呪術をテーマにした若者向けのクアラルンプールのスピークイージー

[The Deceased/ザ・ディシースド]

再びチャイナタウンに。今日のバーもスピークイージー。

The Deceased/ザ・ディシースドというバーに行ってみます。

入り口がわからないですが、ここかなという扉を開けてみました。

鍵がかかっています。ダメ元でインターホンを押したら、ここが正解でした。人数を答えるとロックが開きます。

鍵が開いて扉開けたら目の前に怖い人形座ってるし。。前情報なかったから本当に驚きました。

ネクロマンサーや呪術っぽいテーマのバーみたい。 店名のThe Deceased も故人という意味のようです。階段には血のりの演出が。

カウンターが満席だったので奥のテーブル席に。

奥のテーブル席はオープンエアで開放的でした。

Tea of Oblivion(忘却のお茶)というカクテルをオーダー

めっちゃ飲みやすい、名前負け。

ティーカップで出てくるのはスピークイージーっぽいですね。

内装や接客から判断すると、若者向けのバーですね。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください