ピッツバーグ郊外に造られたレイナー設計のコース

[Fox Chapel Golf Club/フォックスチャペルゴルフクラブ]

アメリカ東海岸ゴルフ旅の第13ラウンドはペンシルバニア州のピッツバーグにあるフォックスチャペルゴルフクラブ。

1923年に設立されて、セス・レイナーがコース設計を担当。コースがオープンしたのは1925年になります。

開場後、幾度となく改造されてきましたが、1990年代の半ばからブライアン・シルバがレイナー設計のオリジナルのレイアウトに復元しています。

ゴルフマガジン 2015年USランキング95位にもランクインしていて、6番ホールはThe 500 World's Greatest Golf HolesのThe Five Hundred(世界のベスト500ホール)にも選ばれています。

ティーはチャンピオンシップ、バック、ミドル、フォックスチャペル、フォワードとあり、バック(6237ヤード、パー70)からティーオフ。

 

1番ホール(Away) 382ヤード パー4

緩やかに右にドッグレッグしているパー4

01aDSC08888

01bDSC08891

 

2番ホール(Punch Bowl) 460ヤード パー5

距離の短くグリーンがパンチボウル状のパー5

02aDSC08894

コースは左から右に傾斜しているので常に左狙いがベスト。

02bDSC08895

02cDSC08897

02dDSC08899

グリーン奥から振り返った風景

02zDSC08900

 

3番ホール(Eden) 159ヤード パー3

池越えのパー3

03DSC08902

 

4番ホール(Long) 434ヤード パー4

距離の長いパー4

04aDSC08903

04bDSC08904

04cDSC08905

グリーン奥から振り返った風景

04zDSC08906

 

5番ホール(Cape) 324ヤード パー4

ケープホール。クリーク越えです。

05aDSC08907

フォックスチャペルのケープホールと同じレイナーが設計したくフィッシャーズアイランドクラブのケープホールをラウンドして思ったことはどちらのケープホールも今まで私が理解していたケープホールの要素とは少し違うということ。

そこでコース設計でよく語られるクラシック理論って何だろうとふと思いました。これについてはこの旅の最後の記事でまとめてみたいと思います。

05bDSC08908

05cDSC08909

グリーンから振り返った風景

05zDSC08910

 

6番ホール(Redan) 182ヤード パー3

リバースレダンのパー3

06DSC08911

リバースレダンなので左手前から右奥にグリーンは流れています。

06DSC08912

こちらは左手前から見たグリーン。

06DSC08913

右手前から見たグリーン。

06DSC08915

左手前から右奥にみたグリーン。

06DSC08918

 

7番ホール(Alps) 269ヤード パー4

距離の短いパー4

07aDSC08920

07bDSC08921

アルプスというホール名が付いていますがアルプスをイメージするような小山は見当たらず。

07cDSC08922

どうやらグリーン右手前に盛り上がっている起伏のことをさしているようです。

07dDSC08923

グリーン奥から振り返った風景

07zDSC08925

 

8番ホール(Plateau) 432ヤード パー4

やや右ドッグレッグで距離のあるパー4

08aDSC08926

08bDSC08927

08cDSC08928

グリーンは砲台グリーン

08dDSC08929

左手前からグリーンを見た風景。右側はアゴの高いバンカーが配置されています。

08eDSC08931

 

9番ホール(Dustpan) 410ヤード パー4

距離のあるストレートなパー4

09aDSC08932

オリジナルはグリーン手前の真ん中にライオンズマウスと呼ばれるバンカーが配置されていました。近々、リストアされる予定です。

09bDSC08933

 

10番ホール(Spring House) 394ヤード パー4

左から右にフェアウェイが傾いているパー4

10aDSC08934

10bDSC08935

10cDSC08936

 

11番ホール(Short) 138ヤード パー3

ショート理論のパー3

11DSC08938

11DSC08941

 

12番ホール(Leven) 321ヤード パー4

距離の短いパー4

12aDSC08942

12bDSC08943

12cDSC08945

 

13番ホール(Corner) 415ヤード パー4

距離のある右ドッグレッグのパー4。右サイドはOB。

13aDSC08946

右のOBラインをギリギリ狙うとベストポジション。

13bDSC08947

13cDSC08949

13dDSC08950

 

14番ホール(Roders Field) 380ヤード パー4

右OBのパー4

14aDSC08951

14bDSC08952

14cDSC08953

14dDSC08954

 

15番ホール(Step) 365ヤード パー4

セカンドがクリーク越えのパー4

15aDSC08955

15bDSC08956

15cDSC08957

 

16番ホール(Raynor's Prize) 412ヤード パー4

16aDSC08958

16bDSC08959

16cDSC08961

 

17番ホール(Biarriz) 223ヤード パー3

距離のあるパー3。ビアリッツグリーンのホール。

17DSC08963

17DSC08965

グリーン左サイドからビアリッツのスウェル部分を撮影した風景

17DSC08967

フォックスチャペルのビアリッツは、かなり深くて大きなスウェルがあるビアリッツグリーンでした。

17IMG_2352

 

18番ホール(Glade Run) 537ヤード パー5

セカンドショットがクリーク越えのパー5

18aDSC08970

右側にはクリークが続いています。

18bDSC08971

18cDSC08972

18dDSC08973

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. アメリカ東海岸ゴルフ旅 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください