オールドトムとコルトが造り上げた北アイルランドにある世界一のリンクス

[Royal County Down GC Chanpionship Links/ロイヤルカウンティダウンGCチャンピオンシップリンクス]

アイルランドゴルフ旅の第2ラウンドは北アイルランドのニューカッスルにあるロイヤルカウンティダウンゴルフクラブ チャンピオンシップリンクス。

 

1889年3月、ベルファストとニューカッスルを結ぶ鉄道の駅のそばに海沿いのリゾートコース(9ホール)として、カウンティダウンゴルフクラブの名前で開場。

同年の7月にオールド・トム・モリスが来場し、わずか4ポンドの報酬で追加の9ホールを設計し、18ホールになりました。

1908年にはハリー・バートンが改造を行い、同じ年にエドワード7世がロイヤルの称号を授けて現在の名前に。

そして1926年にはハリー・コルトが改造し、この時に世界的に評価の高い4番、9番ホールも誕生したという歴史があります。(4番、9番はThe 500 World’s Greatest Golf Holesに選出されています。)

00img_8161

ゴルフマガジン社の2015年の世界ゴルフ100選では5位に、そして米国のゴルフダイジェスト社の最新のランキングでは1位にランキングされています。

ゴルフマガジン社の1位はパインバレー、2位はサイプレスポイント、3位はセントアンドリュース、4位はオーガスタナショナルで、その次にランクイン。

私は、今まで世界中の700コース以上ラウンドしてきていますが、自分がNo.1だと思うコースはゴルフマガジン7位のペブルビーチでした。

そのペブルビーチを抜かし、ロイヤルカウンティダウンは、私のNo.1のコースになった素晴らしいリンクスでした。

おそらくこの私の1位を奪うコースは、サイプレスポイントぐらいしかなさそうな気がしています。

 

そんな私にとってもゴルフダイジェストにとっても世界一のリンクス。いよいよティーオフです。

ロイヤルカウンティダウンにはもう1つ、Annesley Linksという距離が短いコースもあります。

00img_8166

ティーはチャンピオンシップティー(ブルー7186ヤード)、メダルティー(ホワイト6878ヤード)、ステーブルフォードティー(イエロー6675ヤード)、レディースティー(レッド6249ヤード)があり、ステーブルフォードティーからティーオフ。

 

1番ホール 503ヤード パー5

ストレートなパー5

01adsc06258

01bdsc06262

01cdsc06263

グリーン奥から振り返った風景

01zdsc06265

 

2番ホール 387ヤード パー4

02adsc06266

02bdsc06269

グリーンは正面に見えるバンカーのマウンドの向こう

02cdsc06271

グリーン右手前からグリーンを見た風景

02ddsc06273

 

3番ホール 455ヤード パー4

右に海が見える距離あるパー4

03adsc06276

ティーグラウンドから右を見るとアイリッシュ海が見えます。

03bdsc06275

セカンドはマウンド越え。

03cdsc06279

03ddsc06280

セカンドショットはグリーン奥にある白黒のポールを目標にショットします。

03edsc06282

グリーン左サイドからアイリッシュ海を見た風景

03fdsc06283

 

4番ホール 202ヤード パー3

距離のある打ち下ろしのパー3。The 500 World’s Greatest Golf Holesに選ばれています。

同じくThe Most Scenic HolesとThe Most Penal Holesの18ホールの中の一つにも選ばれています。

04dsc06287

ティーグラウンドから左を見た風景。アイリッシュ海が見えます。

04img_8176

 

5番ホール 419ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

05adsc06288

05bdsc06289

05cdsc06290

05ddsc06292

05edsc06293

 

6番ホール 355ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

06adsc06294

06bdsc06295

06cdsc06296

06ddsc06297

 

7番ホール 125ヤード パー3

距離の短いパー3

07dsc06299

グリーンから左のアイリッシュ海を見た風景

07dsc06300

 

8番ホール 414ヤード パー4

08adsc06302

08bdsc06303

08cdsc06304

08ddsc06306

 

9番ホール 427ヤード パー4

距離のあるパー4。The 500 World’s Greatest Golf HolesのThe Eighteenに選ばれています。

同じく、The Single Best Holes by Number、The Lonset Holes、The Best Mountain Holes、The Best Links Holesの18ホールの中の1つに選ばれているホールです。

まずこのティーグランドに立つと景観のダイナミックさに感動を覚えます。

ティーショットは右の山すそ狙いで山越えのパー4。

09adsc06307

ティーグラウンドから左を見るとアイリッシュ海が見えます。

09bdsc06308

そしてこのホールで二度めに驚くのがセカンドショット地点に向かう途中の風景。

右の山を越えるとこのような打ち下ろしになっています。

09cdsc06311

さらにグリーン正面にはバンカーが。

私のティーショットはナイスショットでセカンドショットはこの位置からでしたが見事に正面のバンカーにつかまりパーオンならず。

09ddsc06312

グリーン正面のバンカーからコースを振り返った風景。ティーショットはこの山を越えてきたわけです。

09edsc06314

とにかくこのホールは今までラウンドしてきたホールの中で一番感動したホールでした。

 

10番ホール 180ヤード パー3

10dsc06316

グリーン手前から見た風景

10dsc06317

 

11番ホール 430ヤード パー4

右ドッグレッグでブラインドのパー4

11adsc06318

11bdsc06319

11cdsc06320

 

12番ホール 469ヤード パー5

距離の短いパー5

12adsc06321

12bdsc06322

12cdsc06323

12ddsc06324

 

13番ホール 423ヤード パー4

距離が長い右ドッグレッグのパー4

13adsc06325

距離が長い上にセカンドはデューン越えになります。白黒のポールが見えるのでその方向に。

13bdsc06326

フェアウェイは左に大きく傾斜しているのでショートすると右端のフェアウェイに落ちても左のラフまで転がります。

13cdsc06329

 

14番ホール 202ヤード パー3

14dsc06331

グリーン手前からグリーンを見た風景

14dsc06332

 

15番ホール 454ヤード パー4

右ドッグレッグの距離のあるパー4

15adsc06334

15bdsc06335

グリーンの左手前には窪地があります。

15cdsc06336

 

16番ホール 300ヤード パー4

距離の短いパー4

16adsc06339

16bdsc06341

 

17番ホール 402ヤード パー4

17adsc06342

17bdsc06343

コース中央にウォーターハザードがあります。

17cdsc06344

 

18番ホール 528ヤード パー5

18adsc06346

18bdsc06347

18cdsc06349

ロイヤルカウンティダウンは、とにかく素晴らしく、私の中では世界一のゴルフコースだと思えるコースでした。

 

ラウンドを終えた後の感想は、過去、私がラウンドした700コースの中で一番ダイナミックで地形を活かしたコースとはこのコースの事だと思いました。

そして、少し時間をおいて3か月後にブログの更新をして再び、写真を見るとそこまでダイナミックに見えません。

また、私は海が見えるコース、海が近くに感じることができるコースが大好きです。

そしてロイヤルカウンティダウンも海は見えるし近いですが、海岸線沿いはデューンで海が見えるわけでもなく、海越えがあるわけでもなく、過去にラウンドしたコースでもっと海を感じることができるコースは他にもたくさんありましたが、それでもやはりロイヤルカウンティダウンは私の中で今でもNo.1だと言えます。

その素晴らしさは写真では伝わらなくて、このコースを訪れてショットをして歩いて初めてその壮大さ、楽しさを理解できると思いますのでぜひ機会を作ってラウンドしてほしいなと思います。


Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. アイルランドゴルフ旅 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください