2度の世界大戦中に軍用飛行場になり復活したリンクス

[Turnberry Ailsa Course/ターンベリー・アイルサコース]

スコットランドゴルフ旅の第6ラウンドはターンベリー・アイルサコース。

2014年にドナルド・トランプがコースを買収し、トランプターンベリーリゾートとコース名が変わりました。

コースは1901年にトルーンゴルフクラブ所属のウィリー・ファーニー(1883年全英オープン優勝)が設計。その後1906年にグラスゴーから鉄道が繋がり、ターンベリーのホテルも造られました。

高級リゾート地としてスタートをしましたが、第一次世界大戦でイギリス軍の軍用飛行場になり、閉鎖。

戦後はジェームス・ブレードが復元。しかし第二次世界大戦がはじまり、再びイギリス空軍基地となり、ゴルフコースは滑走路の下に消えてしまいました。

そして終戦後、1946年にマッケンジー・ロスが現在のレイアウトで復活させました。

海に浮かぶ花崗岩の島、アイルサ・クレイグ島や9番ホールと10番ホールの間にある白いターンベリーライトハウスがアクセントになる風景はとても美しいコースでした。

2013年のゴルフマガジン社の世界ゴルフ100選の18位に。

9番ホールは、The 500 World's Greatest Golf HolesのThe One Hundredに15番、16番ホールはThe Five Hundredにも選出されています。

翌週から全英女子オープンが開催されるのでコースコンディションは完璧。

ティーはブルー、ホワイト、イエロー、レッドとあり、ホワイトティー(6503ヤード、パー70)からティーオフ。

 

1番ホール(Ailsa Craig) 360ヤード パー4

01aDSC01007

01bDSC01008

01cDSC01009

グリーン左サイドから海を見た風景。遠くにアイルサクレイグ島が見えます。

01dDSC01010

 

2番ホール(Mak Siccar) 379ヤード パー4

02aDSC01011

02bDSC01012

グリーンから振り返った風景

02zIMG_4345

ここで前の組がウエッジを忘れているのを発見。

ウエッジを持っていくと、どうやら日本人のようです。

バーレーンに駐在している三人組でラマダンとラマダン明けの休みを使ってスコットランドにやってきているのだとか。

偶然にも前日もウエスタンゲイルズでラウンドしていて、私の後からティーオフしていて私の事を日本人みたいだなと思っていたようです。

一緒にどうですか?ということで三人に合流させていただきました。

 

3番ホール(Blaw Wearie) 393ヤード パー4

03aDSC01014

03bDSC01015

03cDSC01017

 

4番ホール(Woe-Be-Tide) 165ヤード パー3

ここから11番ホールまで左に海が続きます。

04DSC01018

04DSC01019

グリーンから振り返った風景

04DSC01020

 

5番ホール(Fin Me Oot) 413ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

05aDSC01021

05bDSC01022

05cDSC01023

 

6番ホール(Tappie Toorie) 222ヤード パー3

距離のあるパー3

06DSC01026

 

7番ホール(Roon The Ben') 469ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5

07aDSC01027

セカンド以降は打ちあげ

07bDSC01029

距離はなかったのですが、アゲインストで登りだったのでこのホールはタフでした。

07cDSC01030

 

8番ホール(Goat Feell) 432ヤード パー4

打ち上げのパー4

08aDSC01031

08bDSC01033

08cDSC01035

9番ティーから8番ホールを振り返った風景

08zDSC01039

 

9番ホール(Bruce's Castle) 412ヤード パー4

The 500 World's Greatest Golf Holesに選出されています。

こちらはブルーティー(452ヤード)からの風景

09aDSC01036

我々がラウンドしたホワイトティーはこのアングル。右の正面に見えるターゲット用の岩に目がけてティーショット。

09aDSC01038

09bDSC01040

ターゲット用の岩の地点からティーグラウンドを振り返った風景

09bIMG_4358

左を見ると灯台が見えます。

09zDSC01042

グリーン奥からコースを振り返った風景

09zIMG_4359

 

10番ホール(Binna Fouter) 447ヤード パー4

10aDSC01043

茶店があったので灯台のロゴのアイルサアンバーエールで乾杯。

10aIMG_4364

風が心地よいです。

10aIMG_4365

パノラマで撮影してみました。

(※クリックすると大きなサイズで閲覧できます。)

10aIMG_4362

コースは海のほう(左)に傾斜しています。

10bDSC01047

10cDSC01049

グリーン手前からコースを振り返った風景

10zDSC01048

11番ティーから10番グリーンを見た風景

11zIMG_4373

 

11番ホール(Maidens) 160ヤード パー3

海沿いはこのホールまで。

11DSC01051

ティーグラウンドから灯台を見た風景

11DSC01053

ブルーティーから見た風景

11DSC01054

 

12番ホール(Monument) 388ヤード パー4

グリーン右の丘の上に第一次世界大戦時に亡くなったパイロットを追悼するモニュメントがあるホールです。

12aDSC01055

12bDSC01056

右の丘の上に見えるのがモニュメント。

12cDSC01058

 

13番ホール(Tickly Tap) 380ヤード パー4

やや右ドッグレッグのパー4

13aDSC01059

ティーグラウンドを振り返った風景

13bDSC01060

13cDSC01061

 

14番ホール(Risk-An-Hope) 402ヤード パー4

14aDSC01064

14bDSC01066

14cDSC01068

 

15番ホール(Ca' Canny) 183ヤード パー3

15DSC01071

15DSC01073

グリーン左から海を見た風景

15DSC01075

 

16番ホール(Wee Burb) 422ヤード パー4

16aDSC01076

こちらはブルーティー(455ヤード)からの風景

16aDSC01077

16bDSC01078

16cDSC01079

グリーン手前にはクリークが流れています。

16dDSC01081

グリーン右サイドからグリーンを見た風景

16zDSC01083

 

17番ホール(Lang Whang) 498ヤード パー5

17aDSC01082

17bDSC01084

コース左側の丘から海を見た風景

17cDSC01085

17dDSC01086

17eDSC01088

17fDSC01089

 

18番ホール(Duel In The Sun) 378ヤード パー4

18aDSC01093

スコットランド国旗のたなびき方で風の強さが分かると思います。

18bDSC01094

グリーンから振り返った風景

18zDSC01097

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. スコットランド ゴルフ旅 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください