日本のビール発祥の地

横浜の元町から歩いてキリン園公園に。横浜は日本のビール発祥の地でもあります。

2015年にキリンビールの新規事業として横浜のキリンビール工場内と代官山にオープンしたスプリングバレーブルワリーは、1870年(明治3年)にこの場所でノルウェー生まれのアメリカ人のウイリアム・コープランドが日本で二番目のビール醸造所スプリング・ヴァレー・ブリュワリーとして立ち上げた醸造所名が由来です。

1885年(明治18年)には、スプリング・ヴァレー・ブリュワリーの土地を引き継いで、キリンビールの前身のジャパン・ブリュワリー・カンパニーが創業しました。

この煉瓦はキリンビール山手工場跡から掘り起こされた煉瓦のようです。

キリン園公園から北に進んでしばらく行くと右手にビール井戸が残っています。1895年から7年ほどビール造りに使用されていました。

スプリングバレーでは、日本で二番目のビール醸造所です。では日本で一番最初のビール醸造所はどこか?

それは徒歩数分の山手居留地46番の場所(現在フェリス女学院中学校・高等学校の近く)に1869年(明治2年)にアメリカ人のローゼンフェルトが立ち上げたジャパン・ヨコハマ・ブリュワリーになります。残念ながら5年間創業してだけで現在は残っていません。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください