全米で初の36ホールを持つゴルフクラブ

[Merion Golf Club East Course(メリオンゴルフクラブ・イーストコース)]

アメリカ東海岸ゴルフ旅の第14ラウンドはペンシルバニア州のフィラデルフィア近郊のアードモアにあるメリオンゴルフクラブ イーストコース。

今回の旅の最終ラウンドになります。

メリオンゴルフクラブはメリオンクリケットクラブを前身として1896年に旧コースが開場。

そしてクラブは新コースの設計をメンバーのヒュー・ウィルソンに依頼。

ウィルソンは、1911年に7か月間、スコットランドとイングランドを旅して本場のリンクスを視察。

帰国後、イーストコースを設計して1912年に開場しました。(この時、旧コースは閉鎖。)

続いてウィルソンはウエストコースを設計して1914にオープン。この時、全米で初めて2つのコース(36ホール)を持つコースになりました。

メリオンの設計は一般的にはヒュー・ウィルソンだと言われていますが、ウィルソンは設計の助手にウィリアム・フリン(シネコックヒルズGCの改造などを行った人物)を雇っていて、開場後もスーパーインテンダンド(コース管理の最高責任者)として従事し、ウィルソンが1925年に他界した後も、メリオンのメンテナンスをフリンが担当していたので共同設計者と言ってもいいのかもしれません。

イーストコースは、ゴルフマガジン 2015年世界ランキング11位にランクインしていて、過去に1934、1950、1971、1981、2013年と5度も全米オープンを開催しています。 

16番ホールは、The 500 World's Greatest Golf HolesのThe Eighteen(世界のベスト18ホール)に、そしてThe Best Holes In America、The Holes Most Nearly Impossible To Get Onの18ホールの1つにも選ばれています。

18番ホールは、The Five Hundredに選ばれています。

そしてメリオンでもう1つ有名なのはウィッカーバスケットのピン。

00DSC09028

ヒュー・ウィルソンがスコットランド・イングランドに視察に行ったときにコースでみたウィッカーバスケットをメリオンで採用し、現在も使い続けています。

このウィッカーバスケットが夫人の髪留めのピンの形に似ているので現在でもピンやピンフラッグと呼ばれているという話は有名な話。

00DSC09129

ティーはバック、ミドル、フォワードとあり、ミドルティーからティーオフ。

 

1番ホール 339ヤード パー4

距離の短い右ドッグレッグのパー4

01aDSC09029

01bDSC09030

01cDSC09033

 

2番ホール 515ヤード パー5

ストレートで打ち下しのパー5。

02aDSC09034

02bDSC09035

セカンドは打ち上げ

02cDSC09038

02dDSC09041

 

3番ホール 168ヤード パー3

03DSC09043

 

4番ホール 559ヤード パー5

フェアウェイが左に傾斜しているパー5

04aDSC09045

04bDSC09046

04cDSC09048

セカンドは打ち下ろしに。

04dDSC09049

04eDSC09050

グリーン手前にはクリークが横ぎっています。

04fDSC09052

グリーン手前左サイドからクリークを見た風景

04gDSC09053

 

5番ホール 404ヤード パー4

フェアウェイが左に傾斜しているパー4

05aDSC09054

コースの左サイドはグリーン横までクリークが縦に流れています。

05bDSC09056

05cDSC09059

グリーンも右から左の傾斜がとても強かったです。

05dDSC09060

 

6番ホール 413ヤード パー4

やや右ドッグレッグのパー4

06aDSC09061

06bDSC09065

06cDSC09066

06dDSC09067 

 

7番ホール 348ヤード パー4

距離の短いパー4

07aDSC09068

セカンドは打ち上げ

07bDSC09069

グリーンから振り返った風景

07zDSC09070

 

8番ホール 342ヤード パー4

距離の短いパー4

08aDSC09071

セカンドは打ちおろし

08bDSC09074

08cDSC09077

 

9番ホール 160ヤード パー3

打ち下ろしでウォーターハザード越えのパー3

09DSC09080

グリーン手前はこのような感じになっています。

09DSC09083

10番ティーから9番グリーンの右サイドから見下ろした風景。

09zDSC09086

 

10番ホール 291ヤード パー4

距離の短い左ドッグレッグのパー4

10aDSC09087

10bDSC09088

10cDSC09089

 

11番ホール 348ヤード パー4

打ち下ろしのパー4

11aDSC09090

11bDSC09091

11cDSC09093

セカンドショットはクリーク越え。

11dDSC09094

クリークはそのまま縦に流れてグリーン右サイドに続きます。

11eDSC09095

11fDSC09096

グリーン手前から振り返った風景

11zDSC09098

 

12番ホール 351ヤード パー4

ティーショットはクリーク越えの右ドッグレッグのパー4

12aDSC09099

12bDSC09100

セカンドはやや打ち上げに。

12cDSC09103

12dDSC09105

 

13番ホール 115ヤード パー3

距離の短いパー3

13DSC09107

13DSC09109

グリーン手前のバンカーはかなり顎が高いです。

13DSC09112

 

14番ホール 396ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

14aDSC09113

セカンドは打ち上げ

14bDSC09116

14cDSC09118

14dDSC09120

 

15番ホール 358ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

15aDSC09122

セカンドは打ち上げ

15bDSC09127

15cDSC09128

 

16番ホール 407ヤード パー4

The 500 World's Greatest Golf HolesのThe Eighteen(世界のベスト18ホール)に、そしてThe Best Holes In America、The Holes Most Nearly Impossible To Get Onの18ホールの1つにも選ばれているパー4

16aDSC09130

16bDSC09132

16cDSC09134

16dDSC09135

セカンドショットはこちらの石切り場と呼ばれる荒れ地越え。不安な人は右の細いフェアウェイにレイアップもできます。

16eDSC09139

グリーン奥から振り返った風景

16zDSC09143

 

17番ホール 205ヤード パー3

距離のあるパー3

17DSC09145

17DSC09148

 

18番ホール 407ヤード パー4

距離のあるパー4

18aDSC09150

18bDSC09154

フェアウェイにはプレートが。

ベン・ホーガンが交通事故から復帰した1950年の全米オープンでこのホールをパーで上がらないとプレーオフに持ち込めなかったのを1番アイアンでここまでボールを飛ばして、見事パーを取り、翌日、プレーオフを制した時の記念のプレートです。

18cDSC09157

18zDSC09159

グリーン奥から振り返った風景。

18zDSC09160

最高のコースに最高の天気に最高の仲間。

とにかく素晴らしいコースでした。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください