コエレの経験

[ジ・エクスペリエンス・アット・コエレ ]

ラナイ島の第二ラウンドはジ・エクスペリエンス・アット・コエレ。

開場は1991年。設計はグレッグ・ノーマン氏とテッド・ロビンソン氏の共作。

海沿いのザ・チャレンジアット・マネレはシーサイドコースですが、コエレはラナイシティの高原にある林間コース。

標高が高く、気温もひんやりとしていてハワイなのに高原リゾートの雰囲気を味わえるコースでした。

このラウンドも息子と2サム。

ティーはトーナメントティー、チャンピオンティー、リゾートティー、フォワードティーとあり、チャンピオンティーからティーオフ。

 

1番ホール 400ヤード パー4

やや左ドッグレッグのパー4

空気がひんやりしていて気持ちいいです。

 

2番ホール 397ヤード パー4

右に池がある真っ直ぐなパー4

 

3番ホール 535ヤード パー5

右ドッグレッグのパー5

ティーグランドから見える右のバンカーの右はウォーターハザードです。

グリーン右手前にもウォーターハザードが。

 

4番ホール 201ヤード パー3

やや打ち下ろしの距離のあるパー3

 

5番ホール 375ヤード パー4

真っ直ぐなパー4

ティーショットの落下地点に左右に二個ずつバンカーが配置されています。

グリーンの周りにはバンカーが6つグリーンを囲んでいました。

 

6番ホール 413ヤード パー4

やや左にドッグレッグしているパー4

 

7番ホール 192ヤード パー3

グリーン右に池があるパー3

池は右手前にまで入り込んできています。

 

8番ホール 293ヤード パー4

距離の短いセカンドが池越えのパー4

グリーンは右側にあります。

 

9番ホール 516ヤード パー5

右ドッグレッグのパー5

グリーン左手前には池が配置されています。

 

10番ホール 362ヤード パー4

やや左にドッグレッグしているパー4

 

11番ホール 340ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

 

12番ホール 536ヤード パー5

ティーショットが谷越えで右ドッグレッグのパー5

 

13番ホール 185ヤード パー3

池越えのパー3

 

14番ホール 364ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

 

15番ホール 543ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5

ティーグラウンドからはマウイ島、モロカイ島がみることができるようですがラウンド中は気が付きませんでした。

グリーンに向かっては緩やかな打ち上げになっています。

 

16番ホール 386ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

 

17番ホール 417ヤード パー4

壮大な打ち下ろしのパー4

エクスペリエンスアットコエレのシグネチャーホールです。

17bSN3O0689.jpg

前のティーからの風景。右側には池が配置されているのでスライスは厳禁のホール。

私がラウンドしたときは池には水がなく干上がっていました。

200フィートの打ち下ろしで豪快なホールでした。

 

18番ホール 162ヤード パー3

池越えのパー3

ここも水が干上がっていました。

ラナイ島にくる観光客はそれほど多くないのでメンテナンスにもあまりお金がかけられなくなっているようで少し寂れた印象がしたコースでした。

それでもハワイには珍しい高原コースなのでラナイ島に来た時にはラウンドする価値はあると思います。 


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください