世界一狭いフェアウェイがあるリンクス

[The Island Golf Club(ジ・アイランドゴルフクラブ)]

アイルランドゴルフの第1ラウンドは、ジ・アイランドゴルフクラブ。

開場は1890年。アイルランドで最も古いゴルフ場の1つと言われています。

オリジナルの設計者は不明ですが、フレッド・ハウツリーとエディ・ハケットが改造し、その後、マーティン・ハウツリーも改造して現在の状態になっています。

 

アイランドゴルフクラブと名付けられていますが島にはゴルフ場がありません。かつては島だったのですが現在はアイルランド本島と陸続きになっている岬の先端に造られました。

マラハイドという対岸の町からゴルフ場に行くのに船を使って島に渡るように移動していたので、そのように名づけられたのだとか。

そして、昔はゴルフを終えたプレイヤーはクラブハウスから巨大な赤と白のディスクを掲げて対岸の船乗りに知らせて迎えにきてもらっていたようです。

古いクラブハウスはマラハイドから渡る船が着岸しやすいように岬の突端に造られていてましたが、1973年に新しいクラブハウスが現在の位置に建てられてホールナンバーがずれて今のレイアウトになっています。(現在の13番ホールがかつての18番ホール、現在の14番ホールがかつての1番ホールとローテーションするようにずれています。)

13img_8090

この写真は現在の13番ホールつまり、昔の18番ホール。このグリーンの先に旧クラブハウスがありました。そして対岸のマラハイドにゴルファーは帰っていきました。

 

こちらは現在のクラブハウス。

00aimg_8075

まずはブッシュミルズでハイボール。明日、北アイルランドに移動して、明後日に蒸留所見学に行く予定です。

00img_8078

記事中の距離はメートル表記(アイルランドではヤード表記のほうが多かったですがこのクラブはメートル表記でした)です。

ティーはホワイト(6271m)、グリーン(6003m)、レッド(5436m)とあり、グリーンからティーオフ。

 

1番ホール(Partrigde Hollow) 382m パー4

距離のあるパー4

01adsc06172

01bdsc06174

グリーン奥から振り返った風景

01zdsc06175

 

2番ホール(Caul's View)  338m パー4

02adsc06177

ティーグラウンドから南東の海をみた風景。海の向こうにホウスという港町がある岬が見えます。

02aimg_8080

北東の海をみた風景。昨日、飛行機の窓から見下ろしたランベイ島が見えます。

02aimg_8081

02bdsc06179

 

3番ホール(Lambay) 380m パー4

右に海が続く距離のあるパー4

03adsc06180

03bdsc06181

03cdsc06182

 

4番ホール(Skylark's Nest) 356m パー4

04adsc06183

04bdsc06184

04cdsc06186

 

5番ホール(Desert) 313m パー4

距離の短いブラインドのパー4

05adsc06187

道の丘の上からグリーンを見た風景

05bdsc06188

05cdsc06189

 

6番ホール(Ridge) 303m パー4

距離の短いパー4

06adsc06193

ティーショットが左に行きすぎると高い丘が邪魔になりグリーンが狙いにづらくなります。

06bdsc06194

06cdsc06195

 

7番ホール(Tower) 399m パー4

距離のあるパー4

07adsc06197

07bdsc06198

07cdsc06199

 

8番ホール(Well) 268m パー4

距離の短いパー4

08adsc06200

セカンドは打ちおろし

08bdsc06201

左の小山の上に登ってグリーンを見た風景。

08cdsc06202

08ddsc06204

 

9番ホール(Bowl) 145m パー3

フロント9、唯一のパー3

09dsc06206

09dsc06207

 

10番ホール(Quarry) 462m パー5

初めてのパー5。(フロント9にはパー5がありません)

10adsc06208

10bdsc06209

グリーンは右サイドに配置されていて、右手前は窪地になっています。

10cdsc06212

グリーン奥には入り江が見えます。

10zdsc06213

グリーン奥から振り返った風景

10zdsc06214

 

11番ホール(Cricket Field) 362m パー4

右ドッグレッグのパー4

11adsc06215

11bdsc06217

 

12番ホール(Valhalla) 384m パー4

左ドッグレッグのパー4

12adsc06218

12bdsc06219

12cdsc06220

 

13番ホール(Broadmeadow) 197m パー3

距離のあるパー3。

13dsc06221

開場時は18番ホールでした。

13dsc06224

13dsc06225

このホールをホールアウトして次の14番ホールに向かう途中に記念のプレートが。

当時、マラハイドから船に乗ってきたということと、この先にクラブハウスがあったと記していました。

13dsc06228

 

14番ホール(Old Clubhouse) 315m パー4

距離の短いパー4。右は入り江。世界一狭いフェアウェイのホールと言われています。

14adsc06229

フェアウェイから少し振り返って対岸のマラハイドを見た風景。

14bdsc06230

右サイドはずっと赤杭が続きます。

14cdsc06231

14ddsc06232

元々はこのホールがスタートホールでした。いきなり世界一狭いフェアウェイのホールから始まるのは大変だったでしょうね。

14ddsc06233

グリーンの奥から振り返った風景。このアングルで見るとフェアウェイの狭さがわかると思います。

14zdsc06234

 

15番ホール(Prairie) 474m パー5

ブラインドのパー5

15adsc06235

15bdsc06236

15cdsc06237

15ddsc06238

15edsc06239

グリーン奥から振り返った風景

15fdsc06240

 

16番ホール(Andes) 158m パー3

16dsc06241

16dsc06243

 

17番ホール(Ireland's Eye) 355m パー4

17adsc06244

17bdsc06245

 

18番ホール(Boulia Field) 421m パー4

距離のあるタフなパー4

18adsc06246

18bdsc06247

18ddsc06249

 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. アイルランドゴルフ旅 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください