大西洋に突き出た小さな半島に造られたコース

[Old Head Golf Links/オールドヘッドゴルフリンクス]

アイルランドゴルフ旅の第9ラウンドはアイルランド共和国のコーク州のキンセールの南の岬にあるオールドヘッドゴルフリンクス。

ケリー州生まれのアイルランド人、ジョン・オコーナーがファウンダーとして1997年に開場。

オコーナーは断崖絶壁に囲まれた小島のような半島の中に世界でも例を見ない壮大なコースを作り上げました。

言葉で説明するより、ヤーデージブックの表紙に乗っているオールドヘッドの空撮写真を見ていただくのが一番わかりやすいと思います。

thumbnail_img_7254

設計はジャック・ニクラスのゴルフコース設計事務所で活躍したロン・カービィ、オーストラリアのコース設計者のパトリック・メリガン、アイルランドのプロゴルファーで現在シニアツアーに参加しているリアム・ヒギンス、アイルランドのプロゴルファーでゴルフコース設計家のエディ・ハケット、アイルランドで最も成功したアマチュアゴルファーのジョー・カー達が交代して完成させました。

コースの造成中、自然保護団体などの反対にあい、完成までに10年以上かかりました。その間、上記のような複数の設計家が担当したことや、小島のような岬の中にぎっしりと18ホールを詰め込んだのでコースレイアウトは少し無理矢理感を感じたコースですが、このような素晴らしくダイナミックなロケーションでのゴルフは今まで経験したことがありませんでした。

とにかくロケーションは世界トップクラスなので一度、ラウンドしてみる価値は十分あります。

そして、17番ホールはThe 500 World’s Greatest Golf HolesのThe Five Hundredに、そして18ホールだけ選ばれるThe Most Penal HolesとThe Longest HolesとThe Best Ocean Holesにそれぞれ選出されています。

(※2020.1.23追記:Top 100 Course in the Worldでも1999年に一度だけ96位にランクインしていました。)

ティーはブラック(7069ヤード)、ブルー(6793ヤード)、ホワイト(6464ヤード)、イエロー(5714ヤード)、レッド(5361ヤード)とあり、ホワイトティーからティーオフ。

1番ホール(SLI NA FIRINNE) 390ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

01adsc06865

01bdsc06866

グリーンから振り返ると遠くに灯台が見えます。

01zdsc06867

2番ホール(GUN HOLE) 376ヤード パー4

ほぼ直角に左にドッグレッグしているパー4。ホール名は銃のような形だからだと思います。

02adsc06868

02bdsc06870

02cdsc06871

グリーンから振り返った風景

02zdsc06872

3番ホール(BREAM ROCK) 163ヤード パー3

左は断崖絶壁が続くパー3

03dsc06873

4番ホール(RAZOR’S EDGE) 415ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4。フェアウェイは左に傾斜しています。

04adsc06875

04bdsc06876

グリーン手前から振り返った風景

04zdsc06878

5番ホール(HAKE HEAD) 385ヤード パー4

左がOBのパー4。右のホールは先ほどの4番ホール。

05adsc06880

ティーインググラウンドから後ろを向くとオールドヘッドの灯台が。

05bdsc06879

セカンド地点から振り返った風景

05zdsc06881

6番ホール(CHOUGH’S CORNER) 468ヤード パー5

距離の短い右ドッグレッグのパー5

06adsc06882

塀の左はOB。

06bdsc06883

コースから右を見ると海が見えます。

06cdsc06884

右後方を見ると2番ホールのグリーンが見えます。

06ddsc06886

グリーン奥から振り返った風景

06zdsc06887

7番ホールに向かう途中から見える風景

06zdsc06891

7番ホール(LEGAL EAGLE) 158ヤード パー3

右がラテラルウォーターハザードのパー3

07dsc06893

ティーインググラウンドから振り返ると古い建物の外壁がそのまま残されていました。

07dsc06896

グリーン左手前から見た風景。オールドヘッドの岬の首にあたる細い道がグリーンの向こうに見えます。

07dsc06897

8番ホール(GOD’S ACRE) 495ヤード パー5

やや左ドッグレッグのパー5

08adsc06900

08bdsc06901

08cdsc06902

08ddsc06903

9番ホール(THE DOLMEN) 431ヤード パー4

距離の長い左ドッグレッグのパー4

09adsc06905

コースの右側にはドルメンと呼ばれる太古の時代に造られた石の遺物が見えます。

09bdsc06906

10番ホール(DÚN CEARMNA) 485ヤード パー5

右ドッグレッグのパー5

10adsc06908

10bdsc06909

10cdsc06910

グリーン右手前には古い建物の壁が残っています。

10ddsc06912

グリーンから振り返った風景

10zdsc06913

グリーン奥から振り返った風景

10zdsc06917

11番ホール(GALLEY HEAD) 184ヤード パー3

11dsc06916

12番ホール(COURCEAN STAGE) 537ヤード パー5

左に断崖絶壁が続く左ドッグレッグのパー5。ポツンと見える石の目印を目標にしてティーショット。

12adsc06918

12bdsc06920

セカンドは打ちおろし

12cdsc06921

グリーンに向かって狭くなっています。

12ddsc06923

12edsc06925

グリーンから振り返った風景

12zdsc06927

このホールは今までラウンドしてきた中のホールの中でも一番記憶に残るホールになりました。

13番ホール(THE SOVEREIGNS) 145ヤード パー3

13dsc06931

グリーン右手前から見た風景

13dsc06932

13dsc06933

14番ホール(RAVEN’S RUN) 411ヤード パー4

距離のある左ドッグレッグのパー4

14adsc06934

14bdsc06938

14cdsc06941

15番ホール(HAULIE’S LEAP) 284ヤード パー4

ドライバブルなパー4。このアングルはブラックティー(342ヤード)からの風景

15adsc06944

ティーインググラウンドから振り返ると先ほど12番ホールで見た断崖絶壁が見えます。

15bdsc06945

ホワイトティーから見た風景。打ちおろしです。

15cdsc06947

15ddsc06948

15edsc06949

16番ホール(COOSGORM) 163ヤード パー3

グリーンが複数のバンカーで囲まれているパー3

16dsc06952

グリーン左サイドから見た風景

16dsc06954

次の17番ホールから16番グリーンを見た風景

16dsc06956

17番ホール(LIGHTHOUSE) 575ヤード パー5

距離の長いパー5

17番ホールはThe 500 World’s Greatest Golf HolesのThe Five Hundredに、そして18ホールだけ選ばれるThe Most Penal HolesとThe Longest HolesとThe Best Ocean Holesにそれぞれ選出されています。

17adsc06955

17bdsc06959

17cdsc06962

グリーンに向かって打ちおろし

17ddsc06963

グリーンの奥には灯台の説明が石に記されていました。

17zimg_8910

18番ホール(THE SANCTUARY) 399ヤード パー4

断崖越えの左ドッグレッグのパー4

18adsc06964

少し下の向くと海が見えます。

18adsc06965

ブラックティーからパノラマで撮影してみました。

(※画像をクリックすると大きいサイズで閲覧できます。)

img_8915

18bdsc06967


Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. アイルランドゴルフ旅 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください