アイルランド共和国でNo.1のリンクス

[Ballybunion Golf Club Old Course(バリーバニオンGCオールドコース)]

アイルランドゴルフ旅の第12ラウンドはアイルランド共和国のケリー州にあるバリーバニオンゴルフクラブのオールドコース。

1893年にジェームス・マッケナの設計で12ホールで開場したのですが、1898年に資金的な問題で経営破たん。

その後、1906年に元インド軍将校のバーソロミュー大佐、アイルランド銀行のB.J.ジョンストーン、開場時の理事であったパトリック・マッカーシー、リストーウェル在住のジョン・マコーレーの四人がスポンサーになり、再建。その時に新たに設計した9ホールはアイルランドゴルフの編集者のライオネル・ヒューソンという人物が担当。

1926年には18ホールに拡張されました。

そして1936年には、当時のゴルフコース設計家で第一人者だったトム・シンプソンがコースを改造。7番ホール、13番ホールの場所の変更や1番ホールのフェアウェイにバンカーを追加するなどしました。このバンカーはミセス・シンプソンという愛称で親しまれています。

ゴルフマガジン社の世界TOP100コース(2015年)の17位にランクインされていて、アイルランド島全体ではロイヤルカウンティダウンが5位、ロイヤルポートラッシュが15位なのでNo.3ですが、アイルランド共和国でみるとNo.1のコースになります。

11番ホールはThe 500 World's Greatest Golf HolesのThe Eighteenに2、7番ホールはThe 500 World's Greatest Golf HolesのThe Five Hundredに選出されています。

11番ホールは、The Single Best Holes By Number、The best Ocean Holes、The Best Links Holes、The Best Holes You Can Playの18ホールの中の1つにも選ばれている素晴しいホールでした。

そしてバリーバニオンGCにはオールドコース以外にロバート・トレント・ジョーンズ・シニアが設計したカシェンコースもあります。こちらも昼からラウンドしたので後ほどの記事で紹介します。

00img_9143

ティーはブルー(6802ヤード)、ホワイト(6366ヤード)、グリーン(6060ヤード)、レッド(5475ヤード)とあり、ホワイトティーからティーオフ。

 

1番ホール(Simpsons) 375ヤード パー4

打ち下ろしで左ドッグレッグのパー4

01adsc07152

コースの右には墓地があることでも有名です。

01aimg_9147

このバンカーがトム・シンプソンが新たに造ったミセスシンプソンと呼ばれているバンカー。

改造当時は1番ホールが14番ホールだったようです。

01bdsc07154

 

2番ホール(Khyber Pass) 397ヤード パー4

やや右ドッグレッグのパー4。

The 500 World's Greatest Golf HolesのThe Five Hundredに選出されています。

02adsc07157

セカンドは打ち上げ

02bdsc07160

02cdsc07161

 

3番ホール(The Stile) 209ヤード パー3

打ち下ろしのパー3

03dsc07163

 

4番ホール(The Cottage) 507ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5。正面には先ほどホールアウトした3番グリーンがあるのでこのグリーンを越えてティーショットします。

04adsc07165

ティーインググラウンドから左を見た風景。

04bdsc07166

04cdsc07167

04ddsc07170

 

5番ホール(Marconi) 517ヤード パー5

ブルーティーからは先ほどホールアウトした4番グリーン越えになるパー5

05adsc07171

05bdsc07172

05cdsc07174

 

6番ホール(The Garden) 368ヤード パー4

海に向かって進む左ドッグレッグのパー4

06adsc07176

06bdsc07177

 

7番ホール(The Beach) 407ヤード パー4

右に海が続くパー4

The 500 World's Greatest Golf HolesのThe Five Hundredに選出されています。

07adsc07179

07bdsc07180

07cdsc07182

 

8番ホール(Lartigue) 137ヤード パー3

08dsc07183

08dsc07184

 

9番ホール(Crows Nest) 430ヤード パー4

右ドッグレッグの距離のあるパー4

09adsc07185

09bdsc07187

09cdsc07191

 

10番ホール(Killsaheen) 328ヤード パー4

距離の短いパー4

10adsc07192

ティーインググラウンドから左を見ると2番ホールグリーンが見えました。

10bdsc07193

セカンドショット地点からの風景

10cdsc07194

10ddsc07195

 

11番ホール(Watsons) 397ヤード パー4

右に海が続く距離のあるパー4

11番ホールはThe 500 World's Greatest Golf HolesのThe Eighteen、The Single Best Holes By Number、The best Ocean Holes、The Best Links Holes、The Best Holes You Can Playの18ホールの中の1つにも選ばれています。

つまりこれは、世界中で最も素晴らしい18ホールの1つ、世界中の11番ホールの中でNo.1、海が見える最高の18ホールの1つ、リンクスで最高の18ホールの1つ、誰もがプレイできる最高のコースの18ホールの1つに選ばれているということになります。

11adsc07197

ティーショットからの景観も素晴らしいですが、このホールが素晴らしいのはセカンドから見える地形のアンジュレーションの美しさ。

11bdsc07199

こちらがその美しいアンジュレーション。

11cdsc07200

グリーン手前から振り返った風景。

11ddsc07202

11edsc07203

グリーン奥から振り返った風景。

自然なアンジュレーションのフェアウェイの先に、ここにグリーンを配置せよと神が指示したようなナチュラルな素晴らしいホールでした。

11fdsc07205

 

12番ホール(Citadel) 196ヤード パー3

12dsc07206

 

13番ホール(Kittys River) 478ヤード パー5

距離の短いパー5

13adsc07210

セカンドショットはクリーク越え

13bdsc07211

このクリークを越えていきます。

13cdsc07213

 

14番ホール(Camels Back) 131ヤード パー3

打ち上げのパー3

14dsc07216

14dsc07217

 

15番ホール(Black Rocks) 199ヤード パー3

打ち下ろしのパー3

15dsc07218

15dsc07220

 

16番ホール(Windy Gap) 490ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5

16adsc07221

セカンドショットは打ち上げ。ティーショットのランディングポイントに向かう途中から撮影した風景。

16bdsc07224

16cdsc07225

16ddsc07226

16edsc07227

グリーンから振り返った風景

16zdsc07228

 

17番ホール(Devils Elbow) 383ヤード パー4

打ち下ろしで左ドッグレッグのパー4

17adsc07229

17bdsc07231

 

18番ホール(Sahara) 370ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

18adsc07235

ティーインググラウンドから左を向き海を見た風景

18bdsc07234

コースの左には巨大で深いバンカーが。ホール名のサハラはここからきているのでしょう。

18cdsc07241

どれだけ巨大で深いかはこの写真を見ていただくとわかると思います。

dsc07242

グリーン手前から振り返った風景

18ddsc07243

グリーンは縦長

18edsc07244

グリーン横の小山からコースを振り返った風景

18zdsc07245

オリジナルのコースは有名設計家が造ったコースではなく、まさに神が造ったコースとはこのバリーバニオンのことを言うのだと感じた素敵な時間でした。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. アイルランドゴルフ旅 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください