール 293ヤード パー4

距離が短いストレートなパー4

04aDSC04750

サブグリーンは左。

04bDSC04751

 

5番ホール 128ヤード パー3

池越えのパー3。サブグリーンは右。

05DSC04752

 

6番ホール 386ヤード パー4

緩やかな右ドッグレッグのパー4

06aDSC04754

サブグリーンは右。

06bDSC04756

 

7番ホール 514ヤード パー5

緩やかにS字を描くパー5(このティーグラウンドの写真だけ前回の積雪時の写真です)

07aDSC04757

サブグリーンは左。

07bDSC04758

 

8番ホール 141ヤード パー3

打ち上げのパー3。サブグリーンは右。

08DSC04759

 

9番ホール 342ヤード パー4

ストレートなパー4

09aDSC04760

サブグリーンは右。

09bDSC04761

 

10番ホール 374ヤード パー4

打ちおろしで左ドッグレッグのパー4

10aDSC04762

サブグリーンは右。

10bDSC04763

 

11番ホール 181ヤード パー3

距離のあるパー3

11DSC04764

サブグリーンは左。

 

12番ホール 280ヤード パー4

距離の短いパー4

12aDSC04765

サブグリーンは右。

12cDSC04767

 

13番ホール 471ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5

13aDSC04768

13bDSC04770

サブグリーンは右。

13cDSC04772

 

14番ホール 142ヤード パー3

池越えのパー3(このアングルはバックティー175ヤード)

14DSC04775

レギュラーティーのアングルはこちら。サブグリーンは左。

14DSC04776

 

15番ホール 398ヤード パー4

距離のあるストレートなパー4

15aDSC04777

サブグリーンは右。

15bDSC04778

 

16番ホール 534ヤード パー5

ストレートなパー5

16aDSC04779

16bDSC04780

サブグリーンは左。

16cDSC04782

 

17番ホール 380ヤード パー4

やや左にドッグレッグしているパー4

17aDSC04783

17bDSC04784

サブグリーンは左。

17cDSC04785

 

18番ホール 350ヤード パー4

やや右ドッグレッグのパー4

18aDSC04786

サブグリーンは左。

18bDSC04787

 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください