68年ぶりに北アイルランドで全英オープンが開催されるコース

[Royal Portrush GC Dunluce(ロイヤルポートラッシュGCダンルースコース)]

アイルランドゴルフ旅の第3ラウンドは北アイルランドのポートラッシュにあるロイヤルポートラッシュゴルフクラブ。

 

1888年に9ホールでザ・カントリークラブという名前で開場。翌年に18ホールに拡張。

1892年にヨーク公がパトロンになりザ・ロイヤルカントリークラブと名前を変更。

1985年にエドワード7世がパトロンになり、ロイヤルポットラッシュゴルフクラブの現在の名前に。

1909年に36ホールに拡張。

1929年にハリー・コルトが大改造を施し、ダンルースコース、バレーコースとほぼ現在のレイアウトに。

1946年に土地の問題でダンルースコースの1番ホールと18番ホールがなくなり、3番ホールが1番ホールに、2番ホールが18番になり、新たに現在の8番、9番ホールが追加されました。

 

そして、1951年に全英オープンがイギリス本土以外で初めてロイヤルポートラッシュのダンルースコースで開催されました。

その後も会場はスコットランドとイングランドのコースのみで、ウェールズでも北アイルランドでも全英オープンは開催されてませんでしたが、2019年に68年ぶりに再びロイヤルポートラッシュで開催されることが決まっています。

 

私がラウンドした2016年7月の時点では、全英オープンに向けて大改造中で、バンカーが増設されたり距離が変わっていたりして購入したヤーデージブックは全く役に立たず、ホール間のルーティングも一部変更されていました。

変更されていたルーティングは、7番ホールと9番ホールが入れ替わっていて6番-7番-8番-9番-10番と流れていたのが6番-9番-8番-7番-10番という流れに変わっていました。

3年後の全英オープン開催時の状態はわかりませんが、記事中のホールナンバーも私がラウンドした時の状態で紹介しておきます。

 

また14番のパー3はThe 500 World's Greatest Golf HolesのThe One Hundredに、そしてThe Most Penal HolesとThe Best Links Holesの18ホールの中の1つに選ばれています。

ゴルフマガジン社の2015年の世界ゴルフ100選には15位にランクインしていて、ハリー・コルトの最高傑作の1つと言われており、その通り素晴らしいコースでした。

ティーはブルー、ホワイト、レッドとあり、ホワイトティーからティーオフ。

 

1番ホール(Hughie's) 382ヤード パー4

ストレートなパー4

01adsc06354

セカンドは打ち上げ

01bdsc06355

 

2番ホール(Giants Grave) 490ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5

02adsc06357

02bdsc06359

02cdsc06360

02ddsc06362

 

3番ホール(Islay) 145 ヤード パー3

03dsc06363

ティーインググラウンドから右を見た風景

03dsc06364

03dsc06366

 

4番ホール(Fred Daly's) 455ヤード パー4

距離のある左ドッグレッグのパー4

04adsc06369

04bdsc06370

04cdsc06373

04ddsc06374

 

5番ホール(White Rocks) 379ヤード パー4

ホワイトロックスと呼ばれている小さな小島に向かって打ち下ろす右ドッグレッグのパー4

05adsc06377

ティーショットは写真では見えませんが白い石が見えるのでそのやや右辺りを狙うのがベストポジション。

05bdsc06380

05cdsc06382

グリーン奥からホワイトロックスビーチを見た風景。海水浴を楽しむ人達が沢山いました。

05zdsc06383

 

6番ホール(Harry Colt's) 185ヤード パー3

06dsc06386

 

7番ホール(Tavern) 472ヤード パー5

右ドッグレッグのパー5。2019年の全英オープンに向けてルーティングが変更されたホールです。

以前は9番ホールでした。ホール名のTavernもこのホールを終えたら10番ティーインググラウンドの横に茶店(パブ)があるからだと思います。

07a9dsc06390

07b9dsc06391

07c9dsc06393

 

8番ホール(Himalayas) 363ヤード パー4

右に大きくドッグレッグしているパー4

ティーショットは写真では見えませんが白い石の左を狙うのがベスト。

08adsc06395

この位置からはグリーンが見えないので白黒のポールがグリーンの場所を示すために立っています。

08bdsc06397

08cdsc06398

 

9番ホール(P.G. Stevenson's) 418ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

09a7dsc06399

09b7dsc06400

09c7dsc06401

 

10番ホール(Dhu Varren) 475ヤード パー5

右ドッグレッグのパー5

10adsc06402

10bdsc06404

10cdsc06405

10ddsc06407

 

11番ホール(Feather Bed) 165ヤード パー3

打ち下ろしのパー3

11dsc06408

11dsc06410

 

12番ホール(Causeway) 386ヤード パー4

12adsc06411

12bdsc06412

 

13番ホール(Skerries) 370ヤード パー4

打ち上げのパー4。ブルーティーからは左ドッグレッグになります。

13adsc06413

13bdsc06415

13cdsc06417

 

14番ホール(Calamity) 202ヤード パー3

打ち上げのタフなパー3

The 500 World's Greatest Golf HolesのThe One Hundredに、そしてThe Most Penal HolesとThe Best Links Holesの18ホールの中の1つに選ばれています。

14dsc06420

アゲインストだったのでドライバーでティーショット。見事ナイスオン。バーディーチャンスを逃してパーでしたが、よい思い出になりました。

14dsc06422

グリーン奥から振り返った風景

14dsc06424

グリーン横から海を見た風景

14dsc06425

 

15番ホール(Purgatory) 360ヤード パー4

打ち下ろしでブラインドのパー4。ティーショットは白黒のポール狙い。

15adsc06426

セカンドもかなりの打ちおろし

15bdsc06427

15cdsc06428

 

16番ホール(Babington's) 426ヤード パー4

距離のある右ドッグレッグのパー4

16adsc06429

16bdsc06430

16cdsc06432

 

17番ホール(Glenarm) 528ヤード パー5

右に巨大なバンカーがあるパー5

17adsc06433

この巨大なバンカーはインパクトありますが左が広いので気になりません。

17bdsc06434

17cdsc06435

17ddsc06436

 

18番ホール(Greenaway) 457ヤード パー4

距離のあるタフなパー4

18adsc06437

18bdsc06438

18cdsc06439

18ddsc06440


Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. アイルランドゴルフ旅 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください