日本最古のホテルと日本最古のバー

[ホテル発祥の地]

日本で最古のホテルと言われているのは、横浜港が開港した翌年の1860年(万延元年)に横浜の居留地に開業した「横浜ホテル」と言われています。

創業者は C.J.フフナーゲル というオランダ船の元船長でフフナーゲルホテルとも呼ばれていて、現在の「レストランかをり」がある山下町70番地に建てられました。

現在の建物はコンクリートの様式ですが、横浜ホテルは和式の日本家屋のホテルでした。しかし障子だけで仕切られていた当時の日本式の旅館とは違い、鍵で施錠してプライベートな空間があるホテルとして開業したようです。

この地が日本のホテル発祥の地ということで記念碑が設置されています。

記念碑をみると食堂、ビリヤード室、酒場があったことがわかりますね。この酒場が日本最古のバーと言われています。

このバーは、荒くれ者が出入りして、喧嘩なども絶えず、壁にかけている時計を的にして拳銃の試し打ちなども行われいたので、映画で見る西部劇の酒場のようなバーだったようです。

横浜ホテルは1866年(慶応2年)の大火で焼けてなくなってしまいました。

ちなみに現存しているバーで日本最古のバーはこちらになります。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください