薬局をイメージしたスピークイージー(隠れ酒場)

[Apotheke(アポテケ)]

夕食の後はバーに。

まずは、マンハッタンのチャイナタウンの中にひっそりと営業しているApotheke(アポテケ)というドイツ語で薬屋という意味のバーに。

0img_1809

グーグルマップを頼りに細い道を進んでいきます。通り過ぎてしまったようです。上の写真の角がバーでした。

1img_1833

入り口にはバウンサーが。この看板が目印。

2img_1831

店内の内装もオシャレです。店内はほぼ満席。

3img_1829

カウンターも満席でしたが、スペースが空いたのでそこに滑り込みました。

4img_1828

こちらがメニュー。

Prescription Listと書かれていますが「処方箋リスト」という意味でメニューからして面白いです。

5img_1811

そして、バーテンダーが薬剤師風。

6img_1821

メニューのカテゴリーが健康と美容、痛み止め、催淫効果などにわかれてます。

まずは多幸感増幅の効果のあるSitting Buddhaをオーダー。

7img_1812

8img_1816

こちらがシッティングブッダ。

レモングラスとウォッカ、パイナップルジュース、コリアンダー、生姜、リレブラン、ライム、アガベを使用したカクテル。

9img_1819

二杯目はAPHRODISIACS(催淫効果)のカテゴリからTainted Love(汚れた愛)をオーダー。

10img_1811

ジンにビーツ、ザクロ、ポートワイン、ビターズ、ライム、アガベを使用したテインテッド・ラブ。

11img_1824

どちらのカクテルも本格的で素晴らしかったです。

 

Apotheke(アポテケ)

http://www.apothekenyc.com/


Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. アメリカ東海岸ゴルフ旅 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください