世界で最もコピーされたホール、レダン

[North Berwick GC The West Links Course/ノースベリックGCウエストリンクスコース]

スコットランドゴルフ旅の第4ラウンドはノースベリックゴルフクラブ。

North Berwickと綴るのでノースバーウィックと発音する人もいますがスコットランド人はこれでノースベリックと発音するらしい。

00aIMG_4179

地元の人達はウエストリンクスという愛称で呼んでます。

これはノースベリックの街に東側にグレンゴルフクラブというリンクスがあり、こちらをイーストリンクスと呼びに対して、ノースベリックが西側にあるのでウエストリンクス。

00bIMG_4180

ノースベリックゴルフクラブは1832年に設立。

各ホールにはホール名がつけられていて、特に15番のパー3のレダンは世界中のコースでコピーされている名ホールと言われているのでラウンド前から楽しみにしていました。

2013年の世界ゴルフ百選では68位にランクインしています。

そして7番、9番、15番ホールは、The 500 World's Greatest Golf Holesにも選出されています。(更に15番ホールは全リンクスの中で素晴しい18ホールが選出されるThe Best Links Holesにも選出)

更に15番のレダンはこの500ホールの中から18ホールだけ選ばれるThe Best Links Holesにも選出されています。

実際、ラウンドした感想は、素晴らしいコースで感動の連続でした。

今まで私がラウンドしたコースの中で一番好きなコースはペブルビーチゴルフリンクスだったのですが、それに匹敵するぐらいの感動がありました。

ペブルビーチとノースベリック。

ペブルビーチは感動がダイナミックに伝わる緩急があるコース。

ノースベリックは感動がずっとジワジワと続き、全ホールがワクワクするコース。

感動の波が違うので比較できず私の中では両方No.1のコースになりました。

動がペブルビーチで静がノースベリックでしょうか。

ティーはブルーティーから。

 

1番ホール(Point Garry (out)) 312ヤード パー4

右に海が続く距離の短いパー4

01aDSC00764

01bDSC00766

セカンドは窪地越え。

01cDSC00767

01dDSC00768

グリーンから振り返った風景

01zDSC00769

 

2番ホール(Sea) 414ヤード パー4

右に海岸線が続く、距離のあるパー4

02aDSC00771

1番もプレッシャーを受けるレイアウトでしたが、この2番もプレッシャーがあります。

安全に左に逃げるとセカンドが厳しくなるので勇気が試されるホール。

02bDSC00773

02cDSC00775

 

3番ホール(Trap) 444ヤード パー4

ストレートで距離のあるパー4

03aDSC00777

03bDSC00779

03cDSC00782 

コース途中には壁があります。子どもたちがコースを横切り海岸に向かってました。

03dIMG_4188

03eDSC00785

03fDSC00786

 

4番ホール(Carlekemp) 168ヤード パー3

04DSC00789

グリーン奥からコースを振り返った風景。

04zDSC00792

 

5番ホール(Bunkershill) 359ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

05aDSC00791

05bDSC00794

05cDSC00795

グリーンからコースを振り返った風景

05dDSC00796

 

6番ホール(Quarry) 139ヤード パー3

グリーンがバンカーに囲まれているパー4

06DSC00797

手前に横長のバンカーが1つ。左右に2つずつのバンカーが配置されています。

06DSC00800

 

7番ホール(Eil Burn) 344ヤード パー4

グリーン手前にクリークが横切っているパー4。

The 500 World's Greatest Golf Holesに選出されています。

07aDSC00801

07bDSC00802

07cDSC00803

07dDSC00805

 

8番ホール(Linkhouse) 487ヤード パー5

ストレートなパー5

08aDSC00807

08cDSC00810

08dDSC00811

08eDSC00812

 

9番ホール(Mizzentop) 502ヤード パー5

やや左ドッグレッグのパー5

The 500 World's Greatest Golf Holesに選出されています。

09aDSC00814

09bDSC00815

09cDSC00818

 

ここから折り返してクラブハウスに戻ります。

 

10番ホール(Eastward Ho!) 153ヤード パー3

10DSC00820

10DSC00821

 

11番ホール(Bos'ns Locker) 523ヤード パー5

11aDSC00822

11bDSC00824

11cDSC00825

 

12番ホール(Bass) 363ヤード パー4

ティーショットはクリーク越えで左ドッグレッグのパー4

12aDSC00827

12bDSC00828

12cDSC00829

12dDSC00831

 

13番ホール(Pit) 362ヤード パー4

セカンドがPitと呼ばれる壁越えになるパー4

13aDSC00832

13bDSC00833

グリーンは遠く左サイドに見える壁の向こうにあります。

13cDSC00834

グリーンが見えてきました。

13eDSC00837

同伴者の若い飛ばし屋の白人は強いフォローの風もあり、ティーショットをグリーン手前まで飛ばしていました。

13fIMG_4194

13gDSC00838

グリーンからコースを振り返った風景。

13zDSC00839

14番ティーから13番グリーンを振り返った風景。

13zIMG_4195

 

14番ホール(Perfection) 358ヤード パー4

左ドッグレッグでセカンドが海辺のグリーンに向かって打ちおろしのブラインドショットになっているパー4

14aDSC00840

14bDSC00843

セカンドは写真中央にある目標物のある下に丘越えのブラインドショット。

14cDSC00844

14dIMG_4196

14eDSC00846

グリーンからコースを振り返った風景

14zDSC00848

ホールアウトしたら後続組のためにこの鐘を鳴らして知らせます。

14zDSC00850

 

15番ホール(Redan) 178ヤード パー3

世界で最もコピーされているホールのレダン。

The 500 World's Greatest Golf Holesに選出されている。

15DSC00851

グリーンは左斜め45度に伸びていてそれに沿ってバンカーも左に配置されています。 

15DSC00853  

 

16番ホール(Gate) 360ヤード パー4

コース途中にクリークが横切っていてグリーンの形状がとてもユニークなパー4

16aDSC00857

16bDSC00858

ティーショットがこのクリークを越えるとセカンドショットが楽になります。

16cDSC00862

16dDSC00863

16dDSC00864

16eDSC00865

グリーンが斜め45度に縦長になっていてグリーンの途中が窪んでいます。

このグリーンの真ん中が窪んでいる形状は、C・B・マクドナルドやセス・レイナー達がコピーしているビアリッツグリーンに似ています。

ビアリッツグリーンで有名なビアリッツゴルフクラブは現存してませんが、ノースベリックでグリーンキーパーを務めたウィリー・ダン・Jr.がビアリッツGCを設計したのでパー4とパー3の違いはありますが、このホールが元祖と考えてることもできます。

16fDSC00866

この日のピンは窪んだ奥側に。

16gDSC00867

私のセカンドは運よくピン横のカラーまで転がったのでラッキーでしたが、ボールの場所によっては3パット以上も覚悟しないといけないグリーンでした。

16hDSC00868

グリーン奥から振り返った風景

16zDSC00873

こちらはグリーン横からみたグリーンの窪地。

16zDSC00877

 

17番ホール(Point Garry (in)) 405ヤード パー4

グリーン手前に長いバンカーが横切っているパー4

17aDSC00876

17bDSC00879

グリーンは打ち上げになり、このように右斜め奥に向けて横長のバンカーが横ぎっています。

17cDSC00880

17dDSC00881

コースを振り返った風景

17zDSC00882

 

18番ホール(Home) 269ヤード パー4

距離の短いパー4

18aDSC00883

コースの右側には駐車場があり、駐車された車が常に満車の状態。

スライスしたら車に傷つけてしまいます。距離も短いのでアイアンでティーショット。

IMG_4178

18bDSC00888

何度も訪れたい素晴らしいリンクスでした。


Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. スコットランド ゴルフ旅 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください