マッケンジーの豪州での最高傑作で豪州No.1コース

[Royal Melbourne GC West Course/ロイヤルメルボルンGC ウエストコース]

オーストラリアのビクトリア州にあるロイヤルメルボルンゴルフクラブ・ウエストコースをラウンドしてきました。

 

ウエストコース、イーストコースの36ホールあり、2日前にイーストコースはラウンド済みです。

イーストコースの記事はこちら「全豪チャンピオンのアレックス・ラッセルが設計した世界的名コース

 

1891年にメルボルンゴルフクラブとしてコールフィールド競馬場の近くで創設し、1985年にロイヤルの称号を獲て、ロイヤルメルボルンゴルフクラブと名乗るようになり、その後、現在のコースの場所に移転し、アリスター・マッケンジーが1926年にウエストコースを設計。

ウエストコースはゴルフマガジン社が発表しているTop 100 Course in the Worldの2013年版で13位、2015年版で12位にランクインしていてマッケンジーが設計したオーストラリアのコースでは最高傑作と呼ばれています。

5番ホール、6番ホールはThe 500 World’s Greatest Golf Holesに選出されています。(6番ホールはThe Eighteenにも選出されています。)

オーストラリアではNo.1のコースでもあります。

 

1番ホール 392m パー4

コースの左はイーストコース18番ホール

01aDSC06221

グリーンの右はバンカー。手前にはスウェルが横切っています。

01bDSC06222

 

2番ホール 449m パー5

右ドッグレッグのパー5

02aDSC06226

02bDSC06227

02cDSC06228

02dDSC06230

 

3番ホール 324m パー4

左ドッグレッグのパー4

03aDSC06232

03bDSC06234

03cDSC06235

 

4番ホール 461m パー5

右ドッグレッグのパー5。左に見えるフェアウェイはイーストコース17番。

04aDSC06238

04bDSC06239

04cDSC06240

04dDSC06241

04eDSC06242

 

5番ホール 161m パー3

The 500 World’s Greatest Golf Holesに選出されているパー3

05DSC06243

 

6番ホール 391m パー4

打ち下しで右ドッグレッグのパー4。The 500 World’s Greatest Golf HolesのThe Eighteenにも選出されています。

06aDSC06245

ドッグレッグ地点のこの右のバンカーを越えると2オンが可能になります。

06bDSC06246

06cDSC06247

06dDSC06248

 

7番ホール 135m パー3

打ち上げのパー3

07DSC06251

グリーン左横から見た風景

07DSC06252

 

8番ホール 346m パー4

左のバンカーをイーストコースの1番ホールと共有しているパー4

08aDSC06253

08bDSC06254

左に見えるのはイーストコースの1番グリーン。

08cDSC06255

 

9番ホール 380m パー4

ほぼストレートなパー4

09aDSC06256

09bDSC06257

09cDSC06260

 

10番ホール 285m パー4

距離の短い左ドッグレッグのパー4

10aDSC06261

グリーンはバンカーを越えた奥にあります。

10bDSC06262

10cDSC06263

 

11番ホール 416m パー4

打ち下しで距離のある左ドッグレッグのパー4

11aDSC06264

11bDSC06266

セカンドは緩やかな打ち上げ。

11cDSC06268

 

12番ホール 435m パー5

左ドッグレッグの距離の短いパー5

12aDSC06270

12bDSC06272

12cDSC06274

グリーンは左側に配置されています。

12dDSC06275

12eDSC06276

グリーンからコースを振り返った風景。

12zDSC06277

 

13番ホール 134m パー3

13DSC06278

13DSC06279

 

14番ホール 335m パー4

右ドッグレッグのパー4

14aDSC06282

14bDSC06283

グリーン周りは多くのバンカーに囲まれています。

14cDSC06284

 

15番ホール 434m パー5

ストレートで距離の短いパー5

15aDSC06285

グリーン100m手前にはマウンドとバンカーが配置されていてフェアウェイが途切れています。

15bDSC06287

15cDSC06289

 

16番ホール 202m パー3

距離のあるパー3

16DSC06290

16DSC06292

 

17番ホール 401m パー4

左ドッグレッグの距離のあるパー4

17aDSC06293

17bDSC06295

17cDSC06296

 

18番ホール 396m パー4

右ドッグレッグのパー4

18aDSC06298

18bDSC06301

18cDSC06302

18dDSC06305

サンドベルト地帯の自然な起伏を上手く活用していて、バンカーの配置が絶妙な素晴らしいコースでした。


Comments

comments

2 Trackbacks / Pingbacks

  1. [ロイヤルメルボルンゴルフクラブ・コンポジットコース] ロイヤルメルボルンのコンポジットコース | ゴルフバカの気まぐれブログ
  2. ソウル経由でオーストラリアゴルフ旅 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください