シングルポットスチルの真のアイリッシュウイスキー

[Slieve Donard Resort & Spa(スリーブドナルド・リゾート&スパ)]

夕食を終えた後はロイヤルカウンティダウンGCのすぐ隣のホテルのスリーブドナルド・リゾート&スパにチェックイン。

時間は23時半。運転とゴルフの疲れもあるので軽く一杯だけバーで飲んで寝ます。

チャップリンズバー

img_8205

アイリッシュウイスキーのレッドブレスト12年を。

img_8204

アイリッシュウイスキーの特徴は三回蒸留なのですが、このレッドブレストはその中でもシングルポットスチルという伝統的な製法で造られています。

img_8206

シングルポットスチルとは、スコッチウイスキーや現在のアイリッシュウイスキーのモルトウイスキーがモルトのみを原料とするに対して、モルトと未発芽の大麦を原料として三回蒸留するウイスキーで、モルト100%ではないので糖化に時間がかかり、アイリッシュウイスキー独特のオイリーさが生まれるようです。

昔は、モルトと未発芽の大麦、オート麦、小麦、ライ麦を原料にしていたようですが、現在は、オート麦、小麦、ライ麦は使用されていないとのこと。

これぞ、真のアイリッシュウイスキーです。


Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. アイルランドゴルフ旅 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください