インディアンの墓地の跡地に150人のインディアンの労働者が造ったコース

[Shinnecock Hills Golf Club(シネコックヒルズゴルフクラブ)]

ナショナルゴルフリンクス・オブ・アメリカに向かう道を進む途中にシネコックヒルズゴルフクラブ(1891年開場)はありました。

最初は12ホールで開場し、その時の設計はウィリー・デイビス。そして1895年には18ホールに拡張。

その後、ウィリアム・フリンにより改造されて1931年に現在のコースの形状になりました。

IMG_1762

道路の両脇にシネコックヒルズのコースが広がっています。

IMG_1763

かつてインディアンの墓地があった場所に150人のインディアンの労働者を雇って造ったコース。

IMG_1792

塀も壁もなく開放的なシネコックヒルズのクラブハウス。

見た目は開放的ですが先ほどラウンドしたNGLAと同じように閉鎖的なプライベートクラブ。

2015年のゴルフマガジン社の世界ゴルフ100選では6位にランクインしています。

IMG_1793

今回のゴルフ旅の出会いで、近いうちにシネコックヒルズもラウンドできることになりそうです。

IMG_1794

今から楽しみです。

この翌年の2017年5月にシネコックヒルズをラウンドすることができました。

その時の記事はこちら(全ホールの写真を掲載しています)

インディアンの墓地跡にゴルフコース黄金期の名匠たちが受け継いだ名コース


Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. アメリカ東海岸ゴルフ旅 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください