世界最古のゴルフコース跡を訪問

[Leith Links(リースリンクス)]

ガランの町から西にエディンバラの町の方向に移動。

まずは世界最古のコース、リースリンクスの跡地を訪問。

DSC00607

リースリンクスは5ホール、2221ヤードのパブリックコース。1888年に都市開発のためにコースはなくなりました。
現在は公園に。

IMG_4018

公園の東側にはかつてここにリースリンクスが存在していたということを示している石碑が設置されています。

石碑の場所はジョンズプレイスという通りからダンカンプレイスという通りに分岐する辺りにありました。

0DSC00606

IMG_4020

このリースリンクスでプレーしていたゴルファー達がラウンド後、近所のパブに集まり、1744年にジェントルメン・ゴルファーズ・オブ・リースというスコットランド最古のゴルフクラブを結成し、最初の13カ条のゴルフ規則を作成しました。
その後、1768年にオナラブル・カンパニー・オブ・エディンバラ・ゴルファーズと名前を変更。
1836年にはホームコースをマッセルバラリンクスに移しました。
マッセルバラリンクスの混雑に伴い、1891年に自分達専用のコースを持つことになりました。
そのコースがミュアフィールドになります。

ちなみにセントアンドリュースをホームコースにしているロイヤル&エインシェント・ゴルフクラブ・オブ・セントアンドリュース(R&A)の前身のソサエティ・オブ・セントアンドリュース・ゴルファーズが結成されたのは1754年とリースのクラブより10年後になります。

そしてジェントルメン・ゴルファーズ・オブ・リースをスコットランド最古といったのにはわけがあります。世界最古のゴルフクラブは別にあります。

スコットランド国王のジェームス6世(イングランドではジェームス1世)が1603年にイングランドの王位を継承するためにロンドンにやってきたときに、当時リースリンクスでゴルフをしていた人達が一緒に移住して設立したブラックヒースゴルフクラブ(1608年設立)が世界最古と言われています。

つまりリースリンクスでは1600年初期以前からゴルファーがゴルフを楽しんでいました。

 

1744年の時点でのリースリンクスが存在していた時の5ホールのコースレイアウトも石碑に記されていました。

IMG_4022 IMG_4026 IMG_4027 IMG_4028 IMG_4029

スコットランドゴルフ旅は世界最古のゴルフコース跡の散歩からのスタートでした。

 

続いて現存する世界最古のゴルフコースをラウンドしに行きたいと思います。

そのコースは先ほど説明したリースリンクスからオナラブル・カンパニー・オブ・エディンバラ・ゴルファーズがホームコースを移したマッセルバラです。


Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. スコットランド ゴルフ旅 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください