石灰岩の岩山ブキットタクンが印象的なマレーシアのコース

[Templer Park Country Club(テンプラパークカントリークラブ)]

マレーシアのテンプラパークカントリークラブ。

開場は1991年。設計は佐藤謙太郎と尾崎将司のコンビ。

コース内には石灰岩の岩山のブキットタクンがあちこちに天に突き刺すようにそびえ立つのが印象的でした。

マレーシア国内の距離表記はおそらくメートル表記が標準だと思うのですがここテンプラパークは日系企業が経営していて日本の駐在員の利用が多いからでしょうか、ヤード表記でした。

ティーはブラック、ブルー、ホワイト、レッドとあり、ブルーからティーオフ。

 

1番ホール 535ヤード パー5

01aDSC01329

01bDSC01330

01cDSC01331

 

2番ホール 160ヤード パー3

02DSC01332

 

3番ホール 400ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4。右サイドには池があります。

03aDSC01333

03bDSC01334

03cDSC01335

 

4番ホール 365ヤード パー4

池越えで左ドッグレッグのパー4

04aDSC01336

04bDSC01337

 

5番ホール 410ヤード パー4

距離のあるストレートなパー4

05aDSC01338

05bDSC01339

 

6番ホール 382ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

06aDSC01340

06bDSC01341

 

7番ホール 554ヤード パー5

最初は右に、次に左にドッグレッグしているパー5

07aDSC01342

07bDSC01343

07cDSC01344

07d

 

8番ホール 169ヤード パー3

池越えのパー3

08DSC01346

 

9番ホール 395m パー4

池越えの右ドッグレッグのパー4

09aDSC01347

09bDSC01348

 

10番ホール 370ヤード パー4

ストレートなパー4

10aDSC01349

10bDSC01350

グリーンから左サイドを見るとブキットタクンが。

10zDSC01351

 

11番ホール 180ヤード パー3

11DSC01352

 

12番ホール 530ヤード パー5

打ち下ろしで右ドッグレッグのパー5

12aDSC01353

12bDSC01354

12cDSC01355

コース右サイドを見た風景

12dDSC01356

 

13番ホール 385ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

13aDSC01357

13bDSC01359

 

14番ホール 385ヤード パー4

ストレートなパー4

14aDSC01360

14bDSC01362

 

15番ホール 540ヤード パー5

谷越えで左ドッグレッグのパー5

15aDC01310

セカンド以降打ち下ろし。

15bDSC01311

15cDSC01312

グリーン手前あたりからコースを振り返った風景

15dDSC01313

15eDSC01314

15fDSC01315

15gDSC01316

 

16番ホール 145ヤード パー3

打ち下ろしのパー3

16DSC01317

グリーン手前にはバンカーが、さらにその手前にはクリークが横切っています。

16DSC01318

グリーンから振り返った風景。ティーインググラウンドにはTPCCとコースの頭文字の植木が。

これもいかにも日本風ですね。

16DSC01319

 

17番ホール 425ヤード パー4

距離のあるパー4

17aDSC01320

17bDSC01321

17cDSC01322

 

18番ホール 395ヤード パー4

2ウェイのパー4。安全に右ルートなら左ドッグレッグ。池越えのショートカットならストレートなパー4。

18aDSC01323  

こちらは安全な右ルート。

18cDSC01326

私は池越えの左ルートを選びましたが、見た目ほど池越えはきつくなかったです。

18eDSC01328

18dDSC01327

 

 


Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. マレーシアゴルフとジャカルタ食べ歩きの旅 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください