カレー南蛮、発祥の店

[三朝庵]

発祥巡りの締めはカレー南蛮発祥の店

カレー南蛮の発祥は1909年(明治42年)に大阪で営業していた「東京そば」という蕎麦屋。
その後、東京の麻布にも、「朝松庵」という支店を出店し、現在は、東京そばは閉じて朝松庵は中目黒に移転して営業を続けてます。

カレーうどんの発祥は早稲田大学の近くで営業していて去年、閉店した三朝庵が1904年(明治37年)らしい。三朝庵は、かつ丼発祥の店としても有名でした。

南蛮とは室町時代から江戸時代にかけて渡来してきた南蛮人がネギを好んで食べていたのでネギが入っている食べ物を~南蛮と呼び、鴨南蛮が作られました。鴨南蛮発祥の店はこちら。

その鴨南蛮の鴨を抜いてカレーを加えてたのがカレー南蛮。
なのでカレー南蛮にはネギ必須。

ちなみにカレー丼というメニューもあるようです。これはいわゆるカラーライスとは別物らしい、これもルーをダシやツユで割っているのでしょうね。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください