世界のゴルフコースのヤーデージブック

海外のゴルフ場に行くと必ずロゴボールを買って帰るという話の記事を少し前にあげました。

ロゴボールだけでなくもう一つ買っているものがあります。それはヤーデージブックです。

ロゴボールのディスプレイが落ち着いたのでヤーデージブックもディスプレイしてみました。

全部で130コースほどのヤーデージブックがありました。

私の世界のゴルフ場トップ5のコースのヤーデージブックを少し紹介してみたいと思います。

1位 ロイヤルカウンティーダウンゴルフクラブ
2位 ナショナルゴルフリンクスオブアメリカ
3位 シネコックヒルズゴルフクラブ
4位 ノースベリックゴルフクラブ ウエストリンクスコース
5位 ペブルビーチゴルフリンクス

しかし、2位と3位のナショナルゴルフリンクスオブアメリカ(NGLA)とシネコックヒルズはヤーデージブックを売っていません。

その理由ですが、ロイヤルカウンティダウンやノースベリックはメンバーコースですが海外からのゲストは一定の枠内で受け入れています。そのためにヤーデージブックは初めて来場したゲストゴルファー向けに用意されています。そして、ペブルビーチはリゾートコースなのでゲストオンリーなので同じ理由で用意されています。

一方、NGLAとシネコックヒルズはエクスクルーシブなプライベートコースなのでメンバーさんとそのゲストしか訪れることができません。

初めてのゲストはメンバーからコースの説明を聞きながらラウンドするのでヤーデージブックを置く必要がないのです。

コースの素晴らしさをゲストに説明するのもメンバーの重要な役割なのです。

その2コースの代わりに6位のロイヤルドーノッホと8位のバリーバニオンのヤーデージブックを紹介します。7位のメリオンが抜けている理由ですが、こちらもプライベートクラブなので同じ理由です。

以下、各ゴルフコースのヤーデージブックの表紙と中の2ページの写真です。

1位 ロイヤルカウンティダウンGC


4位 ノースベリックウエストリンクス

世界で一番コピーされている名ホールのレダンの15番ホールのページです。


5位 ペブルビーチゴルフリンクス

100ヤード前後しかありませんが強いアゲインストの時にはロングアイアンも必要になる7番ホールのページです。


6位 ロイヤルドーノッホ チャンピオンシップコース


8位 バリーバニオン オールドコース

スターホールの1番ホールは右サイドにお墓があります。ヤーデージブックにもお墓の絵が描かれていますね。

各ホールのページを見直すとラウンド時の記憶が蘇ってくるので思い出にヤーデージブックの購入はおススメです。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください