ハドソン川とマンハッタンを一望できるマンメイドな素敵なコース

[Bayonne Golf Club(ベイヨンゴルフクラブ)]

アメリカ東海岸ゴルフ旅の第4ラウンドはニュージャージー州のベイヨンゴルフクラブ。

開場は2006年。設計はエリック・バーグストル。

ハドソン川とマンハッタンが一望できるアッパー湾に人工的に造られたプライベートクラブです。

もともとフラットな土地に大量の土砂を盛り、ナチュラルなアップダウンを造りだしたのは驚きです。

人工的なコースなので評価は高くありませんが、午前中の同じく人工的なトランプゴルフリンクス・アット・フェリーポイントと比較すると、断然こちらのベイヨンゴルフクラブのほうが印象がよかったです。

 

1番ホール(Dell) 351ヤード パー4

打ち下ろしの距離の短いパー4

01adsc07989

セカンドショットはティーショットが左に行けばいくほどブラインドショットに。

01bdsc07991

ラヒンチの5番ホールのDellを参考にして造られたホール(ラヒンチはパー3)のようです。

01cdsc07992

グリーン奥から振り返った風景。

01zdsc07993

 

2番ホール(Wee Burn) 424ヤード パー4

打ち下ろしで左ドッグレッグのパー4

02adsc07994

セカンドは湿地帯越え。

02bdsc07997

02cdsc07999

 

3番ホール(Redan) 184ヤード パー3

打ち下ろしのパー3。レダンホール。

03dsc08001

もちろんノースベリックの15番レダンホールを参考にして造られたホールです。

03dsc08002

 

4番ホール(Church Spire) 560ヤード パー5

巨大なウエストエリアでフェアウェイが分断されているパー5

04adsc08003

04bdsc08005

コースの左奥には教会の槍のような屋根が見えます。

04cdsc08008

グリーン手前から振り返った風景

04czdsc08009

グリーン左手前にも巨大なバンカーが。

04ddsc08010

 

5番ホール(Butterfly's feet) 146ヤード パー3

05dsc08011

グリーン右手前から見た風景

05dsc08014

 

6番ホール(Bay's End) 346ヤード パー4

打ちおろしで距離の短いドライバブルなパー4

06adsc08017

セカンドは打ちおろしでグリーン手前はバンカー

06bdsc08019

 

7番ホール(Beach Rose) 433ヤード パー4

距離のある打ち上げのパー4

07adsc08022

07bdsc08023

6番ホールのティーインググランドから7番グリーンを見た風景

07cdsc08016

07ddsc08025

 

8番ホール(Salt Marsh) 579ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5

08adsc08027

08bdsc08029

サードショットは湿地帯越え。

08cdsc08032

08ddsc08034

 

9番ホール(Plateau) 402ヤード パー4

打ち上げでフェアウェイが対角線上に伸びているダイアゴナルなパー4

09adsc08036

09bdsc08038

09cdsc08040

 

10番ホール(Highlands) 471ヤード パー4

打ちおろしで距離のある右ドッグレッグのパー4

10adsc08042

ほぼ直角にドッグレッグしています。セカンドも打ちおろし。

10bdsc08043

 

11番ホール(The Nook) 236ヤード パー3

距離のあるパー3

11dsc08044

11dsc08045

 

12番ホール(Seven Sisters, Six Brothers) 442ヤード パー4

打ち下ろしの距離のあるパー4

12adsc08047

ホール名はフェアウェイ左にある7つのバンカーとグリーンサイドにある6つのバンカーから来ています。

12bdsc08048

12cdsc08050

グリーン左サイドから見た風景

12ddsc08051

 

13番ホール(Old Glory) 563ヤード パー5

打ち上げの距離のあるパー5

13adsc08052

ティーインググラウンドから振り返ると海に向かって打つドライビングレンジがありました。

13bdsc08054

13cdsc08055

こちらの星条旗は東海岸で一番高い星条旗のようです。

13ddsc08058

グリーン奥から振り返った風景

13zdsc08060

 

14番ホール(High Tide) 222ヤード パー3

打ち下ろしの距離のあるパー3

14dsc08063

 

15番ホール(Sheep's Bed) 316ヤード パー4

距離の短い打ち上げのパー4

15adsc08065

15bdsc08068

15cdsc08069

 

16番ホール(Heaven's Gate) 486ヤード パー4

距離のある打ち下ろしで右ドッグレッグのセカンドショットがタフなパー4

16adsc08070

セカンドショットは谷越え。

16bdsc08072

16cdsc08075

ティーショットがナイスショットでもセカンドショットはかなりの距離が残り、谷越えになるので難しいホールでした。

16ddsc08076

 

17番ホール 491ヤード パー4

16番に続きタフなパー4が続きます。左ドッグレッグで後ろのティーは海越えになります。

こちらはフルバックからの風景。

17adsc08079

こちらが私がラウンドしたレギュラーティーからの風景

17adsc08081

左サイドには巨大で深いバンカーが。その左は海。

17bdsc08082

17cdsc08083

17ddsc08084

 

18番ホール(Lighthouse) 454ヤード パー4

打ち上げで距離のあるパー4

18adsc08086

クラブハウスの灯台に向けて進んでいきます。

18bdsc08087

18cdsc08088

グリーンから振り返った風景

18zdsc08089

大量の土を搬入して起伏を作ったコースのようですが、よくここまでの人工的なデューンを作ったなと感心しました。

レイアウトもバリエーションが豊富で楽しめる素敵なコースでした。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. アメリカ東海岸ゴルフ旅 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください