起伏があり、水にも恵まれ美樹美林に囲まれているコース

[鶴舞カントリー倶楽部東コース ]

前日の西コースに続き、千葉県の鶴舞カントリー倶楽部の東コースをラウンドしてきました。

開場は1971年。東コースも西コースと同じく井上誠一設計。

井上誠一は、鶴舞CCの会報誌で「山あり谷あり、池あり橋あり、そして美樹美林に囲まれている。舞台装置としては申し分ない」とコースについて語っています。

レギュラーティーから。NEWグリーンを使用。

 

1番ホール 350ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

t01a.JPG

NEWグリーンは右に行きすぎると狙えません。

 

2番ホール 410ヤード パー4

長めの左ドッグレッグのパー4 

t02a.JPGティーショットの狙い目はフェアウェイセンター 

t02b.JPG

NEWグリーンは左。

 

3番ホール 500ヤード パー5

右にドッグレッグしているパー5 

t03a.JPG

 ティーショットの狙い目はフェアウェイ左。

t03b.JPGNEWグリーンは右。写真真中に写っている木がガードしています。

 

4番ホール 140ヤード パー3

NEWグリーン、OLDグリーン共に池にぐるりと囲まれた美しいパー3 

t04.JPG

5番ホール 335ヤード パー4

距離の短いパー4 

t05.JPG

 

6番ホール 355ヤード パー4

左にドッグレッグしているパー4 

t06a.JPG

t06b.JPG

NEWグリーンは右。

 

7番ホール 170ヤード パー3

フラットなパー3

t07.JPG

 

8番ホール 475ヤード パー5

ブラインドになっている右ドッグレッグのパー5

t08a.JPG

t08b.JPG

9番ホール 400ヤード パー4

打ち上げでブラインドになっているパー4

t09a.JPG

t09b.JPG

NEWグリーンは右側。

 

10番ホール 385ヤード パー4

真っ直ぐなパー4

t10a.JPG

グリーン手前が窪地になっています。

t10b.JPG

 

11番ホール 180ヤード パー3

距離のあるパー3。NEWグリーンは左。

t11.JPG

 

12番ホール 500ヤード パー5

ブラインドになっている右ドッグレッグのパー5

t12a.JPG

ティーショットの狙い目はフェアウェイのコブ狙い。

t12b.JPG

 

13番ホール 350ヤード パー4

打ち下ろしの真っ直ぐなパー4。ティーショット落下地点の右側に池があります。

t13a.JPG

レギュラーティーから距離で言うと220から230ヤード地点の右側に池があるので右に曲げると危険です。

t13b.JPG

NEWグリーンは左側。

 

14番ホール 360ヤード パー4

左に直角にドッグレッグしているパー4

t14a.JPG

ティーショットの狙い目はフェアウェイ左。

t14b.JPG

NEWグリーンは左。

 

15番ホール 135ヤード パー3

真中に生えているモミの木が特徴のパー3

t15.JPG

 

16番ホール 405ヤード パー4

距離のある真っ直ぐなパー4

t16.JPG

 

17番ホール 495ヤード パー5

最初が左に、次が右にS字にドッグレッグしているパー5

t17a.JPG

t17b.JPG

t17c.JPG

NEWグリーンは左。

 

18番ホール 365ヤード パー4

真っ直ぐなパー4。真ん中に木があるのでティーショットの位置によっては2オンが難しくなります。

t18a.JPG

t18b.JPG

 鶴舞カントリーですが、東も西も素晴しいコースでした。

井上誠一氏らしいラインの美しさが随所に見られ、特にブラインドホールではその先に何があるのかをワクワクさせるようなレイアウトは素晴らしかったです。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください