週3日限定の絶品ニョニャラクサ

[Limapulo – Baba Can Cook/リマプロ・ババキャンクック]

月、水、金限定のニョニャラクサが美味しいと聞いてやってきました。

Limapulo – Baba Can Cook/リマプロ・ババキャンクックというレストラン。

大陸から来た中国人男性と現地のマレー人女性が結婚して生まれたプラナカン文化。ババは中国人男性のことを言い、ニョニャラクサのニョニャはマレーの女性のことを言います。

最初、混ぜずにそのままスープを。

アッサム系でココナッツの風味も感じられるラクサで、まずまず美味しいなと思いながら、チリペーストが丼の中に入っているので混ぜて食べるとグレードが3段階アップ。

辛味、酸味、甘味、そしてココナッツのアジアン風味が絶妙なバランス。

これぞ、マレーとチャイニーズが融合したプラナカンの料理

ラクサのスープを飲み干したことなかったですが、ここのは飲み干せました。

クアラルンプールに住んだら週一、食べに来ると思う。

飲み物はライチのドリンク

食後は、マレーのかき氷のABC

ABCはAis Batu Campurの略でAis Batuは氷、Campurはチャンプルで、氷といろんな具材を混ぜながら食べるかき氷の事をいいます。こちらのお店のABCには、小豆以外に緑色のチェンドルやピーナッツ、トウモロコシなどが入っていました。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください