ギムレットに氷が入るのはホテルのバーの流儀

[Bar倉吉 中洲店]

最近、博多のお気に入りのバー倉吉。

2週間ほど前に訪れて記事に取り上げました。

ホテルのバーテンダー出身者が経営する博多の素晴らしいバー

今回も博多で軽く一杯やることになり、バー倉吉に。

まずはシャリュトリューズヴェールをトニック割りでスタート

小腹が空いていたので金雲豚のカツサンドをオーダー。

ラフロイグのソーダ割りで。

ジューシーなカツは美味しかったです。

締めにギムレットをオーダー。

ギムレットに氷が入ってるのはずっとテンダーの上田さん流で上田さんのお弟子さん達が継承してるものだと思ってました。
なので、なぜ倉吉でも氷を入れるのか聞いてみたら目から鱗な話が。

もともとホテルのバーの流れのようで、昔は氷は贅沢品だったのでシェイクした後に氷を一つ入れていたのだとか。
(諸説あり)


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください