チャップリンが愛した風光明媚な地に造られたリンクス

[Waterville Golf Links/ウォータービルゴルフリンクス]

アイルランドゴルフ旅の第10ラウンドはアイルランド共和国のケリー州にあるウォータービルゴルフリンクス。

1889年に9ホールで開場。当時、北アメリカとヨーロッパを繋ぐ海底通信ケーブルの通信基地がウォータービルにあり、そこで働く技術者達がゴルフコースを立ち上げました。

そして長い間、9ホールのままでしたが、1973年にアイルランド系アメリカ人のジョン・ムルカヒが率いたチーム、アイルランド人のプロゴルファーで設計家のエディ・ハケット、1948年のマスターズチャンピオンのクロード・ハーモンがオリジナルの9ホールを改造し、新たに現在のフロント9を追加して18ホールに拡張しました。

そして2006年にはトム・ファジオが改造し、6番、7番ホールは完全に置き換えられました。

アイルランド最西端のリンクスと言われることがありますが、正しくはアイルランド最西端のリンクスはディングル半島の西端にあるディングルゴルフリンクスでウォータービルではありません。

ゴルフマガジン社の世界TOP100コース(2015年)の83位にランクインされていて、11番ホールと17番ホールはThe 500 World's Greatest Golf HolesのThe Five Hundredに選出されています。

ここウォータービルは、あのチャーリー・チャップリンが愛した風光明媚な海辺の保養地で、1960年代には家族で夏に度々訪れていたようです。

ティーはブルー(7378ヤード)、ホワイト(6810ヤード)、グリーン(6330ヤード)、レッド(5360ヤード)とありホワイトティーからティーオフ。

 

1番ホール(Last Easy) 395ヤード パー4

01adsc06970

01bdsc06971

 

2番ホール(Christy's Choice) 432ヤード パー4

距離のあるパー4

02adsc06972

02bdsc06974

02cdsc06975

グリーンから振り返った風景。右サイドにはクリークがグリーン横まで続いています。

02zdsc06976

 

3番ホール(Sanctuary) 408ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

03adsc06977

03bdsc06978

03cdsc06979

グリーン手前から振り返った風景

03zdsc06980

 

4番ホール(Dunes) 176ヤード パー3

04dsc06981

04dsc06983

 

5番ホール 551ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5

05adsc06984

05bdsc06986

05cdsc06988

グリーンから振り返った風景

05zdsc06989

 

6番ホール(Inny Valley) 166ヤード パー3

06dsc06990

 

7番ホール(Teacher) 404ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

07adsc06992

07bdsc06993

 

8番ホール(Hare) 402ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

08adsc06994

08bdsc06995

08cdsc06996

 

9番ホール(Prodigal) 405ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

09adsc06997

09bdsc06998

09cdsc06999

 

10番ホール(Red Breast) 450ヤード パー4

距離のあるパー4

10adsc07000

10bdsc07002

10cdsc07004

 

11番ホール(Tranquility) 477ヤード パー5

The 500 World's Greatest Golf HolesのThe Five Hundredに選出されています。

11adsc07005

11bdsc07006

11cdsc07007

グリーンから振り返った風景

11zdsc07008

 

12番ホール(Mass Hole) 164ヤード パー3

12dsc07009

 

13番ホール(Meadow Lark) 492ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5

13adsc07010

13bdsc07013

13cdsc07014

 

14番ホール(Judge) 416ヤード パー4

14adsc07015

14bdsc07016

14cdsc07017

 

15番ホール(Vale) 396ヤード パー4

15adsc07019

15bdsc07020

15cdsc07021

グリーン手前から振り返った風景

15zdsc07023

 

16番ホール(Liam's Ace) 352ヤード パー4

こちらはブルーティー(386ヤード)からの風景

16adsc07024

ブルーティーから右を見た風景

16bdsc07025

ホワイトティーからの風景はこちら。

16cdsc07026

16ddsc07029

グリーン左から海を見た風景

16edsc07030

 

17番ホール(Mulcahy's Peak) 168ヤード パー3

このコースで一番高い場所にティーインググラウンドがあるパー3

17dsc07034

ティーインググラウンドからはコース全体が見渡せます。

17dsc07035

17dsc07037

17zdsc07040

 

18番ホール(O'Grady's Beach) 556ヤード パー5

右に海が続く、距離のあるパー5

18adsc07042

18bdsc07044

18cdsc07045

18ddsc07047

グリーン奥から振り返った風景

18zdsc07048

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. アイルランドゴルフ旅 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください