ドナルド・ロスの恩師、サザランドが生涯愛し続けたリンクス

[Royal Dornoch GC Championship Course/ロイヤルドーノッホGC チャンピオンシップコース]

スコットランドゴルフ旅の第13ラウンドはロイヤルドーノッホゴルフクラブ。

(※一部の書籍などではDornochをドーノックと綴られていますが、スコットランドではドーノッホと発音するので当サイトでもドーノッホと表記します。)

ロイヤルドーノッホにはチャンピオンシップシップコースとStruieコース(ストゥルーコース)の2コースあり、チャンピオンシップコースをラウンド。

チャンピオンシップコースはゴルフマガジン社の世界ゴルフ100選の2013年版で14位にランクインしています。

また4番、6番、14番ホールはThe 500 World's Greatest Golf Holesにも選出されています。(更に14番ホールは500ホールの中から最も戦略的な18ホールが選出されるThe Most Strategic Holesと全リンクスの中で素晴しい18ホールが選出されるThe Best Links Holesにも選出)

ロイヤルドーノッホGCは1877年にドーノッホゴルフクラブとして結成。当初は9ホールのコースでした。ロイヤルの称号は1906年に授けられそれ以降はロイヤルドーノッホゴルフクラブに。

そしてドーノッホと切り離すことができない人物が、ジョン・サザランド。

1883年にドーノッホゴルフクラブのセクレタリー(日本でいう支配人に相当)に就任して1941年に71歳で他界するまでロイヤルドーノッホを愛し、その役職を全うした人物。

彼が、1886年にトム・モリスをセントアンドリュースから招聘して18ホールに拡張。

そしてこの時、まだ12歳だったドーノッホ生まれのドナルド・ロスをトム・モリスに預けてセントアンドリュースに修行に出したものサザランド。

1893年にドナルド・ロスはロイヤルドーノッホに戻り、ドーノッホ所属のプロゴルファーとしてクラブ修理やコース管理を日々の業務としていたのですが、1899年にドーノッホを去り、アメリカに。

ドナルド・ロスは、その後、全米で413ものコースを設計し、世界的に有名な設計家に。

ロスの代表作のパインハーストNo.2は1907年に設計し、パインハーストを生涯、愛し、改造を続けました。

そんなドナルド・ロスも1921年に恩返しでロイヤルドーノッホに戻り、コース改造を行いました。この時、恩師のサザランドとも再会し、サザランドが1つのコースを愛し続ける姿を見て、自分もパインハーストを生涯愛し続けることを誓ったのかもしれません。

サザランドが他界して4年後に第二次世界大戦も終戦。

終戦後、全英オープン覇者のジョージ・ダンカンがロイヤルドーノッホの改造を行い現在のレイアウトに。

このダンカンの改造もサザランドの構想を受け継いだ改造案だったらしい。

 

そんなロイヤルドーノッホはコースレイアウトも最高でしたが、小高い丘と海沿いの土地を上手くループさせているルーティングが素晴らしく、穏やかに1番ホールをスタートして3番で海に出会い、少しずつ海に近づいていき、16番グリーン、17番ティー、18番ティーから海を見下ろして終わるという流れが心地良い素敵なリンクスでした。

ティーはブルー、ホワイト、イエロー、レッドとあり、ホワイトティーからティーオフ。

 

1番ホール(First) 331ヤード パー4

距離の短いパー4

01aDSC01708

01bIMG_4914

グリーン奥から振り返った風景

01zDSC01709

 

2番ホール(Ord) 177ヤード パー3

砲台(プラトー)グリーンのパー3

02DSC01711

02DSC01713

グリーン奥から海を見た風景

02DSC01715

 

3番ホール(Earl's Cross) 413ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

03bDSC01718

コースは右に傾斜しているのでかなり左を狙う必要があります。ティーグラウンドから見える一番左のバンカー狙いでちょうどいい感じ。

03cDSC01719

03dDSC01720

グリーン奥からコースを振り返った風景

03zDSC01721

 

4番ホール(Achinchanter) 422ヤード パー4

3番ホールに引き続き、フェアウェイが左から右に傾斜しているパー4。The 500 World's Greatest Golf Holesに選出されています。

04aDSC01722

04bDSC01723

04cDSC01725

 

5番ホール(Hilton) 353ヤード パー4

05aDSC01728

05bDSC01729

グリーンは縦長でグリーン手前と左はバンカー。グリーンは右に傾斜。

05cDSC01730

グリーン奥から振り返った風景。

05zDSC01731

 

6番ホール(Whinny Brae) 161ヤード パー3

左サイドはゴースと深いバンカーが配置されているパー3。The 500 World's Greatest Golf Holesに選出されています。

06DSC01733

グリーンは右と奥に傾斜しています。

06DSC01734

 

7番ホール(Pier) 479ヤード パー4

距離のあるパー4

07aDSC01736

07bDSC01737

07cDSC01738

07dDSC01739

 

8番ホール(Dunrobin) 434ヤード パー4

ティーショットのランディングポイントが斜めに二段になっているパー4

08aDSC01741

このように斜めになっていて下のフェアウェイとの高低差は15mぐらい。

08bDSC01742

08cDSC01744

08dDSC01745

グリーン奥から振り返った風景。奥に向かって下っています。

08zDSC01746

 

9番ホール(Craigliath) 529ヤード パー5

左サイドに海が続くパー5

09aDSC01747

09bDSC01749

09cDSC01751

グリーン奥から振り返った風景

09zDSC01753

 

10番ホール(Fuaran) 146ヤード パー3

手前に3つ、右サイドに2つのバンカーにガードされているプラトーグリーンのパー3

10DSC01752

グリーンは右から左に傾斜している二段グリーン

10DSC01755

 

11番ホール(A'chlach) 446ヤード パー4

11aDSC01756

11bDSC01757

11cDSC01758

グリーン奥から振り返った風景

11zDSC01762

 

12番ホール(Sutherland) 535ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5

12aDSC01760  

12bDSC01763

12cDSC01764

12dDSC01765

 

13番ホール(Bents) 171ヤード パー3

7つのバンカーに囲まれているパー3

13DSC01766

 

14番ホール(Foxy) 445ヤード パー4

ロイヤルドーノッホのシグネチャーホール、フォクシー。The 500 World's Greatest Golf Holesに選出されています。

14aDSC01767

この14番ホールにはバンカーがありません。

Foxyとは目標物のバンカーがなく距離を見誤ってしまって狐のように騙されるホールと言う意味のようです。

14bDSC01768

ティーショットがナイスショットでもセカンドショットがかなり難しいホール。

14cDSC01770

グリーンは横長のプラトーグリーン

14dDSC01772

グリーンの左手前から見た風景

14eDSC01773

グリーンの左から右サイドを見た風景

14fDSC01774

グリーン奥から振り返った風景

14zDSC01775

 

15番ホール(Stulaig) 322ヤード パー4

距離の短いパー4

15aDSC01779

こちらはブルーティー(360ヤード)からの風景

15aDSC01782

フェアウェイ真ん中に小山があります。

15bDSC01783

15cDSC01784

15dDSC01785

グリーン奥から振り返った風景

15zDSC01786

 

16番ホール(High Hole) 401ヤード パー4

打ち上げで距離のあるパー4

16aDSC01788

16bDSC01789

16dDSC01792

グリーン奥から振り返った風景

16zDSC01793

 

17番ホール(Valley) 405ヤード パー4

左ドッグレッグでティーショットのランディングポイントが二段になっているパー4

17aDSC01795

こんな感じで斜めに二段になっています。右すぎるとセカンドショットが距離が残ります。

下の段に降りるとグリーン面が見えないのでこの位置でグリーンを確認しておきます。

17bDSC01797

17cDSC01798

アプローチショットはブラインドショットになります。

17dDSC01799

17eDSC01801

18番ホールのティーグラウンドから17番グリーンを見た風景

18aDSC01803

 

18番ホール(Glenmorangie) 456ヤード パー4

距離のあるパー4

18aDSC01802

18bDSC01804

18cDSC01806

18dDSC01807

グリーン奥から振り返った風景

18zDSC01808

とにかくレイアウトがよく考えられていて、タフでしたが、楽しめる素晴らしいリンクスでした。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください