モンテシートの高台の斜面に造られたプライベートコース

[Montecito Country Club/モンテシートカントリークラブ]

サンタバーバラの東隣の町、モンテシートにあるモンテシートカントリークラブをラウンドしてきました。

モンテシートカントリークラブは1922年に開場。

設計はマックス・ハウエル・ベーア。その後、ずいぶんと後にジャック・ニクラスの設計事務所が改造したようです。

マックス・ベーアについて少し調べてみました。

 

マックス・ベーアはニューヨーク生まれでイェール大学ゴルフコースデザイン科の最初の卒業生。

スコットランド人の彼の祖父と父はアメリカ最古のゴルフクラブのセントアンドリュースゴルフクラブ(ニューヨーク州のヨンカースに1888年創設)のファウンダーだったようで、生粋のゴルフ家系に生まれました。

ゴルフの腕前もスクラッチプレイヤーで、1914年から1918年にかけてGolf Illustratedマガジン(1914年創刊)の最初の編集者として活躍。

その後、妻の死をきっかけに34歳でカリフォルニアに引っ越して、ゴルフコースの設計の仕事を開始しました。

彼が設計した主なコースを調べてみると

1922年 Hacienda Golf Club

1922年 Montecito Country Club

1922年 Oakmont Country Club

1924年 Lakeside Golf Club

1928年 Montebello Country Club

1929年 Rancho Santa Fe Golf Club

があり、1929年のランチョサンタフェゴルフクラブが最後の作品のようです。このランチョサンタフェも最初はアリスター・マッケンジーに設計の依頼がいったのですがマッケンジーはサイプレスポイントの設計で忙しかったので断り、その代わりにマックス・ベーアを推薦したり、1926年にはオリンピッククラブレイクコースの改造も担当したようで実力があった設計家だったようです。

ティーはブルー、ホワイト、レッドとあり、ブルーティーからティーオフ。

 

1番ホール 319ヤード パー4

距離の短い右ドッグレッグのパー4

SN3O0308

コースは正面に見える木の右側がフェアウェイで、その左の部分は別のホールです。

なので、右にある大きな木がかなり邪魔になります。

SN3O0311

コースは全体的に左に傾斜。グリーンもかなり左に傾斜していて難しかったです。

 

2番ホール 310ヤード パー4

右ドッグレッグで打ち下しのパー4

SN3O0312

セカンドも打ちおろし。太平洋が見えます。

SN3O0314

 

3番ホール 448ヤード パー4

ストレートなパー4

SN3O0315

コースは全体的に左に傾斜しています。

SN3O0316

 

4番ホール 423ヤード パー4

ストレートなパー4。

SN3O0317

先ほどのホールを平行して折り返すので今度は全体的に右に傾斜しています。

SN3O0318

 

5番ホール 189ヤード パー3

フラットなパー3

SN3O0319

 

6番ホール 320ヤード パー4

距離の短いストレートなパー4

SN3O0320

このホールは全体的に左に傾斜しています。

SN3O0321

 

7番ホール 478ヤード パー5

ストレートなパー5

SN3O0322

全体的に右に傾斜。

SN3O0323

SN3O0324

 

8番ホール 108ヤード パー3

打ち上げのパー3。

SN3O0325

グリーン右に外すと右傾斜のため苦労します

 

9番ホール 303ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

SN3O0326

コース全体が右に傾斜しています。

SN3O0327

 

10番ホール 374ヤード パー4

打ちおろしでストレートなパー4

SN3O0328

コース全体が右に傾斜しています。

SN3O0329

 

11番ホール 531ヤード パー5

ストレートなパー5

SN3O0330

今度はコース全体が左に傾斜。

SN3O0331

SN3O0332

 

12番ホール 425ヤード パー4

ストレートなパー4

SN3O0333

コース全体が右に傾斜しています。

SN3O0334

 

13番ホール 347ヤード パー4

打ち上げでストレートなパー4

SN3O0335

セカンドも打ち上げが続きます。このホールのグリーン、激ムズでした。ものすごい傾斜のところに傾斜のままグリーンが造られていたのでボールが止まりません。

こんなのあり?という今まで経験したことのないグリーンでした。

SN3O0337

 

14番ホール 153ヤード パー3

打ち下しのパー3

SN3O0338

 

15番ホール 376ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

SN3O0339

コース全体が左に傾斜しています。

SN3O0340

左を向くと太平洋が一望できます。

SN3O0341

 

16番ホール 421ヤード パー4

ストレートで全体的に右に傾斜しているパー4

SN3O0342

 

17番ホール 171ヤード パー3

左がブッシュのパー3

SN3O0343

 

18番ホール 543ヤード パー5

ストレートなパー5

SN3O0344

コースは全体的に左に傾斜しています。

SN3O0345

三打目は打ち上げに。

SN3O0346

高台の斜面に海に平行して造られているホールが多かったので常に海に向かってフェアウェイやグリーンが傾斜していて、その傾斜もかなりの勾配だったのでボールのコントロールが大変でした。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください