アリスター・マッケンジーが余生を過ごしたコース

[Pasatiempo Golf Club/パサティエンポゴルフクラブ]

カリフォルニア州のサンタクルーズにあるパサティエンポゴルフクラブをラウンドしてきました。

米国ゴルフマガジン社が2013年に発表したTop 100 Course in the U.S.で53位にランクインしています。

設計はサイプレスポイントクラブやオーガスタナショナルゴルフクラブを設計したアリスター・マッケンジー。

パサティエンポ誕生にはマッケンジー以外にもう一人の人物が重要な役割を果たしました。マリオン・ホリンズという女性です。

彼女は1921年に全米女子アマチュアゴルフ選手権のチャンピオンでプライベートクラブのサイプレスポイントの開発責任者であり、マッケンジーに設計を依頼して1928年に開場させた人物。

そして、ホリンズはプライベートクラブの次は誰にでもラウンドできるコースを造るために、サイプレスポイントがあるモントレー湾の北の対岸のサンタクルーズに570エーカーの土地を購入し、その地をパサティエンポ(スペイン語で気晴らしや娯楽という意味)と名付けました。彼女はサイプレスポイントでコンビを組んだマッケンジーに再度、設計を依頼し1929年に開場させたのです。

マッケンジーもホリンズも、このパサティエンポをこよなく愛してコース内に自宅を構え、マッケンジーは6番ホールのフェアウェイ途中の左側にある自宅で余生を過ごし、1934年に63歳で生涯を終えました。

SN3O0307

こちらの家は、ホリンズが住んでいた自宅。クラブハウスから更に上の丘の高台に建築されていて、現在はホリンズハウスと呼ばれてここでディナーをいただくことができます。

マッケンジーは彼の遺灰をコース内に撒いてもらったというぐらい愛着のあったコースだったようです。

16番パー4が、The 500 World's Greatest Golf HolesのThe One Hundredに、2番パー4がThe Five Hundredに選出されています。

ティーはチャンピオンシップ(ゴールド)、ミドル(ホワイト)、フォワード(グリーン)とあり、チャンピオンシップティーからティーオフ。パー70です。

 

1番ホール 457ヤード パー4

太平洋に向かって打ち下すストレートなパー4

01aIMG_6579

01bIMG_6580

01cIMG_6581

 

2番ホール 437ヤード パー4

コースが左傾斜になっているストレートなパー4

02aIMG_6582

グリーン左手前には巨大なバンカーが配置されています。

02bIMG_6583

グリーン左手前のバンカーを横から見た風景。

SN3O0251

グリーンからコースを振り返った風景。

SN3O0252

 

3番ホール 214ヤード パー3

やや打ち上げで右に傾斜している距離のあるパー3

SN3O0253

 

4番ホール 378ヤード パー4

ストレートで距離の短いパー4

04aIMG_6585

04bIMG_6586

SN3O0256

 

5番ホール 190ヤード パー3

やや打ち上げのパー3。グリーン手前にバンカーが配置されています。

SN3O0258

 

6番ホール 567ヤード パー5

ストレートなパー5

SN3O0259

このホールの左側にマッケンジー博士が余生を過ごした自宅があります。これかなと思って撮影したのですが、この家ではありませんでした。グリーンまで残り150ヤード地点の左側にある家がマッケンジー博士が住んでいた自宅のようです。次回ラウンドするときには撮影してきたいと思います。

06zIMG_6590

SN3O0260

SN3O0261

SN3O0262

 

7番ホール 348ヤード パー4

距離の短いパー4。距離は短いのですが左右の木がプレッシャーになります。

07aIMG_6592

セカンドは打ち上げ。

07bIMG_6594

07cIMG_6595

 

8番ホール 176ヤード パー3

打ち下しのパー3

SN3O0268

 

9番ホール 500ヤード パー5

やや右ドッグレッグのパー5

SN3O0269

セカンド以降はやや打ち上げに。

SN3O0270

SN3O0271

 

10番ホール 440ヤード パー4

谷越えで左ドッグレッグのパー4

SN3O0274

パサティエンポらしい素晴らしい景観です。

SN3O0275

セカンド以降は打ちおろしでフェアウェイは左に傾斜しています。

SN3O0277

 

11番ホール 392ヤード パー4

左ドッグレッグでセカンドが谷越えのパー4

SN3O0278

ティーグラウンドからフェアウェイに沿って左に谷が伸びていてグリーンはその谷の左側に。

11bIMG_6602

ここからでもかなりのプレッシャーがあるセカンドショットになります。

SN3O0281

 

12番ホール 373ヤード パー4

打ちおろしでやや左ドッグレッグのパー4。左奥には太平洋が見えます。

12aIMG_6603

セカンドショットは窪地越え。

12bIMG_6604

グリーン手前にこのような窪地があります。

SN3O0285

グリーンから振り返った風景。

SN3O0286

 

13番ホール 531ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5

SN3O0287

フェアウェイは左に傾斜しています。

13bIMG_6606

SN3O0291

SN3O0292

 

14番ホール 429ヤード パー4

ストレートなパー4

SN3O0294

コースの左には窪地があるので狙いはフェアウェイの右。

SN3O0295

こんな感じの窪地があります。

SN3O0296

SN3O0297

 

15番ホール 141ヤード パー3

距離の短いパー3

SN3O0298

グリーン右手前にはバンカー、左手前にはクリーク。奥にもバンカーとハザードに囲まれています。

 

16番ホール 387ヤード パー4

右ドッグレッグでティーショットがブラインドのパー4。マッケンジーのお気に入りのホール。

SN3O0299

右はOBで左に行きすぎるとセカンドショットが苦労します。セカンドは打ち下しの谷越えでグリーン右手前には巨大で深いバンカーが。

SN3O0300

グリーンも三段グリーン。

ここまで順調にラウンドしていたのですがこのホールでティーショットをOB連発して大叩き。

もう一度、チャレンジしにきたいと思います。素晴しいホールでした。

 

17番ホール 371ヤード パー4

緩やかな打ち上げでストレートなパー4

SN3O0302

SN3O0303

 

18番ホール 169ヤード パー3

谷越えのパー3

SN3O0305

谷や窪地を有効に活用した素晴らしいコースでした。マッケンジーが余生を過ごすコースに選んだのもわかります。

また訪れたいと思います。


Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. カリフォルニアゴルフ旅 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください