北海の断崖にある古城が見えるコース

[Crudenbay GC Championship Course/クルーデンベイGCチャンピオンシップコース]

スコットランドゴルフ旅の第11ラウンドはクルーデンベイゴルフクラブ。

この地でのゴルフは1791年のクルーデンゴルフクラブにまで遡ります。

現在のコースより北側のスレインズ城近くで9ホールのゴルフコースがあったという記録が残っています。

00DSC01515

そして1899年にグレートノースオブスコットランドレイルウェイがクルーデンベイホテルと一緒に現在の土地にコースを開発。

設計はオールド・トム・モリスと助手としてアーチー・シンプソンが担当。

この時、9ホールのレディースコース(セントオラフコース)も同時にオープンしました。

クルーデンベイゴルフクラブが設立されたのは1900年の前後で、1926年にはトム・シンプソンとハーバート・ファウラーが改造をして現在のレイアウトになりました。

クルーデンベイホテルは、1947年に取り壊されて軍に接収されましたが、その跡地に現在のクラブハウスが建てられて現在に至ります。

00IMG_4783

ゴルフマガジン社の2013年版の世界ゴルフ100選では79位にランクインされています。

また4番ホールはThe 500 World's Greatest Golf Holesにも選出されています。(更にこの500ホールの中から最も景観の良い18ホールが選出されるThe Most Scenic Holesにも選出)

ティーはブルー、ホワイト、イエロー、レッドとありホワイトからティーオフ。

 

1番ホール(Slains) 415ヤード パー4

ストレートなパー4

01aDSC01516

01bDSC01517

01cDSC01518

 

2番ホール(Crochdane) 331ヤード パー4

距離の短いパー4

02aDSC01519

02bDSC01520

02cDSC01521

コースを振り返った風景

02zDSC01522

 

3番ホール(Claypits) 274ヤード パー4

ブラインドのパー4

03aDSC01523

03bDSC01526

03cDSC01527

 

4番ホール(Port Erroll) 195ヤード パー3

The 500 World's Greatest Golf Holesに選出されています。

04DSC01528

 

5番ホール(The Buck) 455ヤード パー4

距離のあるパー4

05aDSC01530

ティーグラウンドから振り返ると遠くにドラキュラ城のモデルになったと言われているスレインズ城が見えます。

05bDSC01531

スレインズ城を拡大して撮影してみました。

05cDSC01532

05dDSC01534

05eDSC01535

グリーンは縦長で途中から急激な下りに。

05fDSC01536

 

6番ホール(Bluidy Burn) 525ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5

06aDSC01537

06bDSC01538

正面に見える薄い緑色の部分は花道でグリーンはその左の高台の部分。

06cDSC01540

06dDSC01541

グリーン手前にはクリークが流れています。

06eDSC01542

06fDSC01544

06gDSC01545

 

7番ホール(Whaupshank) 380ヤード パー4

セカンドが打ち上げの左ドッグレッグのパー4

07aDSC01546

こちらはブルーティー(449ヤード)からの風景

07aDSC01548

セカンドは打ち上げ

07bDSC01549

07cDSC01550

グリーンから振り返った風景

07zDSC01551

 

8番ホール(Ardendraught) 257ヤード パー4

ドライバブルなパー4

08aDSC01553

08bDSC01554

グリーンから振り返った風景

08zDSC01555

9番ホールに続く通路から8番グリーンを見た風景

08zDSC01556

 

9番ホール(Hawklaw) 452ヤード パー4

左に北海が続く距離のあるパー4

09aDSC01562

ティーグランドから振り返った風景。遠くにスレインズ城が見えます。

09baDSC01558

スレインズ城を拡大して撮影

09bbDSC01564

09bcDSC01560

09cDSC01566

09dDSC01568

グリーン奥からコースを振り返った風景

09zDSC01570

 

10番ホール(Scaurs) 380ヤード パー4

打ち下しのパー4

10aDSC01573

セカンドはクリーク越え

10bDSC01575

10cDSC01576

 

11番ホール(Mishanter) 147ヤード パー3

グリーン手前にクリークが流れる砲台グリーンのパー3

11DSC01577

グリーン手前にはこのようにクリークが流れています。

11DSC01579

グリーン奥から振り返った風景

11DSC01578

 

12番ホール(Finnyfal) 311ヤード パー4

距離の短いパー4

12aDSC01580

12bDSC01581

12番グリーンの右上の高台に登り、海の方向を見るとエクストラホールが。

ピンフラッグは立っていませんでしたがグリーンは整備されていました。

12cDSC01582

 

13番ホール(Bents) 575ヤード パー5

13aDSC01584

13bDSC01585

コースの途中には曲がりくねったクリークが横ぎっています。

13cDSC01586

13dDSC01588

13eDSC01589

 

14番ホール(Whins) 389ヤード パー4

打ち上げでセカンドがブラインドのパー4。グリーンの形状がとても印象的なホールでした。

14aDSC01590

14bDSC01591

14cDSC01592

ターゲットの赤白の棒を越えると急激な下りでグリーンに。

14dDSC01593

グリーン奥から振り返った風景

14zDSC01595

 

15番ホール(Blin' Dunt) 200ヤード パー3

ブラインドの距離のあるパー3。狙いは斜面の中腹にある赤白のターゲット棒

15DSC01598

小山の向こうにグリーンがありました。

15DSC01599

 

16番ホール(Coffins) 180ヤード パー3

16aDSC01600

16bDSC01601

 

17番ホール(Billin' Wallie) 424ヤード パー4

距離のあるパー4

17aDSC01602

コース途中に小山があります。

17bDSC01603

17cDSC01605

グリーンから振り返った風景

17zDSC01606

 

18番ホール(Hame) 397ヤード パー4

18aDSC01607

18bDSC01609

クルーデンベイは私が大好きなリンクスの1つになりました。

各ホールともメモラビリティーが高く、それぞれ特徴があり、食べ物に例えると、幕の内弁当のようにいろいろと楽しめる素晴らしいコースだと思います。


Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. スコットランド ゴルフ旅 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください